定期テスト対策_古典_蜻蛉日記 口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                       蜻蛉日記『うつろひたる菊』の口語訳&品詞分解です。                    引き続き、寝屋川高校の3年生のテスト範囲です。                      浮気、不倫等々、人を裏切るようなことはしてはいけないですね。               ぜひ定期テスト対策にお役立てください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

蜻蛉日記『うつろいたる菊

九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを、                    九月ごろになって、(兼家様が)出て行ったときに、文箱が置いてあるのを(見つけて)、

手まさぐりに開けて見れば、人のもとにやらむとしける文あり。                手なぐさみに開けて見ると、よその女のもとに送ろうとした手紙が入っている。

あさましさに、見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。                 意外なことに驚きあきれて、せめて見たよとだけでも知られようと思って、書きつける。

  うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば

  ここやとだえに ならむとすらむ

  疑わしいこと。よそのに送った手紙を見ると、

  私の所へ来るのは途絶えようとしているのでしょうか。

など思ふほどに、むべなう、十月つごもり方に、                       などと思っているうちに、果たして、十月の末ごろに、

三夜しきりて見えぬときあり。つれなうて、                         三晩続けて姿が見えないときがある。(来ると)そしらぬふりをして、

「しばし試みるほどに。」など、                             「しばらくあなたの気持ちを試しているうちに(日が過ぎてしまったよ)。」などと、

けしきあり。                                       思わせぶりなことを(兼家様が)言う。

これより、夕さりつ方、「内裏にのがるまじかりけり。」とて出づるに、            私の所から、夕方に、「宮中に行かざるを得ないのだったよ。」と言って出て行くので、

心得で、人をつけて見すれば、                               不審に思って、人にあとをつけさせて様子をうかがわせたところ、

「町小路なるそこそこになむ、とまり給ひぬる。」とて来たり。               「町小路にあるどこそこに、車をお停めになりました。」と言って帰って来た。

さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、           思ったとおりだよと、とてもつらいと思うけれど、言いやるすべもわからないでいるうちに、

二、三日ばかりありて、暁方に、門をたたくときあり。                   二、三日ほどして、夜明け前ごろに、門をたたくときがある。

さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、                         あの人が来たようだと思うけれど、憂鬱なので、開けさせないでいると、

例の家とおぼしき所にものしたり。                            (兼家様は)例の女の家と思われるあたりに行ってしまった。

つとめて、なほもあらじと思ひて、                             翌朝、このままではおれまいと思って、

  嘆きつつ ひとり寝る夜の あくる間は

  いかに久しき ものとかは知る

  嘆きながらひとり寝をする夜が明けるまでの間は、

  どんなに長いものか(あなたは)わかっていますか。

  門を開ける間も待てないあなたのことですから、

  おわかりにならないでしょうね。

と、例よりはひきつくろひて書きて、うつろひたる菊にさしたり。              と、いつもよりは改まって書いて、色の褪せ始めた菊に挿し添えた(ものを持たせてやった)。

返り事、「明くるまでも試みむとしつれど、                         返事は、「夜が明けるまでも様子を見ようとしたけれども、

とみなる召し使ひの来合ひたりつればなむ。                         急用の役人が来合わせたので(すぐに去らざるを得なかった)。

いとことわりなりつるは。                                (あなたが言うことは)しごくもっともですよ。

  げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も

  遅くあくるは わびしかりけり」

  本当に本当に(あなたが言うとおり冬の夜はなかなか明けず

  つらいものだけれど)、冬の夜ではないまきの戸も、

  なかなか開けてもらえないのはつらいことだと初めてわかったよ。」

さても、いとあやしかりつるほどに、                            それにしても、全くどういうつもりなのか不審に思っているうちに、

ことなしびたる。                                    (兼家様は)素知らぬ顔をして(女のもとに通って)いることよ。

しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。」など言ひつつぞあるべきを、             しばらくは、気づかれないように、「宮中に(行く)。」などと言い続けているのが当然なのに、

いとどしう心づきなく思ふことぞ、限りなきや。                       ますます不愉快に思うことは、このうえない。

※ 品詞分解はこちら                                    → 蜻蛉日記『うつろひたる菊』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************