定期テスト対策_古典_和泉式部日記_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。

KEC近畿予備校では、「大阪、滋賀、京都」の高校生限定で、大学受験に役立つ勉強法をお届けしておりおます。
お得な情報も期間限定で配信しているので、こちらからLINE登録をお願いいたします。

和泉式部日記の口語訳&品詞分解です。

和泉式部日記」は平安時代和泉式部による日記です。
帥宮敦道親王との恋愛模様が和歌を交えて物語風に綴られています。

今回の場面では、恋人(為尊親王)の死を悼んでいる作者のもとに、その弟(帥宮敦道親王)から遣いが来て、和歌の交換をし、ここからやり取りが始まっていきます。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

和泉式部日記『夢よりもはかなき世の中』

夢よりもはかなき世の中を、
(はかないとされる)夢よりも(なお)はかない男女の仲を、

嘆きわびつつ明かし暮らすほどに、
嘆き悲しみ続けて(夜を)明かし(日を)暮らすうちに、

四月十余日にもなりぬれば、木の下暗がりもてゆく。
四月十日過ぎにもなったので、(葉が茂って)木陰がだんだんと暗くなっていく。

築土の上の草青やかなるも、人はことに目もとどめぬを、
築土の上の草が青々としているのも、他の人はことさら目もとめないけれども、

あはれとながむるほどに、
(私は)しみじみと感慨深いことと思って眺めているときに、

近き透垣のもとに人のけはひすれば、
(母屋に)近い透垣のもとに人の(来た)気配がするので、

たれならむと思ふほどに、
誰であろうと思っていると、

故宮に候ひし小舎人童なりけり。
亡くなった宮様〔為尊親王〕にお仕えしていた小舎人童であったよ。

あはれにもののおぼゆるほどに来たれば、
しみじみともの思いされる(ちょうどその)ときに(童が)やって来たので、

「などか久しく見えざりつる。
「どうして長らく姿を見せなかったのか。

遠ざかる昔の名残にも思ふを。」
(おまえのことを)遠くなる過去の(故宮の思い出の)よすがとも思っているのに。」

など言はすれば、「そのことと候はでは、
などと(取り次ぎの女房に)言わせたところ、「これといった用事がございませんでは、

なれなれしきさまにやと、つつましう候ふうちに、
(お伺いするのも)厚かましいことではなかろうかと、遠慮しておりますうちに、

日ごろは山寺にまかりありきてなむ。
近ごろは山寺(詣で)に出歩き申し上げて(おりまして)。

いと頼りなく、つれづれに思ひ給うらるれば、
全く頼みとするところもなく、所在なく思われますので、

御代はりにも見奉らむとてなむ、
(故宮様の)お身代わりとしてもお世話し申し上げようと思って、

帥の宮に参りて候ふ。」と語る。
(今は)帥の宮様〔敦道親王〕(のもと)に参上しております。」と話す。

「いとよきことにこそあなれ。
「たいそうよい話であるようだね。

その宮は、いとあてに、けけしうおはしますなるは。
その宮様は、とても上品で、親しみにくくていらっしゃるそうだね。

昔のやうにはえしもあらじ。」など言へば、
(おまえも)昔のようではいられないだろう。」などと言うと、

「しかおはしませど、いとけ近くおはしまして、
「そうではいらっしゃるけれど、たいそう親しみやすくていらっしゃって、

『常に参るや。』と問はせおはしまして、
『いつも(あの方〔作者〕のもとへ)参上するのか。』とお尋ねなさって、

『参り侍り。』と申し候ひつれば、
『参上いたします。』と申し上げましたところ、

『これ持て参りて、いかが見給ふとて奉らせよ。』
『これを持参して、どのように御覧になるかと言って(侍女を介して)差し上げさせよ。』

とのたまはせつる。」とて、橘の花を取り出でたれば、
とおっしゃった。」と言って、橘の花を取り出したので、

「昔の人の」と言はれて、
「昔の人の」と思わず口をついて出て(……。そうこうしているうちに)、

「さらば参りなむ。いかが聞こえさすべき。」と言へば、
(童が)「では帰参しよう。(宮様への返事は)どのように申し上げたらよいですか。」と言うので、

言葉にて聞こえさせむもかたはらいたくて、
口頭で申し上げるというのもきまりが悪くて、

「何かは。あだあだしくもまだ聞こえ給はぬを、
「いやなに。(帥の宮様は)浮気だともまだうわさされていらっしゃらないのだから、

はかなきことをも。」と思ひて、
とりとめのないことをも(申し上げて構わないだろう)。」と思って、

薫る香に よそふるよりは ほととぎす 聞かばや同じ 声やしたると
(昔の人を思い出させるという橘の花の)薫る香りにかこつけるよりは、(橘の花と縁の深い)ほととぎす(の声)を聞きたいものです、同じ声をしているかと。
(帥の宮様、亡き兄宮様への追慕の心を誘うようなまわりくどい近づき方よりも、直接お話したいものです。)

と聞こえさせたり。
と申し上げた。

まだ端におはしましけるに、
(帥の宮は)まだ(邸の)縁先にいらっしゃったところ、

この童隠れの方にけしきばみけるけはひを、
この童が物陰のあたりで(せき払いなどをして)合図をした様子を、

御覧じつけて、「いかに。」と問はせ給ふに、
見つけなさって、「どう(であったか)。」とお尋ねなさったので、

御文をさし出でたれば、御覧じて、
(作者からの)お手紙を差し出したところ、御覧になって、

同じ枝に 鳴きつつをりし ほととぎす 声は変はらぬ ものと知らずや
同じ枝に鳴いていたほととぎすだよ。声は変わらないものと知らないのですか。
(私と故宮は、同じ母を持つ兄弟です。あなたを思う心は兄宮と同じであるとおわかりにならないのですか。)

と書かせ給ひて、給ふとて、
とお書きになって、(童に)お与えになるといって、

「かかること、ゆめ人に言ふな。
「このようなことを、決して人に言うな。

すきがましきやうなり。」とて、入らせ給ひぬ。
好色めいているようだ。」と言って、(邸の奥へ)お入りになった。

※ 品詞分解はこちら
和泉式部日記「夢よりもはかなき世の中」

 

「大阪、滋賀、京都」の高校生限定!【限定動画15本!】公式LINEにて大学受験の

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************