定期テスト対策_古典_源氏物語_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
源氏物語の口語訳&品詞分解です。
昨日の続きです。ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

源氏物語「明石の姫君の入内」(後半)

思ふさまにかしづき聞こえて、心及ばぬこと、
思う存分に(姫君を)大切にお世話し申し上げて、行き届かぬことなどは、

はた、をさをさなき人のらうらうじさなれば、
これといって、少しもない明石の君の人柄の利発さであるから、

おほかたの寄せ・おぼえよりはじめ、
周囲の人々の(姫君に対する)人気や評判をはじめとして、

なべてならぬ御ありさま・かたちなるに、
並々ならぬ(姫君の美しい)お姿・ご容貌であるから、

宮も、若き御心地に、いと心ことに思ひ聞こえ給へり。
東宮も、お若いお気持ちに、(姫君を)まことに格別にお思い申し上げていらっしゃる。

いどみ給へる御方々の人などは、
(東宮の寵を得ようと)お競いになっているお妃たちのお付きの女房などは、

この母君のかくて候ひ給ふを、
(姫君の生母である身分の低い)この母君〔明石の君〕がこうして姫君のおそばにお仕えしていらっしゃるのを、

瑕に言ひなしなどすれど、それに消たるべくもあらず。
(姫君の声価を損なう)瑕として言い立てたりするが、そんな悪口などに負かされるはずもない。

いまめかしう、並びなきことをばさらにも言はず、
現代ふうで、比類ないことは言うまでもなく、

心にくくよしある御けはひを、はかなきことにつけても、
奥ゆかしく優雅な(姫君の)お人柄を、ささいなことにつけても、

あらまほしうもてなし聞こえ給へれば、
(明石の君が)申し分なくお世話申し上げなさるので、

殿上人なども、めづらしきいどみどころにて、
殿上人なども、ほかにはない風流の才を競う場だと心得て(おり)、

とりどりに候ふ人々も、
その場に思い思いにお仕えしている女房も、

心をかけたる女房の用意・ありさまさへ、
殿上人が関心をいだいている女房の心がけや態度までも、

いみじくととのへなし給へり。
(明石の君は)たいそうよく仕込んでいらっしゃる。

上も、さるべき折ふしには参り給ふ。
紫の上も、何かことあるときには参内なさる。

御仲らひあらまほしううちとけゆくに、
紫の上と明石の君の御仲は理想どおりうちとけてゆくが、

さりとてさし過ぎもの慣れず、
だからといって(明石の君は)出過ぎたりなれなれしい態度をとったりはせず、

侮らはしかるべきもてなし、はた、つゆなく、
さげすまれるはずの態度も、それでいて、少しもなく、

あやしくあらまほしき人のありさま・心ばへなり。
不思議なほど非のうちどころのない人柄(であり)、思慮(を備えた女性)である。

大臣も、長からずのみおぼさるる御世のこなたにと
源氏の大臣も、長くはないとお思いにならずにいられないこの世でのご存命中にと

おぼしつる御参り、かひあるさまに見奉りなし給ひて、
お思いだった(姫君の)ご入内を、立派に見届け申し上げなさって

心からなれど、
(一安心なさったし、また、夕霧)自ら求めたことだが、

世に浮きたるやうにて見苦しかりつる宰相の君も、
身の固まらぬありさまで体裁が悪かった宰相の君〔夕霧〕も、

思ひなくめやすきさまに静まり給ひぬれば、
何不足なく世間並みに結婚生活が落ち着きなさったので、

御心落ちゐ果て給ひて、今は本意も遂げなむとおぼしなる。
(源氏も)すっかりご安心なさって、今は出家の念願を果たしてしまおうという思いにおなりになる。

対の上の御ありさまの見捨てがたきにも、
紫の上のお身の上が見捨てがたく思うにつけても、

中宮おはしませば、おろかならぬ御心寄せなり。
秋好中宮がいらっしゃるから、(これが)並々ならぬお味方である。

この御方にも、世に知られたる親ざまには、
この明石の姫君におかれても、(表向きの)世に知られている親としては、

まづ思ひ聞こえ給ふべければ、
(紫の上を)まず第一に大切にお思い申し上げなさるであろうから、

さりともとおぼし譲りけり。
もう何事があっても(大丈夫だ)とお任せする気持ちでおられるのであった。

夏の御方の、時々にはなやぎ給ふまじきも、
夏の御方〔花散里〕は、公的な社交の折々に晴れ晴れしくお振る舞いになることはかなうまいが、

宰相のものし給へばと、
これも、宰相〔夕霧〕がおいでだから(安心だ)と、

みなとりどりにうしろめたからずおぼしなりゆく。
どの女性たちもそれぞれに(その将来は)心配ないというお気持ちに(源氏は)おなりになっていく。

明けむ年、四十になり給ふ。
明年は、(源氏は)四十歳におなりになる。

御賀のことを、おほやけよりはじめ奉りて、
その祝賀の宴のことを、帝をはじめ申し上げて、

大きなる世のいそぎなり。
世をあげてたいへんな準備である。

※ 品詞分解はこちら
源氏物語「明石の姫君の入内

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************