定期テスト対策_古典_源氏物語_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
源氏物語『若紫』の口語訳&品詞分解、前半です。

前回源氏物語の冒頭をご紹介しましたので、
もう少し続けて源氏物語の口語訳をあげておきます。
ぜひテスト対策にご活用ください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

源氏物語『若紫』(前半)

日もいと長きに、つれづれなれば、
(春の)日もたいそう長い上に、所在なく退屈なので、

夕暮れのいたう霞みたるに紛れて、
夕暮れ時でひどく霞がかかっているのに紛れて、

かの小柴垣のもとに立ち出で給ふ。
(光源氏は)あの小柴垣の所へお出かけになる。

人々は帰し給ひて、惟光の朝臣とのぞき給へば、
お供の者たちはお帰しになって、惟光の朝臣とのぞいて御覧になると、

ただこの西面にしも、
(目に入ったのは)ちょうど目の前の西向きの部屋に、

持仏据ゑ奉りて行ふ尼なりけり。
守り本尊をお据え申し上げておつとめしている尼君であった。

蘗少し上げて、花奉るめり。
蘗を少し巻き上げて、(女房が)仏に花をお供えしているようだ。

中の柱に寄りゐて、脇息の上に経を置きて、
部屋の中柱に寄りかかって座って、脇息の上に経文を置いて、

いとなやましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。
たいそう苦しそうに読んでいる尼君は、並ひととおりの身分の人とは思われない。

四十余ばかりにて、いと白うあてに、痩せたれど、
四十歳余りで、たいそう色白で上品で、痩せているけれども、

つらつきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、
皀のあたりがふっくらとして、目もとのあたりや、髪がきれいに切りそろえられた末も、

