定期テスト対策_古典_宇治拾遺物語_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門 枚方本校の藤原です。
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に合ふ事』の現代語訳&品詞分解です。
定期テスト対策にお役立てください!

≡ 本文:太字、現代語訳:青字 ≡

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に合ふ事』

 昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。
 昔、袴垂といって、すごい盗人の首領がいた。

十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけんとて、さるべき所々うかがひありきけるに、
十月ごろに、着物が入り用であったので、着物を少し調達しようと思って、(盗みをするのに)適当な所をあちこち探り回ったところ、

夜中ばかりに、人みな静まり果ててのち、月の朧なるに、
真夜中ほどに、人がみなすっかり寝静まったあと、月がぼんやり出ているときに、

衣あまた着たりける主の、指貫の稜挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人、笛吹きて、行きもやらず練り行けば、
着物をたくさん着ていた方が、指貫袴のわきをたくし上げて帯に挟んで、絹の狩衣のような着物を着て、たった一人、笛を吹いて、先に進むでもなくゆっくりと歩いていたので、

「あはれ、これこそ、我に衣得させんとて出でたる人なめり。」
「ああ、こいつこそ、自分に着物をくれてやろうとして出て来た人であるようだ。」と思って、

と思ひて、走りかかりて衣を們がんと思ふに、あやしくものの恐ろしくおぼえければ、
と思って、走りかかって着物を們ごうと思うが、妙なことになんとなく恐ろしく思われたので

添ひて二、三町ばかり行けども、我に人こそつきたれと思ひたるけしきもなし。
あとをつけて二、三町〔約二、三百メートル〕ほど行くが、自分に誰かがついて来ると思っている様子もない。

いよいよ笛を吹きて行けば、試みんと思ひて、足を高くして走り寄りたるに、
ますます笛を吹いて行くので、試してみようと思って、足音を高くして走り寄ったところ、

笛を吹きながら見返りたるけしき、取りかかるべくもおぼえざりければ、走り退きぬ。
(その人が)笛を吹きながら振り返ったそぶりは、襲いかかることができそうにも思われなかったので、すばやく逃げた。

 かやうに、あまたたび、とざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたるけしきなし。
(袴垂は)このように、何度も、あれやこれやとやってみるが、(男は)ほんのちょっとも取り乱している様子がない。

希有の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。
めったにない人だなあと思って、十町余り〔一キロメートル以上〕ついて行く。

さりとてあらんやはと思ひて、刀を抜きて走りかかりたるときに、そのたび、笛を吹きやみて、立ち返りて、
そうかといってこのままでいられようか、いや、いられはしないと思って、刀を抜いて走って襲いかかったときに、そのときは、笛を吹きやんで、振り返って、

「こは何者ぞ。」と問ふに、心も失せて、我にもあらで、ついゐられぬ。
「おまえは何者か。」と問うので、正気もなくなって、我知らず、自然とひざまずいてしまった。

また「いかなる者ぞ。」と問へば、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、
もう一度「どういう者だ。」と問うので、今となっては逃げてもまさか(相手が)逃がすまいと思われたので、

「引們ぎに候ふ。」と言へば、
「追い們ぎでございます。」と言うと、

「何者ぞ。」と問へば、「字、袴垂となん、いはれ候ふ。」と答ふれば、
「何者か。」と問うので、「通称は、袴垂と、言われております。」と答えると、

「さいふ者ありと聞くぞ。あやふげに、希有のやつかな。」と言ひて、
「そういう者がいると聞いているぞ。見るからに物騒で、とんでもないやつだな。」と言って、

「ともにまうで来。」とばかり言ひかけて、また同じやうに笛吹きて行く。
「一緒について参れ。」とだけ声をかけて、また(先ほどと)同じように笛を吹いて行く。

 この人のけしき、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、
 この人の様子は、今となっては逃げてもまさか(相手が)逃がすまいと思われたので、

鬼に神取られたるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着きぬ。
鬼に魂を奪われたようなありさまで、一緒に行くうちに、家にたどり着いた。

いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。
どこだろうと思うと、摂津前司〔藤原〕保昌という人の邸であったのだったよ。

家のうちに呼び入れて、綿厚き衣一つを給はりて、
(保昌は袴垂を)家の中に呼び入れて、綿の厚くつまった着物を一枚お与えになって、

「衣の用あらんときは参りて申せ。心も知らざらん人に取りかかりて、汝あやまちすな。」
「着物の必要があるようなときは参って申せ。器量もわからないような人に襲いかかって、おまえがけがをするなよ。」

とありしこそ、あさましく、むくつけく、恐ろしかりしか。
と言ったことこそ、驚きあきれるほどで、不気味で、恐ろしかったことだ。

「いみじかりし人のありさまなり。」と、捕らへられてのち、語りける。
「立派な様子の人だったよ」と、(袴垂は)捕らえられてからのちに、語ったということだ。

※ 品詞分解はこちら
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に合ふ事』