定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡『花山天皇の出家』の口語訳&品詞分解です。
天皇を騙して出家させてしまう藤原道兼のお話です。かなり強引です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

大鏡『花山天皇の出家』

次の帝、花山院の天皇と申しき。冷泉院の第一の皇子なり。
次の帝は、花山院の天皇と申し上げました。冷泉院の第一皇子です。

御母、贈皇后宮懐子と申す。
御母は、贈皇后宮懐子と申し上げます。

永観二年八月二十八日、位につかせ給ふ、御年十七。
永観二年八月二十八日、皇位におつきになりましたのは、御年十七歳(でした)。

寛和二年丙戌六月二十二日の夜、あさましく候ひしことは、
寛和二年丙戌の年の六月二十二日の夜、驚きあきれる思いをいたしましたのは、

人にも知らせさせ給はで、みそかに花山寺におはしまして、
誰にもお知らせにならずに、こっそりと花山寺にいらっしゃって、

御出家入道せさせ給へりしこそ、御年十九。
ご出家、入道してしまわれましたのは、御年十九歳(でした)。

世を保たせ給ふこと二年。そののち、二十二年おはしましき。
ご在位なさっていたのは二年。ご出家ののち、二十二年間ご存命でした。

あはれなることは、下りおはしましける夜は、
しみじみとした思いになることは、(帝が)ご退位になりました夜(のことで、その夜)は、

藤壺の上の御局の小戸より出でさせ給ひけるに、
清涼殿の藤壺の上の御局の小戸からお出ましになったところ、

有明の月のいみじく明かかりければ、
有明の月がとても明るく出ておりましたので、

「顕証にこそありけれ。いかがすべからむ。」と仰せられけるを、
「あまりに明るい(ので人目につきそうだ)なあ。どうしたらよかろうか。」と仰せになったのですが、                              

「さりとて、とまらせ給ふべきやう侍らず。
「だからといって、ご出家を中止あそばすわけにはいきません。

神璽・宝剣わたり給ひぬるには。」と、
(皇位継承のしるしの)神璽・宝剣もすでに皇太子のもとに移っておしまいになったからには。」と、

粟田殿のさわがし申し給ひけるは、
粟田殿〔藤原道兼〕がせきたて申し上げなさいました―と申しますのは、

まだ帝出でさせおはしまさざりける先に、手づから取りて、
まだ天皇がお出ましにならなかった前に、(道兼公が)自ら神璽・宝剣を取って、

春宮の御方にわたし奉り給ひてければ、帰り入らせ給はむことは、
皇太子の御方にお移し申し上げてしまわれたので、天皇が宮中へお帰りになるようなことは、

あるまじくおぼして、しか申させ給ひけるとぞ。
あってはならないことだとお思いになって、そのように申し上げなさったということです。

さやけき影を、まばゆくおぼしめしつるほどに、
明るい月光を、気がひけることだと(帝が)お思いになっているうちに、

月の顔にむら雲のかかりて、少し暗がりゆきければ、
月の面にむら雲がかかって、少しあたりが暗くなっていったので、

「わが出家は成就するなりけり。」と仰せられて、
「私の出家は成就することだなあ。」と仰せになって、

歩み出でさせ給ふほどに、弘佞殿の女御の御文の、
歩き出されますうちに、(故)弘佞殿の女御のお手紙で、

日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるをおぼしめし出でて、
平素お破り捨てにならずに御身から離さず御覧になっておられたの(があったの)をお思い出しになって、

「しばし。」とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし、
「ちょっと待て。」と仰せになって、それを取りにお入りになりました。そのときですよ、

粟田殿の、「いかに、かくはおぼしめしならせおはしましぬるぞ。
粟田殿が、「どうして、このように(未練がましく)お考えになってしまわれるのか。

ただ今過ぎば、おのづからさはりも出でまうで来なむ。」と、
もしただ今この機会を逃したら、おのずと支障もきっと出てまいりましょう。」と、

そら泣きし給ひけるは。花山寺におはしまし着きて、
うそ泣きなさったとはね。花山寺にご到着になって、

御髪下ろさせ給ひてのちにぞ、粟田殿は、
天皇がご剃髪になったあとになって、粟田殿は、

「まかり出でて、大臣にも、変はらぬ姿、いま一度見え、
「退出して、父大臣〔兼家〕にも、(私の)出家前の姿を、もう一度見せ、

かくと案内申して、必ず参り侍らむ。」と申し給ひければ、
こういう事情とご報告申し上げて、必ず参上しましょう。」と申し上げなさいましたので、

「我をば、はかるなりけり。」とてこそ、泣かせ給ひけれ。
(帝は)「私を、だましたのだな。」と仰せになってお泣きになりました。

あはれに悲しきことなりな。
しみじみと心痛む悲しいことですねえ。

日ごろ、よく御弟子にて候はむと契りて、
平素は、お弟子としてお仕えしましょうと(道兼公は帝と)約束して、

すかし申し給ひけむが恐ろしさよ。
うまくだまし申し上げなさったようなのは恐ろしいことですよ。

※ 品詞分解はこちら
大鏡『花山天皇の出家』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************