定期テスト対策_古典_万葉集「夕されば…」現代語訳

こんにちは。
塾予備校部門 枚方本校の藤原です。
万葉集『夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寝ねにけらしも』の現代語訳と品詞分解です。
定期テスト対策にお役立てください!

原文:夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寝ねにけらしも
現代語訳:夕方になると鳴く鹿であるが、今夜は鳴かない。鳴かずに寝てしまったようだなあ

夕され ラ行四段活用・已然形
接続助詞
小倉の山
格助詞
鳴く カ行四段活用・連体形
鹿
係助詞
今夜
係助詞
鳴か カ行四段活用・未然形
打消の助動詞・終止形
寝ね ナ行下二段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けらし 過去推定の助動詞・終止形
終助詞