定期テスト対策_古典_十訓抄_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門 枚方本校の藤原です。
十訓抄『成方の笛』の現代語訳&品詞分解です。
定期テスト対策にお役立てください!

≡ 本文:太字、現代語訳:青字 ≡

十訓抄『成方の笛』

成方といふ笛吹きありけり。
成方という笛吹きがいた。

御堂入道殿より大丸といふ笛を給はりて、吹きけり。
御堂入道〔藤原道長〕殿から大丸という笛をいただいて、吹いていた。

めでたきものなれば、伏見修理大夫俊綱朝臣ほしがりて、
すばらしいものなので、伏見修理大夫俊綱朝臣がほしがって、

「千石に買はん。」とありけるを、売らざりければ、たばかりて、使ひをやりて、
「千石で買おう。」と言ったが、売らなかったので、計略を思いめぐらして、使いを送って、

「売るべきのよし言ひけり。」とそらごとを言ひつけて、成方を召して、
「(成方が大丸を)売ろうということを言った。」とうそを(言うようにあらかじめ)言いつけて、成方を召し出して、

「笛得させんと言ひける、本意なり。」と喜びて、
「笛を譲ろうと言ったのは、願いどおりだ。」と喜んで、

「値は乞ふによるべし。」とて、
「値段はおまえが求めるとおりにしよう。」と言って、

「ただ買ひに買はん。」と言ひければ、成方色を失ひて、
「ただもうぜひに買おう。」と言ったので、成方は真っ青になって、

「さること申さず。」と言ふ。
「そのようなことは申していません。」と言う。

この使ひを召し迎へて、尋ねらるるに、
(そこで俊綱は)この使いを召し迎えて、お尋ねになると、

「まさしく申し候ふ。」と言ふほどに、俊綱大きに怒りて、
「間違いなく申しました。」と言うので、俊綱はたいそう怒って、

「人をあざむき、すかすは、その咎、軽からぬことなり。」とて、雑色所へ下して、木馬に乗せんとする間、成方いはく、
「人をあざむき、だますことは、その罪は、軽くないことだ。」と言って、雑用を務める使用人の詰め所に(成方を)下げ渡して、木馬に乗せ(て拷問し)ようとするので、成方が言うことには、

「身のいとまを給はりて、この笛を持ちて参るべし。」と言ひければ、人をつけてつかはす。
「私に時間をいただいて、(家に戻って)この笛を持って参りましょう。」と言ったので、人をつけて行かせる。

帰り来て、腰より笛を抜き出でて言ふやう、
(成方が)帰って来て、腰から笛を抜き出して言うことには、

「このゆゑにこそ、かかる目は見れ。情けなき笛なり。」とて、軒のもとに下りて、石を取りて、灰のごとくに打ち砕きつ。
「この笛のせいで、こんな目にあうことだよ。いまいましい笛だ。」と言って、軒の下に下りて、石を取って、灰のように粉々に打ち砕いてしまった。

大夫、笛を取らんと思ふ心の深さにこそ、さまざま構へけれ、今は言ふかひなければ、戒むるに及ばずして、追ひ放ちにけり。
大夫は、笛を取ろうという心の深さのせいで、さまざまに工夫したが、(大丸が打ち砕かれてしまった)今となってはしかたがないので、(成方を)処罰することもできないで、追い返してしまった。

のちに聞けば、あらぬ笛を、大丸とて打ち砕きて、もとの大丸はささいなく吹きゆきければ、大夫のをこにてやみにけり。
のちに聞くと、(大丸ではない)別の笛を、大丸と言って打ち砕いて、もとの大丸はさしさわりなく吹き歩いていたので、大夫がおろか者ということで終わってしまった。

初めはゆゆしくはやりごちたりけれど、つひに出だし抜かれにけり。
(大夫は)初めはたいそう勢い込んでいたが、結局(成方に)出し抜かれてしまった。

 

※ 品詞分解はこちら
十訓抄『成方の笛』

古文:現代語訳/品詞分解全てのリストはこちら⇒https://www.prep.kec.ne.jp/blog/28470

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 公式ホームページ

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************