定期テスト対策_古典_源氏物語_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
源氏物語の口語訳&品詞分解です。

帝の寵愛を受ける朧月夜との密会がばれてしまい、このままだと流刑になるかも、と案じた光源氏は、紫の上も含めた親しい人たちに別れを告げて京を離れ、須磨で謹慎生活を送っている、というシーンです。

今回は前半部分のご紹介です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

源氏物語「須磨の秋」(前半)

須磨には、いとど心づくしの秋風に、
須磨では、(世の常より)いっそうものを思わせる秋風が吹いて、

海は少し遠けれど、行平の中納言の、
海は少し遠いけれど、行平の中納言が、

関吹き越ゆると言ひけむ浦波、よるよるは、
「関吹き越ゆる」とよんだという海辺の波が、夜になると、

げにいと近く聞こえて、
本当にすぐ近くに打ち寄せるように聞こえて、

またなくあはれなるものは、かかる所の秋なりけり。
このうえなくしみじみと心にしみとおるのは、このような所の秋なのであった。

御前にいと人少なにて、うち休みわたれるに、
(源氏の)御前には全く人少なで、みな寝静まっているのに、

一人目を覚まして、枕をそばだてて四方の嵐を聞き給ふに、
(源氏は)一人目を覚まして、枕から頭をもたげて四方の激しい風を聞いていらっしゃると、

波ただここもとに立ち来る心地して、涙落つともおぼえぬに、
波がすぐそこに寄せてくる気がして、涙が落ちるとも気づかないうちに、

枕浮くばかりになりにけり。琴を少しかき鳴らし給へるが、
枕が浮くほどになってしまった。琴を少しかき鳴らしなさる(その音色)が、

我ながらいとすごう聞こゆれば、弾きさし給ひて、
我ながらひどくものさびしく聞こえるので、途中で弾くのをおやめになって、

恋ひわびて 泣く音にまがふ 浦波は 思ふ方より 風や吹くらむ

都恋しさに堪えかねて私が泣く声に似ている海辺の波の音は、
私の恋しく思う都のほうから風が吹くからであろうか
(私の心が波に通じて、私の泣くような音を立てているのだろうか)。

とうたひ給へるに、人々おどろきて、めでたうおぼゆるに、
と歌われると、人々は目を覚まして、すばらしいと思うにつけても、

忍ばれで、あいなう起きゐつつ、
(都恋しさが)こらえきれずに、なんとはなしに起き上がっては、

鼻を忍びやかにかみわたす。
次々に鼻をそっとかんでいる。

「げにいかに思ふらむ、わが身一つにより、親はらから、
「本当にどう思っているのだろう、私一人のために、親兄弟、

かた時たち離れがたく、ほどにつけつつ思ふらむ家を別れて、
片時も離れにくく、それぞれに応じて大事に思っているような家を捨てて、

かく惑ひ合へる。」とおぼすに、
このようにともにさまよっていることよ。」とお思いになると、

いみじくて、「いとかく思ひ沈むさまを、
たまらなく悲しくて、「全くこうして私が思い沈むさまを(見て)、

心細しと思ふらむ。」とおぼせば、
心細いと思っているだろう。」と思われるので、

昼は何くれとたはぶれごとうちのたまひ紛らはし、
昼はあれこれと冗談をおっしゃって気を紛らわし、

つれづれなるままに、いろいろの紙を継ぎつつ手習ひをし給ひ、
退屈にまかせて、色とりどりの紙を継いでは歌をお書きになり、

めづらしきさまなる唐の綾などにさまざまの絵どもを書きすさび給へる、
珍しい唐の綾織物などにさまざまな絵などを興にまかせて描いていらっしゃる、

壯風のおもてどもなど、いとめでたく、見どころあり。
壯風の表の絵などは、実にすばらしく、見事である。

人々の語り聞こえし海山のありさまを、
人々がお話し申し上げた海山の様子を、

はるかにおぼしやりしを、御目に近くては、
(以前は)はるか遠いものと想像していらっしゃったが、(今)まのあたりになさっては、

げに及ばぬ磯のたたずまひ、二なく書き集め給へり。
なるほど思い及ばない磯の風景、(それを)またとなく上手に描き集めなさる。

「このころの上手にすめる千枝、常則などを召して、
「当節の名人だと(世間で)言っているらしい千枝、常則などを召して、

作り絵つかうまつらせばや。」と、心もとながり合へり。
(源氏の君の墨描きの絵に)彩色させ申し上げたいものだ。」と、口々に残念がっている。

なつかしうめでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、
(源氏の)親しみやすく立派なご様子に、世の憂いも忘れて、

近う慣れつかうまつるをうれしきことにて、
おそば近く仕えるのをうれしいこととして、

四、五人ばかりぞつと候ひける。
四、五人ばかりがいつもお仕えしているのであった。

前栽の花いろいろ咲き乱れ、おもしろき夕暮れに、
前栽の花も色とりどりに咲き乱れ、風情ある夕暮れに、

海見やらるる廊に出で給ひて、たたずみ給ふ御さまの、
海の見渡される廊にお出になって、たたずまれる様子が、

ゆゆしう清らなること、
不吉なほど美しいことは、

所がらはましてこの世のものと見え給はず。
(須磨という)場所が場所だけにいっそうこの世のものともお見えにならない。

白き綾のなよよかなる、紫苑色など奉りて、
白い綾織りの絹で柔らかな下着に、紫苑色の指貫などをお召しになって、

こまやかなる御直衣、帯しどけなくうち乱れ給へる御さまにて、
濃い縹色の御直衣に、帯は無造作にくつろいでいらっしゃるお姿で、

「釈哥牟尼仏弟子。」と名のりて、ゆるるかに読み給へる、
「釈哥牟尼仏弟子。」と唱えて、ゆったりと経文を読んでいらっしゃる声は、

また世に知らず聞こゆ。
これもまた世に類いなくすばらしく聞こえる。

※ 品詞分解はこちら
源氏物語「須磨の秋

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************