定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡の口語訳&品詞分解です。

大鏡」は平安時代後期に成立した歴史物語で、
人物ごとの業績をまとめていく紀伝体で書かれています。
大鏡では2人の老人が主に藤原道長の実績について語り合っています。

ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

大鏡『道長の豪胆』

さるべき人は、とうより御心魂の猛く、
将来偉くおなりになるはずの人は、若いときからご胆力が強く、

御守りもこはきなめりとおぼえ侍るは。
神仏のご加護も堅固であるようだと思われますなあ。

花山院の御時に、五月下つ闇に、五月雨も過ぎて、
花山院のご在位中に、五月下旬の闇夜に、五月雨の季節も過ぎたのに、

いとおどろおどろしくかきたれ雨の降る夜、
たいそう気持ち悪くざあざあ雨が降る夜、

帝、さうざうしとやおぼしめしけむ、
帝は、もの足りなくて寂しいことだとお思いになったのだろうか、

殿上に出でさせおはしまして、遊びおはしましけるに、
清涼殿の殿上の間にお出ましになって、楽しんでいらっしゃったが、

人々、物語申しなどし給うて、
人々が、あれこれの話題をお話し申し上げなどなさって、

昔恐ろしかりけることどもなどに申しなり給へるに、
昔の恐ろしかった話などに移って参りました折、

「今宵こそいとむつかしげなる夜なめれ。
(帝は)「今夜はひどく無気味な感じの夜であるようだ。

かく人がちなるだに、けしきおぼゆ。
このように人が大勢いる所さえ、不気味な感じがする。

まして、もの離れたる所など、いかならむ。
まして、遠く離れた(人気のない)所などは、どんな具合だろう。

さあらむ所に一人いなむや。」と仰せられけるに、
そのような所に一人で行けるだろうか。」と仰せになったところが、

「えまからじ。」とのみ申し給ひけるを、入道殿は、
「とても参れないでしょう。」と(みな)お答え申し上げるばかりでしたのに、入道殿〔道長〕は、

「いづくなりともまかりなむ。」と申し給ひければ、
「どこであっても必ず参りましょう。」と申し上げなさいましたので、

さるところおはします帝にて、「いと興あることなり。
そうしたことをお興じになるご性格の帝ですから、「たいへんおもしろいことだ。

さらば、行け。道隆は豊楽院、道兼は仁寿殿の塗籠、
それでは、行け。道隆は豊楽院、道兼は仁寿殿の塗籠、

道長は大極殿へ行け。」と仰せられければ、
道長は大極殿へ行け。」とお命じになりましたので、

よその君達は、便なきことをも奏してけるかなと思ふ。
(行くことを命じられなかった)ほかの君達は、「(道長公は)つまらぬことを申し上げたものだなあ。」と思っている。

