定期テスト対策_古典_方丈記  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                                   方丈記『ゆく川の流れ』の口語訳&品詞分解です。                      定期テストは一段落したところが多そうですが、次の定期テストに向けてこまめにあげていきます。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

方丈記『ゆく川の流れ』

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、                            流れてゆく川の流れは絶えることがないが、それでいて、

もとの水にあらず。                                   (その流れを作っている水は刻々と変わって)もとの水ではない。

よどみに浮かぶうたかたは、                                よどみに浮かぶ泡は、

かつ消えかつ結びて、                                  (常にそこにあるように見えるが、よく見ると)一方で消えると一方ではできているのであって、

久しくとどまりたるためしなし。                             (一つの泡が)長くとどまっている例はない。

世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。                       世の中にある人と住居とは、またこのよう(に、生滅を続けてひとときもとどまることをしないの)である。

たましきの都の内に、棟を並べ、                              美しく立派な都の中に、棟を連ねて立ち並び、

甍を争へる、高き、いやしき、                               屋根(の高さや立派さ)を競っている、身分の高い人や、低い人、

人の住まひは、世々を経て尽きせぬものなれど、                      (さまざまな)人の住まいは、(一見すると)幾代を経てもなくならないものであるけれども、

これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。                     これを本当かと思って調べると、昔あった家はきわめて少ない。

あるいは去年焼けて今年作れり。                              ある場合は去年焼けて今年作った(ものである)。

あるいは大家滅びて小家となる。                              ある場合は大きな家がなくなって小さな家となっている。

住む人もこれに同じ。                                   住んでいる人(の変わりよう)もこれと同様である。

所も変はらず、人も多かれど、                               場所も変わらず、人もたくさんいるけれども、

いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかに一人二人なり。               (私が)昔会った人は、二、三十人の中で、やっと一人二人である。

朝に死に、夕べに生まるるならひ、                             朝に死ぬ人がいると、夕方に生まれる者がいるという(人の世の)ならわしは、

ただ水の泡にぞ似たりける。                                全く(水面に消えたり浮かんだりしている)水の泡に似ているよ。

知らず、生まれ死ぬる人、いづ方より来たりて、いづ方へか去る。               私にはわからない、――生まれる人はどこからこの世へやって来て、死ぬ人はどこへ去って行くものなのか。

また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。        また(これも)わからない、――(無常なこの世の)仮住まいにすぎない住居について、誰のために心を悩ませ、何によって目を楽しませるのか。

その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、                         その、家の主人と住居とが、競うようにはかなく滅び去るさまは、

いはば朝顔の露に異ならず。                                たとえていうなら朝顔の(花とその上に置く)露(との関係)と違わない。

あるいは露落ちて花残れり。                                あるときは露が落ちて花が残っている。

残るといへども朝日に枯れぬ。                              (しかし、)残るといっても朝日が出るころにしぼんでしまう。

あるいは花しぼみて露なほ消えず。                             あるときは花がしぼんで露がまだ消えないでいる。

消えずといへども夕べを待つことなし。                          (しかし、)消えないといっても夕方まで残ることはない。

※ 品詞分解はこちら                                    → 方丈記『ゆく川の流れ』