定期テスト対策_古典_枕草子_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
枕草子『村上の先帝の御時に』の口語訳&品詞分解です。
ぜひテスト対策にご活用ください!

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

枕草子『村上の先帝の御時に』

村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、
先の村上天皇の御時に、雪がひどく降ったのを、

様器に盛らせ給ひて、梅の花をさして、月のいと明かきに、
白い陶器にお盛りになって、梅の花をこれにさして、月がとても明るい夜に、

「これに歌よめ。いかが言ふべき。」と、
「これについて歌をよめ。どのようによむのがよいか。」と、

兵衛の蔵人に給はせたりければ、
女蔵人の兵衛という女房にご下命になったところ、

「雪・月・花の時」と奏したりけるをこそ、
(彼女は)「雪・月・花の時」と(『白氏文集』の一句で)お答えした、

いみじうめでさせ給ひけれ。「歌などよむは世の常なり。
この返事を、(帝は)とてもおほめになった。「(こんなとき)歌などをよむのは月並みだ。

かく、折に合ひたることなむ、
このように、その場その時にぴったり合った言葉は、

言ひがたき。」とぞ仰せられける。
容易に言えないものだ。」と仰せになった。

同じ人を御供にて、殿上に人候はざりけるほど、
同じ兵衛の蔵人をお供にして、殿上の間に誰も伺候していなかったとき、

たたずませ給ひけるに、火櫃にけぶりの立ちければ、
(帝が)たたずんでおられると、火鉢から煙が立ち上ったので、

「かれは何ぞと見よ。」と仰せられければ、見て帰り参りて、
「あれは何の煙か確かめよ。」と仰せになったので、(彼女は)見ておそばに帰ってきて、

わたつ海の おきにこがるる 物見れば あまの釣りして かへるなりけり

海の沖に漕がれている(航行している)ものを見たら、海女が釣りをして帰るところでした――赤くおこっている炭火の燠に焦げているものを見たら、それは蛙でした。

と奏しけるこそをかしけれ。蛙の飛び入りて焼くるなりけり。
とお答え申し上げたのは本当におもしろい。(実は)蛙が飛び込んで焼けているのであったよ。

※ 品詞分解はこちら
枕草子『村上の先帝の御時に』

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************

大逆転の夏 達成目標 コンテスト

KEC_塾_予備校_大逆転の夏

みなさん、こんにちは。KECの各校舎からもブログで発信されているので、すでにご存じかと思いますが、KECではを受講生一人ひとりがこの夏に達成する目標を立てて学習に臨みます。

 

「大逆転の夏 達成目標!」

受講生一人ひとりの目標が集まったチャレンジボード。せっかくの機会なので、コンテストを実施することにしました。

通っている校舎の写真に投票するのもよし。直感的に、良いなと思った写真に投稿するのもよし。勉強の合間の気分転換に1票を!

 

これらの写真はKEC各校にも掲示しています。

複数の写真に投票できますので、ぜひ、たくさんの写真を選んでくださいね^^

 

《👉投票の入力フォームはコチラから》

 

《写真①》

写真①

写真①

 

《写真②》

写真②

写真②

 

《写真③》

写真③

写真③

 

《写真④》

写真④

写真④

 

《写真⑤》

写真⑤

写真⑤

《👉投票の入力フォームはコチラから》

 

《写真⑥》

写真⑥

写真⑥

 

《写真⑦》

写真⑦

写真⑦

 

《写真⑧》

写真⑧

写真⑧

 

《写真⑨》

写真⑨

写真⑨

 

《写真⑩》

写真⑩

写真⑩

《👉投票の入力フォームはコチラから》

 

《写真⑪》

写真⑪

写真⑪

 

《写真⑫》

写真⑫

写真⑫

 

《写真⑬》

写真⑬

写真⑬

 

《写真⑭》

写真⑭

写真⑭

 

《写真⑮》

写真⑮

写真⑮

《👉投票の入力フォームはコチラから》

 


夏期講座については上の画像をクリック!