また、承らせ給へる殿ばらは、御けしき変はりて、
一方、勅命をお受けになった道隆・道兼公は、お顔の色が変わって、

益なしとおぼしたるに、入道殿は、
困ったなあとお思いになったが、入道殿〔道長〕は、

つゆさる御けしきもなくて、「私の従者をば具し候はじ。
少しもそんなご様子もなくて、「私個人の家来などは連れて行きますまい。

この陣の吉上まれ、滝口まれ、一人を、
この近衛府の詰め所の下役人でも、滝口の武士でもよい、だれか一人に、

『昭慶門まで送れ。』と仰せ言給べ。
『大極殿の入口近くの昭慶門まで送れ。』と勅命をお下しください。

それより内には、一人入り侍らむ。」と申し給へば、
そこから内へは、一人で入りましょう。」と申し上げられた。

「証なきこと。」と仰せらるるに、
そこで(帝が)「(本当に行ったかどうか)証拠がないよ。」と仰せになると、

「げに。」とて、
(道長公は)「なるほど、そのとおりだ。」とおっしゃって、

御手箱に置かせ給へる小刀まして立ち給ひぬ。
(帝が)御手箱に入れておいでになっていた小刀をお借りしてお出かけになった。

いま二所も、苦む苦むおのおのおはさうじぬ。
もうお二方も、いやいやながらそれぞれお出かけになった。

「子四つ。」と奏して、
「子四つ〔午前零時半ごろ〕。」と時を奏上してから、

かく仰せられ議するほどに、丑にもなりにけむ。
こういう仰せがあって話し合ううちに(時がたって)、(出発は)丑の刻〔午前二時ごろ〕にもなったでしょう。

「道隆は右衛門の陣より出でよ。道長は承明門より出でよ。」と、
「道隆は右衛門府の詰め所から出よ。道長は承明門から出よ。」と、

それをさへ分かたせ給へば、しかおはしまし合へるに、
(帝は)行く道筋までも別々になさいましたので、そのご指示どおり三人はお出かけになりましたが……。

中の関白殿、陣まで念じておはしましたるに、
中の関白〔道隆〕は、右衛門府の詰め所まで我慢していらっしゃったものの、

宴の松原のほどに、そのものともなき声どもの聞こゆるに、
(宜秋門の外の)宴の松原のあたりで、何ともわからない声々が聞こえるので、

ずちなくて帰り給ふ。粟田殿は、
どうしようもなくてお帰りになる。粟田殿〔道兼〕は、

露台の外まで、わななくわななくおはしたるに、
(紫宸殿と仁寿殿との間にある)露台の外まで、ぶるぶるふるえながらいらっしゃったが、

仁寿殿の東面のみぎりのほどに、
仁寿殿の東側の軒下の石畳のあたりで、

軒と等しき人のあるやうに見え給ひければ、
軒と同じくらいの高さの巨人がいるようにお見えになったので、

ものもおぼえで、「身の候はばこそ、
無我夢中で、「この身が無事でございましたらこそ、

仰せ言も承らめ。」とて、おのおの立ち帰り参り給へれば、
ご命令も承りましょう(死んでは何にもならない)。」と言って、各々お戻りになりましたので、

御扇をたたきて笑はせ給ふに、
(帝は)御扇をたたいてお笑いになりましたが、

入道殿はいと久しく見えさせ給はぬを、
入道殿〔道長〕はずいぶん長くお見えにならないので、

いかがとおぼしめすほどにぞ、いとさりげなく、
どうしたのかなと(気がかりに)思っていらっしゃる折も折、全く平然と、

ことにもあらずげにて、参らせ給へる。
何でもないという様子で、(道長公は)ご帰参になった。

「いかにいかに。」と問はせ給へば、いとのどやかに、
「どうだったか、どうだったか。」とご下問になると、(道長公は)まことに落ち着いて、

御刀に削られたる物を取り具して奉らせ給ふに、
(帝にお借りした)御刀に削り取りなさったものを添えて(帝に)お差し上げになるので、

「こは何ぞ。」と仰せらるれば、
「これは何だ。」と(帝が)お尋ねになると、

「ただにて帰り参りて侍らむは、証候ふまじきにより、
「何も持たずに帰参いたしましたらそれは、証拠がございますまいと思いましたので、

高御座の南面の柱のもとを削りて候ふなり。」と、
大極殿中央の高御座の南側の柱の下のほうを削っているのです。」と、

つれなく申し給ふに、いとあさましくおぼしめさる。
(道長公は)平然と申し上げなさいましたので、(帝も)たいそう驚きあきれたこととお思いになる。

こと殿たちの御けしきは、いかにもなほ直らで、
ほかの二人の殿方〔道隆と道兼〕のお顔色は、何としてもやはり常の様子に直らず、

この殿のかくて参り給へるを、
この道長公がこうしてご帰参になったのを、

帝よりはじめ感じののしられ給へど、
帝をはじめ人々が驚嘆の声をあげてほめそやしていらっしゃるけれども、

うらやましきにや、またいかなるにか、
(この二人は)うらやましいのか、それともどんなお気持ちなのか、

ものも言はでぞ候ひ給ひける。
一言も口を開かずに控えていらっしゃった。

なほ、疑はしくおぼしめされければ、つとめて、
(帝は)それでもやはり疑わしくお思いになったので、翌朝、

「蔵人して、削りくづをつがはしてみよ。」
「蔵人に命じて、(道長の持ち帰った)削り壺を(柱に)あてがわせてみよ。」

と仰せ言ありければ、持て行きて押しつけて見給びけるに、
と仰せ言がございましたので、持って行って(柱に)押しつけて見られたところ、

つゆたがはざりけり。その削り跡は、いとけざやかにて侍めり。
少しも違いませんでした。その削り跡は、とても鮮明であるようです。

末の世にも、見る人は、なほあさましきことにぞ申ししかし。
後世になっても、(それを)見る人は、やはり驚嘆すべきことだと申したものでしたよ。

※ 品詞分解はこちら
大鏡「道長の豪胆」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************