定期テスト対策_古典_更級日記_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
更級日記『門出』の口語訳&品詞分解です。

更級日記平安中期菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)によって書かれました。作者の少女時代から約40年間を回想する日記文学です。

冒頭部分では、父親の上総国での任期が終わり、京に戻ることになります。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

更級日記『門出』

あづま路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、
東海道の果て(にある常陸の国)よりも、もっと奥のほう(の上総の国)で育った人〔私〕は、

いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、
どんなにか田舎っぽかっただろうに、どのように思い始めたのだろうか、

世の中に物語といふもののあんなるを、いかで見ばやと思ひつつ、
世の中に物語というものがあるそうだが、それを何とかして見たいと思い続け、

つれづれなる昼間、宵居などに、
手持ち無沙汰な昼間や、夜遅くまで起きているときなどに、

姉、継母などやうの人々の、その物語、かの物語、
姉や継母などというような人々が、その物語、あの物語、

光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、
光源氏のありさまなどについて、(物語を)ところどころ語るのを聞くと、

いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、
ますます見たさが募るけれど、私が願うとおりに、

そらにいかでかおぼえ語らむ。
(草子も持たないで)暗記して話すことがどうしてできようか、いや、話してはくれない。

いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、
とてもじれったいので、人の背丈と同じ高さに(現世にご利益のあるという)薬師如来の像を造って、

手洗ひなどして、人まにみそかに入りつつ、
手を洗いなどして、人のいない間にこっそりと(仏間に)入っては、

「京にとく上げ給ひて、物語の多く候ふなる、
「京に早く上らせてくださって、物語がたくさんあるそうですが、

ある限り見せ給へ。」と、身を捨てて額をつき、
それをある限りお見せください。」と、床に身体を倒して額ずき、

祈り申すほどに、十三になる年、上らむとて、
お祈り申し上げるうちに、十三歳になる年に、上京しようということになって、

九月三日、門出して、いまたちといふ所に移る。
九月三日に、門出をして、いまたちという所に移る。

年ごろ遊び慣れつる所を、あらはにこほち散らして、立ち騒ぎて、
長年遊び慣れた所を、外からまる見えになるように壊し散らかして、大騒ぎして、

日の入りぎはの、いとすごく霧りわたりたるに、
日の沈む間際で、ひどくもの寂しい感じで一面に霧の立ちこめているときに、

車に乗るとて、うち見やりたれば、
車に乗ろうとして、そちらへふと目をやって見たところ、

人まには参りつつ、額をつきし薬師仏の立ち給へるを、
人のいないときには参り参りして、額をつけ(て祈っ)た薬師仏が立っていらっしゃるのが見え、

見捨て奉る、悲しくて、人知れずうち泣かれぬ。
それをお見捨て申し上げるのが、悲しくて、人知れず泣けてきてしまった。

門出したる所は、めぐりなどもなくて、
門出して移った所は、周囲の垣などもなくて、

かりそめの茅屋の、蔀などもなし。蘗かけ、幕など引きたり。
間に合わせの茅葺きの家で、蔀などもない。簾をかけ、幕などを引き回している。

南ははるかに野の方見やらる。
南ははるか遠く野原のほうがおのずから眺められる。

東、西は海近くて、いとおもしろし。
東と西のほうは海が近くて、たいそう景色が美しい。

夕霧立ちわたりて、いみじうをかしければ、朝寝などもせず、
夕霧が一面に立ちこめて、たいそう趣深いので、朝寝などもしないで、

方々見つつ、ここを立ちなむことも、あはれに悲しきに、
あちこち見ては、ここを出発することも、しみじみと悲しく思われたが、

同じ月の十五日、雨かきくらし降るに、
同じ月の十五日に、雨があたり一面を暗くして降るときに、

境を出でて、下総の国のいかたといふ所に泊まりぬ。
国境を出て、下総の国のいかたという所に泊まった。

庵なども浮きぬばかりに雨降りなどすれば、
仮の宿なども浮いてしまうくらいに雨が降りなどするので、

恐ろしくて寝も寝られず。
恐ろしくて寝ることもできない。

野中に丘だちたる所に、ただ木ぞ三つ立てる。
野の中で丘めいて小高い所に、ただ木が三本立っている。

その日は雨に濡れたる物ども干し、
その日は雨に濡れてしまったものなどを干し、

国に立ち遅れたる人々待つとて、そこに日を暮らしつ。
上総の国で出発し遅れた人々を待つというわけで、そこで一日を送った。

十七日のつとめて、立つ。
十七日の早朝、出発する。

昔、下総の国に、まのの長といふ人住みけり。
昔、下総の国に、まのの長者という人が住んでいたそうだ。

ひき布を千むら、万むら織らせ、さらさせけるが家の跡とて、
反物を千巻、万巻と織らせ、さらさせたという人の家の跡ということで、

深き川を舟にて渡る。昔の門の柱のまだ残りたるとて、
深い川を舟で渡る。昔の門の柱がまだ残っているものだといって、

大きなる柱、川の中に四つ立てり。
大きい柱が、川の中に四本立っている。

人々歌よむを聞きて、心の内に、
人々が和歌をよむのを聞いて、私も心の中に、(次の歌をよんだ)。

朽ちもせぬ この川柱 残らずは 昔の跡を いかで知らまし

朽ち果てもしないこの川中の柱が残らなかったら、昔の長者の屋敷跡をどうして知るかしら、知るよしもないことだ。

※ 品詞分解はこちら
更級日記『門出』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************