定期テスト対策_古典_平家物語_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
平家物語『忠度の都落ち』の口語訳&品詞分解です。

都落ちした平忠度(ただのり、平清盛の弟)が、和歌の師匠である藤原俊成を訪ねて、もし和歌集を作ることがあれば自分の歌を入れてほしいと、歌を託します。

本日は前半部分です。ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

平家物語『忠度の都落ち』

薩摩守忠度は、いづくよりや帰られたりけん、侍五騎、童一人、
薩摩守忠度は、どこから(都に)引き返しなさったのだろうか、武者五騎と、童一人、

わが身ともに七騎取つて返し、五条の三位俊成卿の宿所におはして
自身を入れて七騎で引き返し、五条の三位〔藤原〕俊成卿の邸宅にいらっしゃって

見給へば、門戸を閉ぢて開かず。
(邸宅の様子を)御覧になると、門を閉じていて開けない。

「忠度。」と名のり給へば、「落人帰り来たり。」とて、
「忠度です。」とお名のりになると、「落人が帰って来た。」と言って、

その内騒ぎ合へり。
門内は(人々が)騒ぎ合っている。

薩摩守、馬より下り、みづから高らかにのたまひけるは、
薩摩守〔忠度〕は、馬から下り、自身で大声でおっしゃったことには、

「別の子細候はず。
「(ここに伺いましたのには)特別の事情はございません。

三位殿に申すべきことあつて、忠度が帰り参つて候ふ。
三位殿〔俊成〕に申し上げたいことがあって、忠度が帰って参りました。

門を開かれずとも、このきはまで立ち寄らせ給へ。」とのたまへば、
たとえ門をお開けにならなくても、門のそばまでお立ち寄りください。」とおっしゃると、

俊成卿、「さることあるらん。その人ならば苦しかるまじ。
俊成卿は、「帰って来るわけがあるのだろう。その人ならばさしつかえあるまい。

入れ申せ。」とて、門を開けて対面あり。
お入れ申し上げよ。」と言って、門を開けて対面した。

ことの体、何となうあはれなり。
その対面の様子は、なんとなくすべてが感慨深いものであった。

薩摩守のたまひけるは、「年ごろ申し承つてのち、
薩摩守がおっしゃったことには、「長年の間和歌の教えをいただいて以来、

おろかならぬ御ことに思ひ参らせ候へども、
(決してそのご指導を)おろそかなことと存じていませんものの、

この二、三年は、京都の騒ぎ、国々の乱れ、
この二、三年は、京都の騒動や、国々の乱れ(などが起こり、それが)、

しかしながら当家の身の上のことに候ふ間、
ことごとくすべてわが平家一門の身の上のことでございますので、

疎略を存ぜずといへども、常に参り寄ることも候はず。
(和歌の道を)おろそかには存じませんものの、常に伺うということもありませんでした。

君すでに都を出でさせ給ひぬ。
主上〔安徳天皇〕はすでに都をお出になってしまいました。

一門の運命はや尽き候ひぬ。
一門の運命はもう尽きてしまいました。

撰集のあるべきよし承り候ひしかば、生涯の面目に、
勅撰集が編まれるはずだということを伺っておりましたので、(私の)生涯の名誉に、

一首なりとも御恩をかうぶらうど存じて候ひしに、
たとえ一首であっても(入集の)ご恩情を受けて勅撰集への入集をかなえてもらおうと存じておりましたところ、

やがて世の乱れ出で来て、その沙汰なく候ふ条、
すぐに世の中の乱れが起こって、撰集のご命令がございませんことは、

ただ一身の嘆きと存ずる候ふ。
ただもう私自身の嘆きと存じております。

世静まり候ひなば、勅撰の御沙汰候はんずらん。
世の中が静まりましたなら、きっと勅撰集撰進のご命令もございましょう。

これに候ふ巻き物のうちに、さりぬべきもの候はば、
ここにございます巻物の中に、勅撰集に入れるのにふさわしい歌がございましたなら、

一首なりとも御恩をかうぶつて、
たとえ一首であってもご恩情を受けて(入集させていただき)、

草の陰にてもうれしと存じ候はば、
(それによって、私が)あの世ででもうれしいと思いましたならば、

遠き御守りでこそ候はんずれ。」とて、
遠いあの世からあなたをお守りするものでございましょう。」と言って、

日ごろよみ置かれたる歌どもの中に、
ふだんよんでおかれた歌の中で、

秀歌とおぼしきを百余首書き集められたる巻き物を、
すぐれた歌と思われるものを百余首書き集めなさっていた巻物を、

今はとてうつ立たれけるとき、これを取つて持たれたりしが、
今は(最後)と(都を)お立ちになったとき、これを取って持っていらっしゃったのだが、

鎧の引き合はせより取り出でて、俊成卿に奉る。
鎧の引き合わせから取り出して、俊成卿に差し上げた。

※ 品詞分解はこちら
平家物語『出家の決意』(前半)

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************