定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡『道長と伊周―弓争ひ―』の口語訳&品詞分解です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

大鏡『道長と伊周―弓争ひ―』

帥殿の、南の院にて、人々集めて弓あそばししに、
帥殿〔藤原伊周〕が、(父道隆公の二条邸の)南の院で、人々を集めて弓の競技会をなさいましたときに、

この殿渡らせ給へれば、思ひかけずあやしと、
この殿〔藤原道長〕がおいでになりましたので、思いもかけず妙なことだと、

中の関白殿おぼし驚きて、いみじう癘応し申させ給うて、
中の関白殿〔道隆〕は驚きなさって、ひどく機嫌をとりおもてなし申し上げなさって、

下咢におはしませど、前に立て奉りて、
(道長公は伊周公より)官位が低くていらっしゃいましたが、先にお立て申し上げて、

まづ射させ奉らせ給ひけるに、
まず最初に射させ申し上げなさいましたところ、

帥殿の矢数いま二つ劣り給ひぬ。
帥殿の(射当てた)矢の数がもう二本だけ(道長公に)負けておしまいになりました。

中の関白殿、また、御前に候ふ人々も、
(そこで)中の関白殿も、また、御前に伺候している人々も、

「いまふたたび延べさせ給へ。」と申して、延べさせ給ひけるを、
「もう二回勝負を延長なさいませ。」と申して、延長なさいましたので、

やすからずおぼしなりて、
(道長公は)心中苦々しくお思いになって、

「さらば、延べさせ給へ。」と仰せられて、
「それなら、延長なさい。」と仰せになって、

また射させ給ふとて、仰せらるるやう、
再度(弓をお取りになって)射なさろうとして、おっしゃることには、

「道長が家より、帝・后立ち給ふべきものならば、この矢当たれ。」
「この道長の家から、帝・后がお立ちになるはずのものならば、この矢よ当たれ。」

と仰せらるるに、同じものを、中心には当たるものかは。
と仰せにな(って矢を放たれ)ると、同じ当たるにしても、的の真ん中に当たるではありませんか。

次に、帥殿射給ふに、いみじう臆し給ひて、
その次に、帥殿が射なさいましたが、ひどく気後れなさって、

御手もわななくけにや、的のあたりにだに近く寄らず、
お手も震えたためでしょうか、(矢は)的の近くにさえ行かずに、

無辺世界を射給へるに、関白殿、
とんでもなく的外れの所を射なさいましたので、(父の)関白殿は、

色青くなりぬ。また入道殿射給ふとて、
顔色が真っ青になってしまいました。さらにまた入道殿が射なさろうとして、

「摂政・関白すべきものならば、この矢当たれ。」
「摂政・関白になるはずのものならば、この矢よ当たれ。」

と仰せらるるに、初めの同じやうに、的の破るばかり、
と仰せにな(って矢を放たれ)ると、前と同様に、的が割れるくらい、

同じところに射させ給ひつ。
同じ(ど真ん中の)所を射通しておしまいになりました。

癘応し、もてはやし聞こえさせ給ひつる興もさめて、
(道長公の)機嫌をとり、お取り持ち申し上げなさっていた興もさめて、

こと苦うなりぬ。父大臣、帥殿に、
気まずくなってしまいました。父大臣は、帥殿に、

「何か射る。な射そ、な射そ。」と制し給ひて、
「どうして射るのか。射るな、射るな。」とお制止になって、

ことさめにけり。
(その座はすっかり)しらけてしまいました。

※ 品詞分解はこちら
大鏡『道長と伊周―弓争ひ―』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************