なかなか長きよりも、こよなう今めかしきものかなと、あはれに見給ふ。
かえって長い髪よりも、とても現代ふうで目新しいものだなあと思って、しみじみと御覧になる。

清げなる大人二人ばかり、さては童べぞ、
こざっぱりとした年輩の女房が二人ほど(いて)、そのほかに童女たちが、

出で入り遊ぶ。中に、十ばかりにやあらむと見えて、
出たり入ったりして遊んでいる。その中で、十歳くらいであろうかと見えて、

白き衣、山吹などのなえたる着て、走り来たる女子、
白い下着の上に、山吹襲の着物などでのりが落ちたふだん着を着て、走って来た女の子は、

あまた見えつる子どもに似るべうもあらず、
(そのあたりに)たくさん見えていた子供たちと似ても似つかず、

いみじく生ひ先見えて、うつくしげなるかたちなり。
たいそう成人したときの美しさが今から想像されて、かわいらしい容貌だ。

髪は、扇を広げたるやうにゆらゆらとして、
髪は、扇を広げたようにゆらゆらとして、

顔は、いと赤くすりなして立てり。
顔は、(涙を手で)こすってとても赤くして立っている。

「何事ぞや。童べと腹立ち給へるか。」とて、
「何事ですか。子供たちとけんかをなさったのか。」と言って、

尼君の見上げたるに、少しおぼえたるところあれば、
尼君が見上げている顔に、少し似ているところがあるので、

子なめりと見給ふ。
(源氏は)尼君の子であるようだと御覧になる。

「雀の子を、犬君が逃がしつる。
「雀の子を、犬君が逃がしてしまったの。

伏籠の内にこめたりつるものを。」とて、
伏籠の中に入れておいたのになあ。」と言って、

いとくちをしと思へり。このゐたる大人、
たいそう残念に思っている。先ほどの座っていた年輩の女房が、

「例の、心なしの、かかるわざをしてさいなまるるこそ、
「いつものように、うっかり者が、こんな失敗をしでかしてられるなんて、

いと心づきなけれ。いづ方へかまかりぬる。
本当に気にくわないわ。(雀の子は)どこへ行ってしまったのでしょうか。

いとをかしう、やうやうなりつるものを。
だんだんとてもかわいらしくなってきていたのになあ。

烏などもこそ見つくれ。」とて、立ちて行く。
烏などが見つけたらたいへんだわ。」と言って、立って行く。

髪ゆるるかにいと長く、めやすき人なめり。
髪はゆったりとしてたいそう長く、見た目に感じのいい人のようだ。

少納言の乳母とぞ人言ふめるは、この子の後見なるべし。
少納言の乳母と人々が呼んでいるようなのは、この子の世話役なのだろう。

尼君、「いで、あなをさなや。言ふかひなうものし給ふかな。
尼君が、「なんと、まあ子供っぽいことよ。たわいなくていらっしゃるよ。

おのが、かく今日明日におぼゆる命をば、
私の、このように今日明日に(迫ったと)思われる余命なんか、

何ともおぼしたらで、雀慕ひ給ふほどよ。
何ともお思いにならないで、雀に夢中になっておられることよ。

罪得ることぞと、常に聞こゆるを、
(生き物をいじめるのは)罪作りなことですよと、いつも申し上げているのに、

心憂く。」とて、「こちや。」と言へば、
情けないことに。」と言って、「こっちへいらっしゃい。」と言うと、

ついゐたり。つらつきいとらうたげにて、
(少女は)膝をついて座った。(少女の)顔の様子はたいそうかわいらしげで、

まゆのわたりうちけぶり、
(まだ剃り落としていない)眉のあたりはほんのりとして、

いはけなくかいやりたる額つき、髪ざし、いみじううつくし。
子供らしくかき上げた額ぎわや、髪の生え具合は、たいへんかわいらしい。

ねびゆかむさまゆかしき人かなと、目とまり給ふ。
成長してゆく先の様子を見たい人だなあと思って、(源氏は)目がとまりなさる。

さるは、限りなう心を尽くし聞こゆる人に、
そのくせ実は、このうえもなくお慕い申し上げている人〔藤壺の宮〕に、

いとよう似奉れるが、
たいそうよく似申し上げているのが、(心がひかれ、)

まもらるるなりけりと、思ふにも涙ぞ落つる。
視線もおのずととまるのだなあと、思うにつけても涙が落ちるのだった。

※ 品詞分解はこちら
源氏物語『若紫』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************

Let’s study!

KEC_塾_予備校_楠葉本校_自習室

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校 楠葉(くずは)本校の松田です。

しばらく動画の投稿にハマっていて、ブログを書いていませんでした(^_^;)

今日は、朝から自習室を掃除。その時に、「そうだ、これから夏期講座。新規受講生もいることだし、自習室の紹介をしよう!」と思いつき、筆を取ることにしました。

 

KEC楠葉本校の自習室は、事務所のすぐ隣にあります。事務所側から写した写真がコチラ。

KEC_塾_予備校_楠葉本校_自習室

楠葉本校_自習室

 

《自習室の利用時間》

平日 14:00~22:30  土日祝 10:00~22:30

夏期集中講座の open&close は後日ブログにアップしますが、朝から夜まで勉強することが可能です。

 

自習室の空席状況は、右手にある座席表で確認できます。赤色のマグネットがある状態が空席、マグネットを外すと黄色。書かれている文字は「ing…」 使用中ということですね^^

自習室利用状況

自習室利用状況

 

高校生が学校の帰りに自習室を使えるように。定期テスト前、たくさんの問題集を持ってきても大丈夫なように。

自習室には荷物置き場があります。

荷物はコチラ

荷物はコチラ

 

これから夏に向けて、外はどんどん暑くなっていきます。一方で部屋の中は空調が効いて快適。

ただ、「暑い」「寒い」って人によって感じ方が違いますよね!?そこで、自習室では「暑がりの人用」「寒がりの人用」に座席を分けています。

 

入って右側の事務所側の席は空調が当たりにくい「寒がりの人用」

事務所側の座席

事務所側の座席

 

入って左側の時計側の席は空調が当たりやすい「暑がりの人用」

時計側の座席

時計側の座席

 

自習室の座席には、掲示物がたくさん。利用時間の掲示以外に、目の前には先輩たちの合格体験談を掲示しています。

勉強に疲れたら、先輩たちの合格体験談を読んで、やる気UP!

自習室の座席

自習室の座席

 

自習室を使い終わったら、次の人のために消しゴムのカスを掃除。

利用後は...

利用後は…

 

学習習慣をつけていきたい人。グッと集中して学習に取り組みたい人。

ぜひ、KEC楠葉本校の自習室を利用してくださいね^^

 

 


夏期講座については上の画像をクリック!

KEC楠葉本校
TEL:072-850-8888