定期テスト対策_古典_枕草子  口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。                       枕草子『春は、あけぼの』の口語訳&品詞分解です。

とても有名な部分ですね!教養として知っておくのもよいでしょう。              ぜひ定期テスト対策にお役立てください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

枕草子『春は、あけぼの』

春は、あけぼの。                                     春は、夜がほのぼのと明け始めるころ(がよい)。

やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明かりて、                       (あたりが)だんだん白んでいく、(そのうちに)山の稜線のあたりがほんのり明るくなって、

紫だちたる雲の細くたなびきたる。                             赤紫がかった雲が細くたなびいている(、そういうころがよい)。

夏は、夜。月のころはさらなり、                              夏は、夜(がよい)。月の(ある)ころは言うまでもないし、

闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。                            闇のころもやはり、蛍がたくさん飛びかっているの(も風情がよい)。

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。                また、たった一つ二つなど、ほのかに光って飛んで行くのも、趣がある。

雨など降るも、をかし。秋は、夕暮れ。                           雨などが降るのも、風情がある。秋は、夕暮れ(がよい)。

夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、              夕日があたりを照らして山の端にたいそう近づいている時分に、烏がねぐらへ帰るというので、

三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。                    三羽・四羽、二羽・三羽などと(小さな群れをなして)、せわしげに羽を動かす姿まで、しみじみと心がひかれる。

まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。                まして雁などで(かぎになり棹になり)連なっているのが、ても小さく見えるのは、とてもおもしろい。

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。                 日がとっぷり暮れて、(ふと聞こえる)風の音、虫の音などは、これもまた何とも言いようがない(情緒である)。

冬は、つとめて。雪の降りたるは、言ふべきにもあらず。                   冬は、早朝(がよい)。雪が降っているのは、言うまでもな(くすばらし)い。

霜のいと白きも、また、さらでもいと寒きに、                        霜が真っ白なのも、また、そうでなくてもとても寒い朝に、

火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。                    火などを急いでおこして、炭を運んで行くのも、(冬の寒い朝には)とてもふさわしい。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、                           昼になって、寒さがゆるんで暖かくなっていくと、

火桶の火も白き灰がちになりて、わろし。                          丸火鉢の火も白い灰が目立つようになって、とりえがない。

※ 品詞分解はこちら                                    →枕草子『春は、あけぼの』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************