定期テスト対策_古典_無名抄_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
無名抄の口語訳&品詞分解です。
鎌倉初期歌論書で、鴨長明によって書かれました。
前回も出てきた俊恵とは長明の和歌のお師匠さんです。

ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

無名抄「深草の里」

俊恵いはく、
俊恵が言うには、

「五条三位入道のもとにまうでたりしついでに、
「五条三位入道〔藤原俊成〕のところに参上したついでに、

『御詠の中には、いづれをかすぐれたりとおぼす。
『およみになった和歌の中では、どの歌をすぐれているとお思いですか。

よその人さまざまに定め侍れど、
他の人があれこれと議論していますが、

それをば用ゐ侍るべからず。
他人の言うことを採用するのはよくありません。

まさしく承らんと思ふ。』と聞こえしかば、
はっきりとお伺いしようと思う。』と申し上げたところ、

夕されば  野辺の秋風  身にしみて  うづら鳴くなり  深草の里
 夕方になると、野辺の秋風が身にしみ入るように感じられて、
うずらが(寂しく)鳴くようだ、この深草の里では。

これをなん、身にとりてはおもて歌と思ひ給ふる。』と言はれしを、
この歌を、自分にとっては代表的な歌と存じます。』と言われたが、

俊恵またいはく、『世にあまねく人の申し侍るは、
俊恵がまた言うことには、『世間に広く人が申しますには、

 面影に  花の姿を  先立てて  幾重越え来ぬ  峰の白雲
 目の前に(満開に咲く)桜の花を思い浮かべて、
 それを求めていくつの峰を越えて来たことか。
それは実は遠山にかかる白雲だったのだが。

これをすぐれたるやうに申し侍るは、いかに。』
この歌をすぐれているように申しますのは、どうでしょうか。』

と聞こゆれば、『いさ、よそにはさもや定め侍るらん、
と申し上げると、『さあどうでしょうか、ほかではそのようにも評定しているでしょうか。

知り給へず。なほみづからは、
(私は)存じません。やはり自分では、

先の歌には言ひ比ぶべからず。』とぞ侍りし。」と語りて、
先(に申し上げた「夕されば」)の歌には比較することはできない。』ということでした。」と語って、

これをうちうちに申ししは、「かの歌は、
これについて内密に(私に)申したことには、「あの(『夕されば』の)歌は、

『身にしみて』といふ腰の句のいみじう無念におぼゆるなり。
『身にしみて』という第三句がたいそう残念に思われるのだ。

これほどになりぬる歌は、景気を言ひ流して、
これほど(の境地)になった歌は、具体的な景色や詩的雰囲気をさらりとよみ表して、

ただそらに身にしみけんかしと思はせたるこそ、
ただ言葉にせずとも(さぞ)身にしみただろうよと思わせたのこそが、

心にくくも優にも侍れ。
奥ゆかしくも優美でもあります。

いみじう言ひもてゆきて、歌の詮とすべきふしを、
(しかし、この歌は、)上手によんでいって、歌の最も大事なところとするはずの箇所を、

さはと言ひ表したれば、むげにこと浅くなりぬる。」
(「身にしみて」と)あっさりと言葉で表しているので、ひどく趣が浅くなってしまったよ。」

とて、そのついでに、「わが歌の中には、
と言って、そのついでに、「私の歌の中では、

 み吉野の  山かき曇り  雪降れば  麓の里は  うちしぐれつつ
 吉野山が一面に曇って雪が降ると、
 麓の村里では冷たい時雨が降り過ぎ降り過ぎしていくよ。

これをなん、かのたぐひにせんと思う給ふる。
この歌を、代表作の類にしようと思います。

もし世の末に、おぼつかなく言ふ人もあらば、
もし私の死んだあとで、(代表歌が)わからないと言う人もあったら、

『かくこそ言ひしか。』と語り給へ。」とぞ。
『このように言ったよ。』とお話しください。」と話した。

※ 品詞分解はこちら
無名抄「深草の里」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************