PAGE TOP


お問合せダイヤル

資料請求&お問合せ

「高2」の今だから、受験生モードへ!

国公立&難関私大(関関同立)の合格者の約70%は、高2の「冬には」に受験を意識した学習をスタートさせています。

高2の秋から高2の3月にかけて、高1~高2の学習内容をひと通り復習することができます。

高校1・2年生の重要項目を重点的に復習し、「大学入試基礎力」を備えるための講座です。

Reスタート講座の特長

入試基礎力 養成カリキュラム

KECのReスタート講座|大学入試基礎力 養成カリキュラムへ

“受験にフライング無し”受験を意識した講座設計

入試基礎力を養うために、高2の秋から高2の3月の間に、ひと通り復習できるカリキュラムになっています。受講講座(英文法・数学・数Ⅰ・古文文法・物理・科学)の開講時期がそれぞれ異なるので、段階的に学習することができます。

少人数徹底指導

KECのReスタート講座|少人数徹底指導

少人数制クラスで“生徒が参加する”双方向な授業

平均15名の少人数制クラスで授業を行うので、生徒一人ひとりの学習状況や習熟度を掴み、一人ひとりをしっかりとリードしていきます。志望校合格に直結したカリキュラムの中で、“生徒が参加する”双方向の授業を行います。

大学受験に精通したプロ講師陣

KECのReスタート講座|大学受験に精通したプロ講師陣

大学入試に熟知したプロフェッショナル講師陣

厳しい指導研修を修了し、かつ最新入試情報を熟知した受験のプロフェッショナル講師が、授業を担当。多くの合格者を育てた実績と経験で、学習指導と学習アドバイスの両面から志望校合格へと導きます。

6つの特別編成授業

高校1・2年生の重要項目を組み合わせ、入試基礎力を徹底的に固めるための特別編成授業です。

講座(英文法・数学・数Ⅰ・古文文法・物理・科学)の開講時期がそれぞれ異なるので、段階的に学習することができます。

「受験勉強の方法がわからない」「今までクラブ活動が中心だった」「高3までに一歩でも早く受験に向けた勉強を始めたい」 そんな高校2年生に最適なKEC独自のコースです。

11月開講Reスタート数学

 

教科書傍用問題集Bレベルが解けるように

国公立大、私立薬大、難関私大等への現役合格のためには、高2の間に入試数学の基礎力をつけることが絶対不可欠となる。本講座では、数ⅠAⅡBの重要分野をほぼ全て扱い、基礎能力を身につけながら苦手意識をなくし、受験数学のレベルアップを目指す。

学習項目

数Ⅰ(2次関数/図形と計量)/数A(確率)/数Ⅱ(図形と方程式/式の計算と方程式/微分/積分/三角関数)/数B(数列/ベクトル)

授業回数

標準レベル:全25回、ハイレベル:全17回
(※標準レベル:難関私大・国公立大センター向け、ハイレベル:国公立大2次向け)
冬期:前期4回・後期4回の計8回分
本科:11月・12月・1月・2月・3月の本科授業から17回分

12月開講Reスタート英文法

 

高3になるまでに英文法を固める

大学受験でもっとも重要な攻略ポイントである「英文解釈」。この「英文解釈」を高3で集中的に時間をかけて取り組むためには、「英文法」を完成させることが不可欠になる。本講座では、英文の知識・句節を中心とした英文構造を徹底的に解説する。

学習項目

不定詞/動名詞/分詞/使役・感覚動詞の構文/時制/仮定法/助動詞/比較/関係詞/接続詞/受動態/総合演習

授業回数

全18回
冬期:前期4回・後期4回の計8回分
本科:1月・2月・3月の本科授業から10回分

2月開講Reスタート数Ⅰ

 

数Ⅰが苦手でも、入試には必要

センター試験のみで数学が必要な「国公立大文系」「医療看護系大学」志望者の中には、高1以来、数Ⅰから離れ、学習した内容を忘れてしまっている人がいるのではないだろうか。本講座では、高3の4月から基礎レベルの入試問題に対応できるよう、数Ⅰを項目別にしっかりと復習。

学習項目

数と式(因数分解/平方根/1次不等式/絶対値)/2次関数(グラフと最大・最小/最大・最小[場合分け]/解の条件)/図形と計量(正弦定理・余弦定理/図形への応用)

授業回数

全7回
本科:2月・3月の本科授業から7回分

2月開講Reスタート古文文法

 

基本古語をマスターし、古文読解に臨む

「文法」「単語」「読解」と本格化し、知識面等を習得できず消化不良のまま現在に至っている高2生対象。本講座では、高3時にしっかりと読解問題に取り組めるよう、「用言(動詞・形容詞・形容動詞)、「助動詞」「基本古文単語50」を効率的にマスターできるようにする。

学習項目

用言(動詞/形容詞/形容動詞)/助動詞/基本古語50語
KECオリジナル大学受験国語用語集:「よみしるべ・かきしるべ」を使用!

