定期テスト対策_古典_平家物語「木曾の最期①」現代語訳

こんにちは。
塾予備校部門 枚方本校の藤原です。
平家物語『木曾の最期①(最後の合戦)』の現代語訳です。
定期テスト対策にお役立てください!

≡ 本文:太字、現代語訳:青字

木曾左馬頭、その日の装束には、赤地の直垂に、唐縅着て、鍬形打つたる緒締め、いかものづくりの大太刀はき、石打ちの矢の、その日のいくさに射て少々残つたるを、頭高負ひなし、滋籘の弓持つて、聞こゆる木曾の鬼葦毛といふ馬の、きはめて太うたくましいに、金覆輪置いてぞ乗つたりける。
木曾左馬頭のその日の服装は、赤い錦の直垂に唐綾威の鎧を着て、くわ形を打ち付けた兜の緒をしめて、立派な装飾がされた刀をさして、その日の戦いで射て少し残っている石うちの矢を、頭上高く背負い、滋籐の弓を持って、評判高い「木曾の鬼葦毛」という非常に大きくたくましい馬に、金があしらわれた鞍を置いて乗っていた。

鐙ふんばり立ち上がり、大音声をあげて名のりけるは、「昔は聞きけんものを、木曾の冠者、今は見るらん、左馬頭兼伊予守朝日の将軍源義仲ぞや。甲斐の一条次郎とこそ 聞け。互ひによいかたきぞ。義仲討つて兵衛佐に見せよや。」とて、をめいてく。
鐙に足をかけて踏ん張って(馬の上に)立ち上がり、大声を上げて名乗ったことには、「昔、噂に聞いただろうが、(この私)木曾の冠者を、(そなたは)いま見ているだろう。(私が)左馬頭兼
伊予守、朝日将軍源義仲であるぞ。(そなたは)甲斐の一条次郎だと聞く。互いに不足のない相手だ。(この私)義仲を討って兵衛佐(源頼朝のこと)に見せよ。」と言って、大声を上げて馬で駆ける。

一条次郎、「ただいま名のるは大将軍ぞ。余すな者ども、もらすな若党、討てや」とて、大勢の中に取りこめて、われ討つ取らんとぞ進みける。
一条次郎は、「ただ今名のったのは大将軍(義仲のこと)だぞ。(敵を)残すな者ども、取り逃すな若者ども、討て!」と言って、大軍の中に取り囲んで、自分の手で討ち取ってやろうと(われ先に)進んで行った。

木曾三百余騎、六千余騎が中を縦さま・横さま・蜘蛛手十文字に駆け割つて、後ろへつつと出でたれば、五十騎ばかりになりにけり。そこをつて行くほどに、土肥の二郎実平二千余騎で支へたり。
木曾の三百余騎は、六千余騎の敵軍の中を、縦・横・八方・十字に駆け入って、(敵の囲みの)背後に出たところ、五十騎ほどになっていた。(さらに)そこを打ち破って行くうちに、土肥の二郎実平が二千余騎で(行く手を)阻んでいる。

それをも破つて行くほどに、あそこでは四、五百騎、ここでは二、三百騎、百四、五十騎、百騎ばかりが中を駆け割り駆け割り行くほどに、主従五騎にぞなりにける。五騎がうちまでは討たれざりけり。
そこをも突破すると、さらに四、五百騎、または二、三百騎、あるいは百四、五十騎、さらに百騎ほどの中を、何度も駆け破っていくうちに、とうとう、主従五騎になってしまった。五騎のうちまで巴は討たれなかった。

続き「木曾の最期②」はこちら

定期テスト対策_古典_平家物語「木曾の最期①」現代語訳」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。