音楽実技のある大学受験!

こんにちは!KEC近畿予備校 枚方本校 アシスタントの若松です。(^▽^)
寒くなってくるのと同時になぜか甘いものばかり食べてしまいます..
期間限定のおいしいスイーツがあったら是非教えてください!(笑)

今日は私の受験について書こうと思います。
私は小さいころから音楽の先生を目指して現在、大阪教育大学の教員養成課程音楽教育コースに通っています。♪音楽系の学科なので受験には実技が伴っていました。
音楽の実技がある受験をするにあたって自分の中で大切にしていたことは3つありました!

まず1つ目は人前で歌う&楽器を演奏する機会を増やすということです。
やっぱり緊張していると固まったり自分の成果が十分に発揮できなかったりしますよね…。
私はコンクールなどを受けたり、学校の音楽の先生や友達にミニコンサートをしたり、できる限り多くの機会を増やしていました!

2つ目は勉強と音楽はどちらも毎日少しでも触れることです。
テスト前やコンクール前などどちらかを優先しなければならない時期が必ずあると思います。
しかし、どちらも1日でも触れないでいると「なんか感覚が・・・」となっちゃいます(´;ω;`)
そうならないためにも長文を必ず1題は読む、発声をする、1回でも弾くということがとても大切です!!!


3つ目は周りと比べないことです。音楽系大学を受けるとなると音楽科の高校でない限り、周りとはかなり違ったスケジュールや環境、またはプレッシャーを背負うことになるでしょう。
でも周りと合わせることなく自分のペースでいきましょうね!!
KECの先生やアシスタントはどんな些細なことでも話を聞きますよ!(^▽^)

一緒に受験を乗り越えて憧れの大学への進学を実現させましょう!

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 公式ホームページ

<お問合せ電話番号>
[フリーダイヤル]0120-99-1919
*******************

定期テスト対策_古典_去来抄_口語訳&品詞分解

こんにちは。塾予備校部門枚方本校の福山です。
去来抄の口語訳&品詞分解です。

「去来抄」は向井去来による江戸時代中期の俳論書です。
ぜひテスト対策にお役立てください。

✿ 本文:太字、現代語訳:赤字 

去来抄「行く春を」

行く春を 近江の人と 惜しみけり  芭蕉
(古来多くの人々がこの琵琶湖で春の過ぎ去るのを惜しんできたのだが、私もこの湖にいておぼろに霞む景色を眺めては、)春の去るのを、近江の親しい人々と惜しんだことだよ。

先師いはく、「尚白が難に、『近江は丹波にも、
先生がおっしゃるには、「尚白の批判に、『この句の近江は丹波にも、

行く春は行く年にもふるべし。』と言へり。
行く春は行く年にも置き換えられる。』と言っている。

なんぢ、いかが聞き侍るや。」
おまえは、これをどのように聞きましたか。」

去来いはく、「尚白が難、あたらず。
私去来が申すには、「尚白の非難は、正しくありません。

湖水朦朧として春を惜しむにたよりあるべし。
琵琶湖の水面がぼうっと霞んでいて、春を惜しむ心の生まれるのによりどころがあるでしょう。

ことに今日の上に侍る。」と申す。
とくに先生が眼前の景色を見たうえでの今の実感をおよみになったものです。(絶対に一語も動かせません。)」と申した。

先師いはく、「しかり。
先生がおっしゃるには、「そうだよ。

古人もこの国に春を愛すること、
昔の歌人たちもこの近江の国で春の風光を愛したことは、

をさをさ都に劣らざるものを。」
都の人が都の春を愛するのと少しも劣らなかったのになあ。」と。

去来いはく、「この一言心に徹す。
私が申すに、「今の先生の一言は深く心に感銘を与えました。

行く年近江にゐ給はば、
先生が年末に近江にいらっしゃったなら、

いかでかこの感ましまさん。
寒々とした風景に、どうしてこのような感興がお起こりになりましょうか、いや、起こりはしなかったでしょう。

行く春丹波にいまさば、
春の終わりに丹波の山里にいらっしゃったなら、

もとよりこの情浮かぶまじ。
厳しい山の風土に、惜春ののびやかな感情はもちろん浮かばないでしょう。

風光の、人を感動せしむること、
(時と場所に合った)美しい風景が、人を感動させることは、

まことなるかな。」と申す。
(古来多いことですが、)本当なのですね。」と申した。

先師いはく、「なんぢは、去来、
先生がおっしゃるには、「去来よ、おまえは、

ともに風雅を語るべき者なり。」と、
一緒に俳諧について話すに足る者だよ。」とおっしゃって、

ことさらに喜び給ひけり。
格別にお喜びになったのだった。

※ 品詞分解はこちら
去来抄「行く春を」

 

*******************
“宇宙一、キミと向き合う塾・予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院

<公式HP>
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 公式ホームページ

<お問合せ電話番号>
[フリーダイヤル]0120-99-1919
*******************

進路面談開始!

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_進路面談

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校楠葉(くずは)本校の松田です。楠葉中、楠葉西中をはじめとした、くずは地域、男山地域の中学校の定期テストがようやく終わりました。

修学旅行の関係で、今は寝屋川高校の高校2年生が定期テスト真っ最中。来週、再来週から他の高校も定期テストが始まります。

昨日の高校1年生の数学の授業で確認しますと、学校の問題集を平均80%は進めているじゃないですか!?素晴らしい^^

 

 

さて、本日11月27日(土)の中学3年生の面談を皮切りに、KEC楠葉本校では冬期面談を開始します。私が担当するこの面談では、特に受験学年である高校3年生、中学3年生の受験校の相談&決定を行います。

 

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_進路面談

KEC進路面談なう。

面談の写真、こんなのしかなかった(^_^;)

 

この時期の面談は、まさに作戦会議

 

《高校3年生のみなさん》

10月の面談でも伝えましたが、私大受験のスケジューリングにおいて、①出願期間②試験日③手続きの期日を確認しましょうね。受験校で迷った場合は相談に乗ります!

 

《中学3年生のみなさん》

どの私立高校のどのコースを受験するかを、この冬の中学校での懇談で決めます。塾ではそれに先駆けて、受講生&保護者に情報をご提供しています。受験の仕組みや受験校について、不明な点も解決できます!

 

さあ、ここから追い込み本番。まだまだ伸びる。伸びてみせる!

 

 

KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院 楠葉本校 ← click here

072-850-8888