授業回数

全7回
本科:2月・3月の本科授業から7回分

2月開講Reスタート物理

 

高3になってからの負担を軽減する

出題範囲が広く、国公立大志望者でも「運動方程式が思うように立てられない…」など、高3になって復習しては、負担が大きくなる。本講座では、最重要分野である「力学」を中心に、「物理基礎」の範囲だけでなく、一部「物理」の範囲も先取りし、問題解答力の底上げを図る。

学習項目

等加速度運動/水平投射・斜方投射(物理)/つり合いと運動方程式/2物体以上の運動方程式/仕事と力学的エネルギー/力積と運動量(物理)

授業回数

全7回
本科:2月・3月の本科授業から7回分

2月開講Reスタート化学

 

暗記だけに頼らない解答力を身につける

暗記だけでは解答力に結び付かない化学を得点源にするためには、高2の間に基礎項目を振り返り、確実にモノにすることがポイントとなる。本講座では、「化学基礎」分野に重点を置き、暗記だけに頼らない「化学の問題を考えて解く力」の基礎を身につける。

学習項目

モルの基本計算/化学反応に伴う計算/濃度に伴う計算/酸と塩基/酸化還元

授業回数

全7回
本科:2月・3月の本科授業から7回分

2018年 春 合格実績&合格体験談

  • 国・公立大学
  • 関関同立

[大阪大学/人間科学部]
夏休みで一番成長できた!

KECの大学受験 合格体験談|大阪大学/人間科学部

高校3年生になって部活を引退した後も私は学校の体育祭の団の幹部になっていたため、多くの勉強時間を確保できませんでしたが、体育祭が終わってからは切り替えて勉強一本に集中しました。特に夏休みで一番成長できたと感じています。KECは10時にオープンするので、10時から夜の11時までずっとKECにいました。私は数学が苦手だったので、KECの先生と相談し、KECの授業に加え、数学のセンター試験レベルの参考書を毎日解いて、苦手をつぶしていきました。夏休み明けは理科基礎や社会にも手を付け始めました。センター試験後の2次試験対策は、先生からの添削がとても大事なので、先生方にたくさん見ていただきました。

2018年 春 合格下古谷 碧さん(泉陽高校 卒)

[大阪市立大学/理学部]
辛い時に頼りになったKECが私を成長させてくれた。

KECの大学受験 合格体験談|大阪市立大学/理学部

僕は国公立大学の推薦入試で大阪市立大学に合格しました。中3の頃、志望校に届かない悔しい思いをした経験から大学受験では失敗したくない一心で、高校最初のテストから評定を上げ続け、国公立大学の推薦を受けられるよう頑張りました。少しずつ模試の結果として表れ、模試で校内1位、2位を争えるぐらいまでにレベルアップしました。また、辛い時こそ頼りになったのがKECの先生方で、生徒を奮起させるような言葉に何度も助けられました。生徒のためを思って時に厳しく接してもらい、夜遅くまで残って質問や英文和訳の細かい添削をしてくださり、先生が生徒にかけている想いというものを身に染みて感じました。受験勉強を通して「何事にも耐える力」というものを得ることができました。KECは私を成長させてくれました。

2018年 春 合格下地 俊輝さん(大阪市立高校 卒)

[滋賀医科大学/医学部]
KECで苦手科目をなくすことの大切さを学んだ。

KECの大学受験 合格体験談|滋賀医科大学/医学部

KECの良さは1クラスあたりの生徒数が少なく、先生との距離が近いことです。質問しやすく、わからない問題をその日の内に解決することができました。私は英語の成績が良くなく学校でも下位でした。しかしKECに入ってからは苦手科目をなくすことの大切さを学びました。やはり難関大学を目指すに当たって得意科目で苦手科目をカバーしようという思いは改めるべきです。この考え方で入試に臨むと得意科目に対して大きなプレッシャーとなってしまいます。苦手な英語も親身に教えてもらったおかげで試験でも足を引っ張らない実力をつけることができました。KECには全ての教科で頼りになる先生方がいるので苦手科目の克服だけでなく、得意科目を伸ばすことにも繋がります。1番大事なことは自分のやりたいことができる大学を選び、合格するために自分を信じて努力し続けることだと思います。

