定期テスト対策_古典_去来抄_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
去来抄の口語訳&品詞分解です。

「去来抄」は向井去来による江戸時代中期の俳論書です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

去来抄「行く春を」

行く春を 近江の人と 惜しみけり  芭蕉
(古来多くの人々がこの琵琶湖で春の過ぎ去るのを惜しんできたのだが、私もこの湖にいておぼろに霞む景色を眺めては、)春の去るのを、近江の親しい人々と惜しんだことだよ。

先師いはく、「尚白が難に、『近江は丹波にも、
先生がおっしゃるには、「尚白の批判に、『この句の近江は丹波にも、

行く春は行く年にもふるべし。』と言へり。
行く春は行く年にも置き換えられる。』と言っている。

なんぢ、いかが聞き侍るや。」
おまえは、これをどのように聞きましたか。」

去来いはく、「尚白が難、あたらず。
私去来が申すには、「尚白の非難は、正しくありません。

湖水朦朧として春を惜しむにたよりあるべし。
琵琶湖の水面がぼうっと霞んでいて、春を惜しむ心の生まれるのによりどころがあるでしょう。

ことに今日の上に侍る。」と申す。
とくに先生が眼前の景色を見たうえでの今の実感をおよみになったものです。(絶対に一語も動かせません。)」と申した。

先師いはく、「しかり。
先生がおっしゃるには、「そうだよ。

古人もこの国に春を愛すること、
昔の歌人たちもこの近江の国で春の風光を愛したことは、

をさをさ都に劣らざるものを。」
都の人が都の春を愛するのと少しも劣らなかったのになあ。」と。

去来いはく、「この一言心に徹す。
私が申すに、「今の先生の一言は深く心に感銘を与えました。

行く年近江にゐ給はば、
先生が年末に近江にいらっしゃったなら、

いかでかこの感ましまさん。
寒々とした風景に、どうしてこのような感興がお起こりになりましょうか、いや、起こりはしなかったでしょう。

行く春丹波にいまさば、
春の終わりに丹波の山里にいらっしゃったなら、

もとよりこの情浮かぶまじ。
厳しい山の風土に、惜春ののびやかな感情はもちろん浮かばないでしょう。

風光の、人を感動せしむること、
(時と場所に合った)美しい風景が、人を感動させることは、

まことなるかな。」と申す。
(古来多いことですが、)本当なのですね。」と申した。

先師いはく、「なんぢは、去来、
先生がおっしゃるには、「去来よ、おまえは、

ともに風雅を語るべき者なり。」と、
一緒に俳諧について話すに足る者だよ。」とおっしゃって、

ことさらに喜び給ひけり。
格別にお喜びになったのだった。

※ 品詞分解はこちら
去来抄「行く春を」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 公式ホームページ

<お問合せ電話番号>
[フリーダイヤル]0120-99-1919
*******************