実力テスト対策

みなさん こんばんは。
寒さが少しマシにはなりました。

今日は中3の集団生、個別生を対象に
「実力テスト対策」を実施しました。

11月の初めに中学校で実力テストが
行われます。
そこで何としてもいい成績を残して
自分が本当に行きたい高校に
ギリギリではなく、余裕をもって入学
してもらいたいものです。

30(土)も実施します。
応援よろしくお願いいたします。

定期テスト対策_古典_蜻蛉日記_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
蜻蛉日記の口語訳&品詞分解です。

蜻蛉日記」は平安中期藤原道綱母によって書かれた日記です。
題にある泔(ゆする)とは、お米のとぎ汁などで髪を整えることで、そのとぎ汁を入れる容器を泔杯(ゆするつき)と言うそうです。

ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

蜻蛉日記『泔坏の水』

心のどかに暮らす日、
(兼家様が訪れて)のどかな気持ちで過ごしている日に、

かなきこと言ひ言ひの果てに、
ほんの些細なことを言い合った末に、

我も人もあしう言ひなりて、
私もあの人も(互いに)相手をあしざまに言うようになって、

うち怨じて出づるになりぬ。
(兼家様は)恨み言を言って出て行く仕儀になってしまった。

端の方に歩み出でて、をさなき人を呼び出でて、
(兼家様は)縁先のほうに歩み出て、幼い人〔道綱〕を呼び出して、

「我は今は来じとす。」など言ひ置きて、
「わしはもう来ないぞ。」などと言い残して、

出でにけるすなはち、はひ入りて、
出て行ったそのとき、(道綱は)部屋にはって入って来て、

おどろおどろしう泣く。「こはなぞ、こはなぞ。」
激しく大声を上げて泣く。(私は)「これはいったいどうしたの、何があったの。」

と言へど、いらへもせで、論なう、
と声をかけるが、(道綱は)返事もしないで(泣くので)、どうせ、

さやうにぞあらむと、おしはからるれど、
そういうことだろうと、察しはつくけれども、

人の聞かむもうたてものぐるほしければ、
人〔侍女〕が聞くのもいやで正気を失っているようなので、

問ひさして、とかうこしらへてあるに、
わけを聞くのをやめにして、あれこれ(道綱を)なだめているうちに、

五、六日ばかりになりぬるに、音もせず。
五、六日ほどになったのに、(兼家様からは)何の音沙汰もない。

例ならぬほどになりぬれば、あなものぐるほし、
いつもとは違う隔たりになったので、「ああ狂気じみていることだ。

たはぶれごととこそ我は思ひしか、はかなき仲なれば、
冗談だとばかり私は思っていたのに、(もともと)頼りない仲だから、

かくてやむやうもありなむかしと思へば、
このまま終わりになるようなこともきっとあるだろうよ。」と思うので、

心細うてながむるほどに、
心細くてぼんやりもの思いにふけっているときに(ふと見ると)、

出でし日使ひし凖坏の水は、さながらありけり。
(兼家様が)出て行った日使った泔坏の水は、そのまま(残って)あるのだった。

上に塵ゐてあり。かくまでと、あさましう、
水面にほこりが浮いている。「こんなに(なる)まで(あの人は来てくれないのだわ)。」と、あきれて、

絶えぬるか 影だにあらば 問ふべきを かたみの水は 水草ゐにけり
二人の仲は終わってしまったのですか。
せめてこの泔坏の水に映るあなたの姿でもあったら尋ねることができるのに、(あなたが残していった)形見の水には、水草が浮いていましたよ。
(あなたの姿は映らず、心中を尋ねることもできません。)

など思ひし日しも、見えたり。
などと思っていたちょうどその日に、(兼家様は)姿を見せた。

例のごとにてやみにけり。
(本心を問いただしたい思いは)いつもの調子でうやむやになってしまったよ。

かやうに胸つぶらはしき折のみあるが、
このようにひやひやするときばかりあるのが、

よに心ゆるびなきなむ、わびしかりける。
全く気の休まることもない、それがつらいのだったよ。

※ 品詞分解はこちら
蜻蛉日記「泔坏の水」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
https://www.prep.kec.ne.jp

<お問合せ電話番号>
0120-99-1919
*******************

時間がない

こんにちは

昨日は

(選挙・買い物)⇒ブログ作成⇒前日の出欠チェック・授業準備⇒web会議⇒○○高校の先生と面談⇒高2入学面談①⇒高3進路相談①⇒高2入学面談②⇒高3授業⇒高1授業⇒高3進路相談②⇒(レンタル漫画返却)

とあっという間の1日でした。確かにこんな日が続けば、皆さんがよく言う「時間がないのでできません」の気持ちはよくわかります。

しかし本当に「時間はない」のでしょうか。これを自ら解決する方法のヒントを先日の研修で学びました。昨日から解決への質問を何人かになげかけています。今日からも何人かに実践してみますね。

KEC長尾校 松本