定期テスト対策_古典_無名抄_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
無名抄の口語訳&品詞分解です。

ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

無名抄「関路の落葉」

建春門院の殿上の歌合に、
建春門院の殿上の歌合に、

「関路の落葉」といふ題に、頼政偕の歌に、
「関路の落葉」という題に対して、頼政偕の歌に、

都には まだ青葉にて 見しかども 紅葉散り敷く 白河の関
京の都(を立つとき)にはまだ青葉で見たが、
(長い旅の末に到着すると、)紅葉が散り敷く白河の関だよ。

とよまれ侍りしを、そのたび、この題の歌あまたよみて、
とおよみになりましたが、そのときは、この題の歌を多数よんで、

当日まで思ひわづらひて、俊恵を呼びて見せられければ、
当日まで(この歌を出すか)思い悩んで、俊恵を呼んでお見せになったところ、

「この歌は、かの能因が
(俊恵は)「この歌は、あの能因の

『秋風ぞ吹く白河の関』といふ歌に似て侍り。
『(都をば霞とともに立ちしかど)秋風ぞ吹く白河の関』という歌に似ています。

されども、これは出で映えすべき歌なり。
けれども、この歌は歌合に出して見映えがするはずの歌です。

かの歌ならねど、かくも取りなしてんと、
あの歌(ほどの出来映え)ではないが、このように(素材を)うまく取り扱うこともできるのだろうと、

いしげによめるとこそ見えたれ。
巧みによんだと見える。

似たりとて難ずべきさまにはあらず。」
似ているといって非難しなければならない歌のさまではない。」

とはからひければ、車さし寄せて乗られけるとき、
と判断したので、(頼政は)車を近づけてお乗りになったとき、

「貴房のはからひを信じて、さらば、
「あなたの判断を信じて、それでは、

これを出だすべきにこそ。のちの咎をばかけ申すべし。」
この歌を出すのがよいであろう。歌合で負けた場合の責任を負っていただこう。」

と言ひかけて、出でられにけり。
と言いかけて、お出になった。

そのたび、思ひのごとく出で映えして勝ちにければ、
その歌合で、思ったとおり見映えがして勝ったので、

帰りて、すなはちよろこび言ひつかはしたりける返事に、
(頼政は)帰って、すぐにお礼を言って送った(。その頼政への俊恵の)返事に、

「見るところありてしか申したりしかど、
「見どころがあるからこう申し上げたが、

勝負聞かざりしほどは、あいなくこそ胸つぶれ侍りしに、
勝負(の結果)を聞かなかった間は、わけもなくはらはらしましたが、

いみじき高名したりとなん、心ばかりはおぼえ侍りし。」
(勝ったと伺って)たいそうな手柄を立てたと、心の内では思われました。」

とぞ、俊恵は語りて侍りし。
と、俊恵は語っていました。

※ 品詞分解はこちら
無名抄「関路の落葉」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************