定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡の口語訳&品詞分解です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

大鏡『兼通と兼家の不和』

「堀河殿、果ては、
(世継が言う、)「堀河殿〔藤原兼通〕は(兼家公を憎んで)、しまいには、

我失せ給はむとては、関白をば、
ご自分がお亡くなりになろうという際には、関白職を、

御いとこの頼忠の大臣にぞ譲り給ひしこそ、
御従兄の〔藤原〕頼忠の左大臣にお譲りになった、そのことを、

世の人いみじきひがことと、そしり申ししか。」
世間の人はたいへんな筋違いなことだと、非難申し上げました。」

この向かひをる侍の言ふやう、
この対座して(聞いて)いる若侍が(意見を)次のように述べる。

「東三条殿の官など取り奉らせ給ひしほどのことは、
「東三条殿〔藤原兼家〕の官職を(兼通公が)お取り申し上げなさった当時の事情は、

ことわりとこそ承りしか。おのれが祖父親は、
道理の通った処置だと承りました。(なにしろ)私の祖父は、

かの殿の年ごろの者にて侍りしかば、
あの殿〔兼通〕の長年にわたる家来でありましたから、

こまかに承りしは。この殿たちの兄弟の御仲、
詳しく承ったのですよ。この兼通・兼家ご兄弟の御仲は、

年ごろの官位の劣りまさりのほどに、
年来の官位の昇進の競争の間に、

御仲あしくて過ぎさせ給ひし間に、堀河殿御病重くならせ給ひて、
御仲不和の状態でお過ごしになったうちに、堀河殿〔兼通〕はご病気が重くおなりになって、

今は限りにておはしまししほどに、東の方に、
もはや危篤でいらっしゃったときに、邸の東のほうに、

先追ふ音のすれば、御前に候ふ人たち、
先払いをする声がするので、(兼通公の)ご病床におつき申し上げていた人たちが、

『たれぞ。』など言ふほどに、
『誰のお越しか。』などと言ううちに、

『東三条の大将殿参らせ給ふ。』と人の申しければ、
『東三条の右大将殿〔兼家〕が参上なさいます。』と、誰かがご報告申し上げたので、

殿聞かせ給ひて、『年ごろ仲らひよからずして過ぎつるに、
殿〔兼通〕がお聞きになって、『長年兄弟不和のままで過ごしてきたが、

今は限りになりたると聞きて、とぶらひにおはするにこそは。』
私が危篤におちいっていると聞いて、きっと見舞いにいらっしゃるのだろう。』

とて、御前なる苦しきもの取りやり、
と思って、ご病床近くにある見苦しいものを取り片づけ、

大殿籠りたる所ひきつくろひなどして、
お休みになっている寝床をきちんと直したりして、

入れ奉らむとて、待ち給ふに、
(兼家公を)お招き入れ申し上げようとして、お待ちになっている。すると、

『早く過ぎて、内裏へ参らせ給ひぬ。』と人の申すに、
『すでに邸の前を通過して、内裏へご参上なさいました。』と誰かがご報告申し上げるので、

いとあさましく心憂くて、『御前に候ふ人々も、
(兼通公は)すっかりあきれ果て不愉快にお思いで、(兼通公は)『おそばにつきそっている人々も、

をこがましく思ふらむ。おはしたらば、
(兼家公を迎える準備をしたりして)みっともない(ことをしてしまった)と思っているだろう。(兼家が)見舞いにいらっしゃったら、

