定期テスト対策_古典_今物語  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                       今物語『やさし蔵人』の口語訳&品詞分解です。

今物語鎌倉時代説話集です。藤原信実が編んだと言われています。             上司の無茶ぶりにさらっと応える蔵人のお話です。                      ぜひ定期テスト対策にお役立てください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

今物語『やさし蔵人

大納言なりける人、小侍従と聞こえし歌よみに通はれけり。                  大納言であった人が、小侍従と申し上げた歌人のもとに通っていらっしゃった。

ある夜、もの言ひて、暁帰られけるに、                           ある夜、(大納言が小侍従のもとで)契りを交わして、夜明け前にお帰りになったときに、

女の家の門をやり出だされけるが、きと見返りたりければ、                  女の家の門から車をお出しになったが、(そのときに)ふと振り返って見たところ、

この女、名残を思ふかとおぼしくて、車寄せの蘗に透きて、                  この女が、名残を惜しむかと思われて、車寄せの簾に透けて(見えて)、

一人残りたりけるが、心にかかりおぼえてければ、供なりける蔵人に、             一人残っていたのが、心にかかって思われたので、供をしていた蔵人に、

「いまだ入りやらで見送りたるが、                           「(小侍従が)まだ(部屋に)入ってしまわずに見送っている様子が、

振り捨てがたきに、何とまれ、言ひて来。」とのたまひければ、                振り捨て(て帰り)にくいので、何でもいいから、言って来い。」とおっしゃったので、

「ゆゆしき大事かな。」と思へども、                           (蔵人は)「たいへんな役目だなあ。」と思ったが、

ほど経べきことならねば、やがて走り入りぬ。                        時間がたってよいことではないので、そのまま門の中に走って入った。

車寄せの縁のきはにかしこまりて、「申せと候ふ。」                     車寄せの縁の端にかしこまって、「申し上げよとのことです。」

とは、さうなく言ひ出でたれど、何と言ふべき言の葉もおぼえぬに、              とはためらわず口に出したけれど、何と言えばよいか言葉も思い浮かばなかったが、

折しも、ゆふつけ鳥、声々に鳴き出でたりけるに、                      ちょうどそのときに、にわとりが、いっせいに鳴き出したので、

「飽かぬ別れの」と言ひけることの、きと思ひ出でられければ、               「飽かぬ別れの」と(小侍従がかつて)よんだことが、ふと思い出されたので、

 

ものかはと 君が言ひけん 鳥の音の 今朝しもなどか かなしかるらん

(恋人を待つ宵に、夜が更けていくことを知らせる鐘の音を聞くせつなさに比べると、)

ものの数ではないとあなたがおよみになったという(別れを告げる暁の)にわとりの声が、

今朝に限ってなぜこれほどまでに悲しいのでしょうか。

 

とばかり言ひかけて、やがて走りつきて、車の尻に乗りぬ。                  とだけよみかけて、そのまま走って追いついて、車の後ろに乗った。

家に帰りて、中門に降りてのち、                             (大納言は)家に帰って、中門で(車を)降りたあとに、

「さても、何とか言ひたりつる。」と問ひ給ひければ、                   「ところで、何と言ってきたのか。」と(蔵人に)お尋ねになったので、

「かくこそ。」と申しければ、                              「このように(申しました)。」と申し上げたので、

いみじくめでたがられけり。                               (それを聞いた大納言は)たいそうおほめになった。

「さればこそ、使ひにははからひつれ。」とて、                      「だからこそ、(おまえを)使いに取り計らったのだ。」と言って、

感のあまりに、しる所など給びたりけるとなん。                       感激のあまりに、知行している土地などをお与えになったということだ。

この蔵人は内裏の六位など経て、やさし蔵人と言はれける者なりけり。             この蔵人は内裏の六位の蔵人などを経て、「やさし蔵人」と呼ばれた者であった。

※ 品詞分解はこちら                                    →今物語『やさし蔵人』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************