定期テスト対策_古典_大鏡_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
大鏡の口語訳&品詞分解です。

大鏡」は平安時代後期に成立した歴史物語で、
人物ごとの業績をまとめていく紀伝体で書かれています。
大鏡では2人の老人が主に藤原道長の実績について語り合っています。

ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

大鏡『道長と隆家』

入道殿の土御門殿にて御遊びあるに、
入道殿〔藤原道長〕の土御門殿でご遊宴があったときに、

「かやうのことに、権中納言のなきこそ、
「こういう催しに、権中納言〔藤原隆家〕がいないのは、

なほさうざうしけれ。」とのたまはせて、
やはりもの足りないことだ。」とおっしゃって、

わざと御消息聞こえさせ給ふほど、
わざわざご案内を申し上げなさいましたが、その間、

杯あまたたびになりて、人々乱れ給ひて、
杯の数も重なって、人々は酔い乱れなさって、

紐おしやりて候はるるに、この中納言参り給へれば、
(お着物の)紐を解いて(くつろいで)伺候していらっしゃったところ、この中納言〔隆家〕が参上されました。

うるはしくなりて、居直りなどせられければ、
それで、(人々は)居ずまいを正して、座り直したりなどなさいましたので、

殿、「とく御紐解かせ給へ。こと破れ侍りぬべし。」
入道殿が(隆家に)、「早く(お着物の)紐をお解きなさい。興がさめてしまいそうです。」

と仰せられければ、かしこまりて啗留し給ふを、
とおっしゃったところ、(隆家公はやはり)かしこまってためらっていらっしゃるのを、

公信偕、後ろより、「解き奉らむ。」とて寄り給ふに、
〔藤原〕公信偕が、後ろから、「(私が)解いてさしあげましょう。」と言って近寄りなさると、

中納言御けしきあしくなりて、「隆家は不運なることこそあれ、
中納言殿はご機嫌が悪くなって、「この隆家は不運なことがあるとはいえ、

そこたちにかやうにせらるべき身にもあらず。」と、
そなたたちにこんなふうに扱われるはずの身ではない。」と、

荒らかにのたまふに、人々御けしき変はり給へる中にも、
荒々しくおっしゃるので、人々はお顔色が変わりなさいましたが、

今の民部偕殿は、うはぐみて、人々の御顔をとかく見給ひつつ、
中でも、今の民部偕殿〔源俊賢〕は、興奮して、人々のお顔をあれこれ見回しなさりながら、

「こと出で来なむず。いみじきわざかな。」とおぼしたり。
「きっとひと騒動起こるにちがいない。えらいことだなあ。」と思っておいでです。

入道殿、うち笑はせ給ひて、
入道殿は、お笑いになって、

「今日は、かやうのたはぶれごと侍らでありなむ。
「今日は、そのような冗談ごとはなしにいたしませんか。

道長解き奉らむ。」とて、
(隆家公のお紐は)道長が解いてさしあげましょう。」とおっしゃって、

寄らせ給ひて、はらはらと解き奉らせ給ふに、
おそばへお寄りになって、さらさらとお解き申し上げなさると、

「これらこそあるべきことよ。」とて、御けしき直り給ひて、
(隆家公は)「これこそふさわしいお扱い方ですよ。」とおっしゃって、ご機嫌もお直りになって、

さし置かれつる杯取り給ひて、あまたたび召し、
置かれていた杯をお取りになって、杯を重ねられ、

常よりも乱れ遊ばせ給ひけるさまなど、あらまほしくおはしけり。
ふだんよりも羽目を外してお遊びになったありさまなど、好ましくていらっしゃいました。

殿もいみじうぞもてはやし聞こえさせ給うける。
殿〔道長〕も(隆家公を)非常にご歓待申し上げなさったことです。

※ 品詞分解はこちら
大鏡「道長と隆家」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************