定期テスト対策_古典_方丈記  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                       方丈記『安元の大火』の口語訳&品詞分解です。                       今回は火事の話。これで方丈記は一旦終わりです。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

方丈記『安元の大火』

予、ものの心を知れりしより、四十あまりの春秋を送れる間に、                私が、物事の道理をわきまえるようになったときから、四十年以上の歳月を過ごしてきた間に、

世の不思議を見ること、ややたびたびになりぬ。                       この世に起こった不思議な出来事を見ることが、時とともに回数が増えてきた。

いんじ安元三年四月二十八日かとよ。                            去る安元三年四月二十八日のことであったろうか。

風激しく吹きて、静かならざりし夜、                            風が激しく吹いて、物音がしてざわついた夜、

戌の時ばかり、都の東南より火出で来て、西北に至る。                    午後八時ごろ、都の東南から火事が起こって、西北の方角に広がった。

果てには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省などまで移りて、                  しまいには朱雀門・大極殿・大学寮・民部省などまで(火が)移って、

一夜のうちに塵灰となりにき。                               一夜のうちに灰となってしまった。

火もとは、廩口富小路とかや。                               火元は、廩口富小路とかいうことだよ。

舞人を宿せる仮屋より出で来たりけるとなん。                        舞人を泊めていた仮小屋から火が出たという。

吹き迷ふ風に、とかく移りゆくほどに、                          (火は)吹きめぐる風に(あおられ)、あちらこちらと燃え移っていくうちに、

扇を広げたるがごとく末広になりぬ。                            扇を広げたように末広がりに延焼した。

遠き家は煙にむせび、                                   遠くの家は煙に包まれてむせぶかのようであり、

近きあたりはひたすら炎を地に吹きつけたり。                        近い所はさかんに火炎を地に吹きつけていた。

空には灰を吹きたてたれば、火の光に映じて、                        空には(風が)灰を吹き上げていたので、(その灰が)火の光に照り映えて、

あまねく紅なる中に、風に堪へず、                            (空が)一面に赤くなっている中に、風の勢いに耐えられないで、

吹き切られたる炎、飛ぶがごとくして、一、二町を越えつつ移りゆく。             吹きちぎられた炎が、まるで飛ぶように、一町も二町も飛び越えては飛び火していく。

その中の人、うつし心あらんや。                              その中にいる人は、どうして生きた心地があろうか、いや、全く生きた心地はしないだろう。

あるいは煙にむせびて倒れ臥し、あるいは炎にまぐれてたちまちに死ぬ。            ある人は煙にむせて倒れ臥し、ある人は炎に目がくらんで瞬く間に死ぬ。

あるいは身一つ、からうじて逃るるも、資財を取り出づるに及ばず。              ある人は体一つで、やっと逃げ出したものの、家財を取り出すことはできない。

七珍万宝さながら灰燼となりにき。                             すばらしい宝の数々はすべて灰や燃えさしとなってしまった。

その費え、いくそばくぞ。                                 その損害は、どれほど多大であったことか。

そのたび、公偕の家十六焼けたり。                             その火事のとき、公偕の家が十六焼けてしまった。

ましてそのほか、数へ知るに及ばず。                            ましてそのほかの焼けた家は、数えて知ることもできない。

すべて都のうち、三分が一に及べりとぞ。                          全体でいうと京都のうちの、三分の一に達したということだ。

男女死ぬる者数十人、馬・牛のたぐひ辺際を知らず。                     男女の死者は数十人、馬や牛などは(どのくらい死んだか)際限もわからない。

人の営み、みなおろかなる中に、                              人間のやることは、みなばかげたものであるが、

さしもあやふき京中の家を作るとて、宝を費やし、                      その中で、それほどまで危険な都の中に家を作ろうとして、財産を費やし、

心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞ侍る。                       心をあれこれと労することは、このうえなくつまらないことです。

※ 品詞分解はこちら                                    → 方丈記『安元の大火』