定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡の口語訳&品詞分解です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

大鏡『道隆と福足君』

粟田殿の御男君達ぞ三人おはせしが、
粟田殿〔藤原道兼〕のご子息たちは三人いらっしゃいましたが、

太郎君は福足君と申ししを、
ご長男は福足君と申したのですが、

をさなき人はさのみこそはと思へど、
幼い子供というものはみなそんなものだとは思いますけれども、

いとあさましう、まさなう、あしくぞおはせし。
(この方は)まことにあきれるほど、たちが悪く、やんちゃでいらっしゃいました。

東三条殿の御賀に、この君、
東三条殿〔藤原兼家〕の(六十歳の)お祝いに、この福足君に、

舞をせさせ奉らむとて、習はせ給ふほども、
舞を舞わせ申そうというので、(父道兼殿が)お習わせになっている間にも、

あやにくがり、すまひ給へど、よろづにをこつり、
だだをこね、いやがりなさるのですが、(人々は)いろいろと機嫌をとり、

祈りをさへして、教へ聞こえさするに、
祈祷までして、お教え申し上げたのですが、

その日になりて、いみじうしたて奉り給へるに、
当日になって、とても立派に舞の装束を整え申し上げなさったところ、

舞台の上に上り給ひて、ものの音調子吹き出づるほどに、
舞台の上にお上がりになって、楽器の音が調子を整えるために吹き合わせ始めるころに、

「わざはひかな、あれは舞はじ。」とて、
(福足君は)「いやだよ、ぼくは舞わない。」と言って、

びづら引き乱り、御装束はらはらと引き破り給ふに、
(きれいに結い上げた)を引きむしり、ご装束をびりびりと引き破りなさるので、

粟田殿、御色真青にならせ給ひて、
(父君の)粟田殿は、お顔の色が真っ青におなりになって、

あれかにもあらぬ御けしきなり。ありとある人、
茫然自失のご様子です。そこに居合わせた人は誰も、

「さ思ひつることよ。」と見給へど、
「どうせこんなことになると思っていたよ。」と御覧になっていますが、

すべきやうもなきに、御舅の中の関白殿の下りて、
どうすることもできないでいると、御伯父の中の関白殿〔藤原道隆〕が御殿を下りて、

舞台に上らせ給へば、言ひをこつらせ給ふべきか、
舞台にお上がりになりましたので、(私世継は)うまく言いなだめなさるのだろうか、

また、憎さにえ堪へず、追ひ下ろさせ給ふべきかと、
あるいはまた、憎くてたまらず、(舞台から)追い下ろしなさるのだろうかと、

かたがた見侍りしに、
どちらだろうと見ておりましたところ、

この君を御腰のほどに引きつけさせ給ひて、
(中の関白殿は)この君をお腰のあたりに引きつけなさって、

御手づからいみじう舞はせたりしこそ、
ご自身で手を取って(福足君を)立派にお舞わせになりましたのは、

楽もまさりおもしろく、かの君の御恥も隠れ、
楽の音もひときわ引き立ち風流になり、福足君の御恥も隠れ、

その日の興もことのほかにまさりたりけれ。
その日の興趣もことのほかにまさったことでした。

祖父殿もうれしとおぼしたりけり。父の大臣はさらなり、
御祖父殿〔兼家〕もうれしくお思いになっていました。父大臣〔道兼〕は言うまでもなく、

よその人だにこそ、すずろに感じ奉りけれ。かやうに、
他人でさえ、むやみに感嘆し申し上げたことでした。このように、

人のために情け情けしきところおはしましけるに、
(中の関白殿は)人に対して思いやり深いところがおありでしたのに、

など御末枯れさせ給ひにけむ。
どうしてご子孫が衰えてしまわれたのでしょう。

この君、人しもこそあれ、蛇れうじ給ひて、
この福足君は、相手もあろうに、蛇をいじめなさって、

そのたたりにより、頭にものはれて、失せ給ひにき。
そのたたりにより、頭に腫れ物ができて、亡くなってしまわれました。

※ 品詞分解はこちら
大鏡「道隆と福足君」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************