定期テスト対策_古典_徒然草  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
徒然草『いでや、この世に生まれては』の口語訳&品詞分解です。                           当時の人としての理想像についてのお話です。                                      私たちにも参考になることがあるかもしれません😉                                   ぜひ定期テスト対策にお役立てください!

✿ 本文:太字、現代語訳:

徒然草『いでや、この世に生まれては』

いでや、この世に生まれては、願はしかるべきことこそ多かめれ。               さてまあ、この世に生まれたからには、願わしく思うはずのことが多いようだ。

帝の御位はいともかしこし。                                   天皇の御位はたいそう恐れ多いものだ。

竹の園生の末葉まで、人間の種ならぬぞやんごとなき。                     皇族の末流のご子孫までも、人間界の血筋でないのが実に貴いことだ。

一の人の御ありさまはさらなり、ただ人も、舎人など給はるきははゆゆしと見ゆ。        摂政・関白のご様子は言うまでもない、普通の貴族でも、舎人などを(朝廷から)いただく身分は立派に見える。

その子・孫までは、はふれにたれど、なほなまめかし。                    その子・孫までは、おちぶれてしまっていても、やはり優雅である。

それより下つ方は、ほどにつけつつ、時に合ひ、したり顔なるも、               それより下の身分の者は、身分や家柄に応じて、時流に乗り、得意顔であるのも、

みづからはいみじと思ふらめど、いとくちをし。                       自分では立派だと思っているのだろうが、たいそうつまらないものだ。

法師ばかりうらやましからぬものはあらじ。                         法師ほどうらやましくないものはあるまい。

「人には木の端のやうに思はるるよ。」                           「人には木の端のように思われるよ。」

と清少納言が書けるも、げにさることぞかし。                                      と清少納言が書いているのも、本当にもっともなことだよ。

いきほひ猛に、ののしりたるにつけて、いみじとは見えず。                                  (法師が)権勢盛んで、世間で高い評判が立っているのにつけても、立派だとは見えない。

増賀聖の言ひけんやうに、名聞苦しく、                                         増賀上人が言ったとかいうように、世間的な名声に執着して、

仏の御教へにたがふらんとぞおぼゆる。                                               そのために身を苦しめ、仏のお教えに背いているだろうと思われる。

ひたふるの世捨て人は、なかなかあらまほしき方もありなん。                                 一途な世捨て人は、きっとかえって好ましい点もあるだろう。

人は、かたち・ありさまのすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ。                            人は、容貌や風采がすぐれているようなのこそ、望ましいことだろう。

ものうち言ひたる、聞きにくからず、愛敬ありて、                                         ちょっと何か言ったときでも、聞きにくくなく、やさしくあたたかみがあって、

言葉多からぬこそ、飽かず向かはまほしけれ。                                         口数の多くない人は、飽きることなく対座していたいものだ。

めでたしと見る人の、心劣りせらるる本性見えんこそ、くちをしかるべけれ。                              立派だと思っていた人が、期待はずれに思われる本性を見せるようなのは残念なことだろう。

品・かたちこそ生まれつきたらめ、                                           家柄や容貌は生まれつき備わっているであろうが、

心はなどか、賢きより賢きにも移さば移らざらん。                                            心はどうして、(今)賢いよりも(さらに)賢いほうへ移そうとしたら移らないことがあろうか。

かたち・心ざまよき人も、才なくなりぬれば、                                           容貌・気だてのよい人も、学問的な教養がないということになると、

品下り、顔憎さげなる人にも立ちまじりて、                                           家柄も劣り、顔の憎々しげな人にも立ち交わって、

かけず、けおさるるこそ、本意なきわざなれ。                                          たわいなく、圧倒されてしまうのは、不本意なことである。

ありたきことは、まことしき文の道、作文、和歌、管弦の道、                                      そうあってほしいことは、本格的な学問の道、漢詩を作ること、和歌、音楽の道(に通じていること)、

また有職に公事の方、人の鏡ならんこそいみじかるべけれ。                                      また有職故実や儀礼の方面(に明らかで)、人の範であるというのはすばらしいにちがいない。

手などつたなからず走り書き、声をかしくて拍子とり、                                       筆跡なども下手ではなくすらすらと書き、声がよくて笏拍子を打って歌い、

いたましうするものから、下戸ならぬこそ、男はよけれ。                                      迷惑そうにするものの、酒嫌いでないのが、男としてはよい。

※ 品詞分解はこちら                                               → 徒然草『いでや、この世に生まれては』