定期テスト対策_古典_徒然草  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                                   徒然草『ある者、子を法師になして』の口語訳&品詞分解です。                一つの目標に絞ることももちろん大事ですが、視野を狭めないことも必要ですね。                                                             ぜひ定期テスト対策にお役立てください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

徒然草『ある者、子を法師になして』

ある者、子を法師になして、「学問して因果の理をも知り、                  ある人が、子を法師にして、「学問をして因果応報の道理をも理解し、

説経などして世渡るたづきともせよ。」と言ひければ、                    説経などをして生計の手段にもせよ。」と言ったので、

教へのままに、説経師にならんために、まづ馬に乗り習ひけり。               (子は親の)教えのとおりに、説経師になるために、まず馬に乗ることを習った。

輿・車は持たぬ身の、導師に請ぜられんとき、                        輿や牛車は持たない自分が、導師として招かれるようなとき、

馬など迎へにおこせたらんに、                               馬などを迎えによこしたとしたらそのときに、

桃尻にて落ちなんは、心憂かるべしと思ひけり。                       へっぴり腰で落馬してしまったとしたら、情けないだろうと思った(からであった)。

次に、仏事ののち、酒など勧むることあらんに、                       次に、法事のあと、(その家の人が)酒などを勧めることがあるとしたらそのときに、

法師のむげに能なきは、檀那すさまじく思ふべしとて、                    法師がまるで芸がないのは、施主が興ざめに思うだろうと考えて、

早歌といふことを習ひけり。                                早歌ということを習った。

二つのわざ、やうやう境に入りければ、                           二つの芸が、次第に熟練の境地に達したので、

いよいよよくしたくおぼえて、たしなみけるほどに、                     ますます立派にやりたく思われて、身を入れて稽古していたうちに、

説経習ふべきひまなくて、年よりにけり。                          説経を習うはずの暇もなくて、年をとってしまった。

この法師のみにもあらず、世間の人、なべてこのことあり。                  この法師だけではなく、世間の人は、一般にこれと同じことがある。

若きほどは、諸事につけて、身を立て、                           若いうちは、何かにつけて、立身出世し、

大きなる道をも成じ、能をもつき、学問をもせんと、                     専門の道でも大成し、芸能をも身につけ、学問をもしようと、

行く末久しくあらますことども心にはかけながら、                      将来はるか遠く心づもりしていることごとを心にはかけるけれども、

世をのどかに思ひてうち怠りつつ、                            (自分の)一生をのんきに考えて怠けては、

まづさしあたりたる目の前のことにのみ紛れて月日を送れば、                 まずさしあたった目前のことにだけ取り紛れて月日を送ると、

ことごとなすことなくして、身は老いぬ。                          どれこもれも成し遂げることなくて、身は老いてしまう。

つひにものの上手にもならず、思ひしやうに身をも持たず。                  結局はその道の達人にもならず、思ったように立身出世もしない。

悔ゆれども取り返さるる齢ならねば、                            後悔しても取り返すことができる年齢ではないので、

走りて坂を下る輪のごとくに衰へゆく。                           走って坂を下る輪のように(急速に)衰えていく。

されば、一生のうち、むねとあらまほしからんことの中に、                  だから、一生のうちで、主としてあることが願わしいと思うことの中で、

いづれかまさるとよく思ひくらべて、第一のことを案じ定めて、                どれがまさるかとよく思い比べて、最も重要なことを考え定めて、

そのほかは思ひ捨てて、一事を励むべし。                          そのほかのことは断念して、一つのことに励むべきである。

一日のうち、一時のうちにも、あまたのことの来たらん中に、                 一日のうち、ひとときの間でも、多くの用事が生じて来るような中で、

少しも益のまさらんことを営みて、そのほかをばうち捨てて、                 少しでも利益が多いことに励んで、そのほかは打ち捨てて、

大事を急ぐべきなり。                                   重要なことを速やかに行うべきである。

いづ方をも捨てじと心に取り持ちては、一事もなるべからず。                 どれをも捨てまいと心に執着しては、一つのことも成就するはずがない。

※ 品詞分解はこちら                                    → 徒然草『ある者、子を法師になして

古文:現代語訳/品詞分解全てのリストはこちら⇒https://www.prep.kec.ne.jp/blog/28470

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 公式ホームページ

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************