2018年 春 合格瀧下 琳太郎さん(石山高校 卒)

[同志社大学/心理学部]
KECで自信が持てるくらいの勉強ができた。

KECの大学受験 合格体験談|同志社大学/心理学部

私がKECに入学したのは、映像授業の予備校に通う中、映像ではなく生身の先生の授業を受けたいと思ったからです。私の中での予備校イメージは、“勉強をさせられている”というものでしたが、KECは“勉強をしたい”と思うところでした。私の過去問の点数がどんどん落ち、焦りと不安でいっぱいの1番辛かった時期に先生方が声をかけてくださり、ポジティブに頑張ろうと気持ちを切り替えることができました。その後どんどん過去問で点が取れるようになり、自分がなぜ間違えたのかを毎回解くたびに反省することが1番大切だと思いました。自信はどうやったらつくのだろうかとずっと悩み、自信が持てるくらい勉強しようと自分の中で決めました。試験当日、“この中で自分が1番賢い”と思うことはできませんでしたが、“この中で自分が1番勉強してきた”と自分に言い聞かせ、自信を持って挑むことができました。

2018年 春 合格星野 美奈さん(鳳高校 卒)

[関西大学/法学部]
KECの1番の強みは頼れる先生方がいること。

KECの大学受験 合格体験談|関西大学/法学部

KECは先生が直接授業をする形式なので実際に内容がしっかり頭に入り、先生とも良い関係を築けたりと充実した環境の中で勉強ができました。志望校合格のためにはKECに行くことが大切です。僕は家ではあまり集中が続かないタイプなので、勉強できないとすぐKECへ自習しに行きました。自習室なら誘惑してくるものもなく、効率よく勉強できました。先生方はそれぞれの志望校合格のために全力で協力してくれます。授業でわからなかった所を聞くだけでなく、自分の問題集の質問や、志望校に関する質問をしたりと、どんどん先生方に頼ってください。これがKECの1番の強みだと思います。どれだけ勉強しても学力が伸びる時期は人によって違うので自分だけ伸びていないと焦るかもしれません。焦らず自分が今できることをやり続けてください。そうすれば必ず学力は伸びていき、志望校合格に近づくと思います。

2018年 春 合格里見 龍治さん(東高校 卒)

[立命館大学/産業社会学部]
KECは少人数制なので、勉強や質問に対する解説をいつでも聞けた。

KECの大学受験 合格体験談|立命館大学/産業社会学部

何から始めていいかもわからず不安でしたが、友達から勧められKECに入ると黙々と勉強に打ち込んでいる仲間の姿がありました。KECの授業は少人数なのでわからない時にはすぐ質問でき、他の人のわからない所の解説を聞くことで自分が気付けなかったことに気付け、それもまた自分の糧になりました。私が受験勉強や実際に試験を受けて感じたことは、どの教科であっても基礎が本当に大事になってくるということです。私は立命館大学に行きたいとずっと考えていましたが、模試の結果はいつも悪く、立命館はチャレンジ校だと思っていました。KECの先生方は応援してくれ、受かるための勉強方や質問に対する解説をいつもして下さいました。そのおかげで無事志望校に合格することができました。最後までしっかりサポートしてくださった先生方には本当に感謝しています。最後まで志望校は変えず諦めなければ必ず結果はついてきます。

2018年 春 合格佐藤 優希さん(三島高校 卒)

[関西学院大学/教育学部]
偏差値43からの大逆転合格。

KECの大学受験 合格体験談|関西学院大学/教育学部

KECに入学したきっかけは、一年、二年と全く勉強をしてなくて、本当に勉強しないといけないと感じ、塾を探していたところ、友達がKECをすすめてくれ、そして入学を決めました。入学した当初は、授業についていくのがやっとで、本当に大変でした。それでも、私がやっていけたのは、どんな質問でも丁寧に教えてくれる先生方のおかげでした。志望校、関西学院大学と言っても、とても現実味のあるものではありませんでした。模試ではずっとE判定。最初の英語の偏差値は43しかありませんでした。それでも先生方の言うことを実行している内になんとか目指せるところまで来たと思えるくらいにはなりました。私が後輩に言いたいことは、志望校を決めたなら、最後まであきらめずに目指し続けて欲しいということです。KECの先生方と共にあきらめずに勉強を続ければ、自分の志望校に絶対に届きます。

2018年 春 合格川西 高雅さん(大阪市立高校 卒)