関白など譲ることなど申さむとこそ思ひつるに。
関白職などを譲ることなどを相談しようと思っていたのに(兼家めのこの冷酷さよ!)。

かかればこそ、年ごろ仲らひよからで過ぎつれ。
こんな性格の男だからこそ、年来不仲で通してきたのだ。

あさましく、やすからぬことなり。』とて、
(素通りするとは)心外で、穏やかではいられないことだ。』と言って、

限りのさまにて臥し給へる人の、
今にも息が絶えそうなありさまでご病床に臥していらっしゃったお方が、

『かき起こせ。』とのたまへば、人々あやしと思ふほどに、
『抱き起こせ。』とお命じになるので、おそばの人々も不審に思っているうちに、

『車に装束せよ。御前もよほせ。』と仰せらるれば、
(兼通公は)『車に支度をせよ。お先払いの者どもをそろえよ。』とおっしゃるので、

もののつかせ給へるか、現心もなくて仰せらるるかと、
(人々は)物の怪がおとりつきになったか、正気もなくて(うわごとでも)仰せになるのかと、

あやしく見奉るほどに、御冠召し寄せて、
けげんに思って拝見しているうちに、(兼通公は)御冠をお召し寄せになって、

装束などせさせ給ひて、内裏へ参らせ給ひて、
装束などをお召しになって、(牛車で)宮中へ参内なさって、

陣の内は君達にかかりて、
内裏の門の警護の詰め所から内はご子息たちの肩に寄りかかって、

滝口の陣の方より、御前へ参らせ給ひて、
(清涼殿の北東の)滝口の陣のほうから(殿上へお昇りになって)、帝の御前へ参上し(ようとし)て、

昆明池の障子のもとにさし出でさせ給へるに、
清涼殿の孫廂にある昆明池の障子の所にお姿をお現しになると、

昼の御座に、東三条の大将、
(清涼殿中央の)帝の昼の御座には、ちょうど東三条の大将〔兼家〕が、

御前に候ひ給ふほどなりけり。この大将殿は、
帝の御前でご拝謁なさっているところであった。この大将殿〔兼家〕は、

堀河殿すでに失せさせ給ひぬと聞かせ給ひて、
堀河殿〔兼通〕がすでにお亡くなりになったとお聞きになって、

内に関白のこと申さむと思ひ給ひて、
帝に次の関白職に私をとお願い申し上げようとお思いになって、

この殿の門を通りて、参りて申し奉るほどに、
この兼通公の邸の門前を素通りして、参内して奏上申し上げなさるところに、

堀河殿の、目をつづらかにさし出で給へるに、
堀河殿〔兼通〕が、目をかっと見開いてにゅっとお現れになったので、

帝も大将も、いとあさましくおぼしめす。
帝も大将〔兼家〕も、たいそう驚きあきれたこととお思いになる。

大将はうち見るままに、立ちて鬼の間の方におはしぬ。
大将は、(兼通公を)ちらりと見て、そのまま立って(清涼殿の西廂の南にある)鬼の間のほうへ行っておしまいになった。

関白殿、御前についゐ給ひて、御けしきいとあしくて、
関白殿〔兼通〕は、帝の御前にひざまずきなさって、ひどく不機嫌なご様子で、

『最後の除目行ひに参りて侍りつるなり。』とて、
『最後の官吏任免を行いに参上したのでございます。』と言って、

蔵人頭召して、関白には頼忠の大臣、東三条殿の大将を取りて、
蔵人頭をお呼びになって、関白には頼忠の左大臣を、(また)東三条殿〔兼家〕の大将職を取り上げて、

小一条の済時の中納言を大将になし聞こゆる宣旨下して、
(かわりに)小一条の〔藤原〕済時中納言を大将に任じ申すとの宣旨を下して、

東三条殿をば治部偕になし聞こえて、
東三条殿を(閑職の)治部偕に降格任命申し上げて、

出でさせ給ひて、ほどなく失せ給ひしぞかし。
ご退出なさって、まもなく(兼通公は)お亡くなりになったのですよ。

心意地にておはせし殿にて、さばかり限りにおはせしに、
意地っ張りのご気性でいらしたお方で、あれほど危篤の状態でいらっしゃったのに、

ねたさに内裏に参りて申させ給ひしほど、
憎しみのあまりに参内して(除目のことを)奏請なさった、あのなさりようは、

こと人すべうもなかりしことぞかし。
他の人にはとてもできないことでしたよ。

されば、東三条殿、官取り給ふことも、
こういういきさつですから、東三条殿の、官職をお取り上げになる(兼通公の)なされようも、

ひたぶるに堀河殿の非常の御心にも侍らず。
一概に堀河殿〔兼通〕の異常なお心からでもありません。

ことのゆゑは、かくなり。『関白は次第のままに。』
ことの真相は、こういうことなのです。『関白は兄弟の順序どおりに。』

といふ御文、おぼしめしより、
というお墨付きのご文書を、お思いつきになり、

御妹の宮に申して取り給へるも、
御妹の皇后宮〔安子〕にお願い申し上げて書いてもらってご所持になっていたのも、

最後におぼすことどもして、失せ給へるほども、
また臨終のきわにご自分のご遂行になりたいことを果たして、お亡くなりになったところも、

思ひ侍るに、心強く、かしこくおはしましける殿なり。」
つらつら思いますに、(兼通公は)意志強固で、賢明でいらっしゃった方です。」(と若侍は兼通公を称賛するのであった)。

※ 品詞分解はこちら                                    →大鏡『兼通と兼家の不和』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************