【傾向と対策】同志社女子大学の国語

京都府内に2つのキャンパスを構え、奈良県、大阪府を中心に、京都府、滋賀県からの受験生も増やしている同志社女子大学。

KEC近畿予備校の受講生の多くも同志社女子大学を受験します。

今回は、同志社女子大学の国語の出題傾向と対策をご紹介します。
<公開日:2022/06/23>

 

**講評**

現代文・評論1題と古文1題のオーソドックスなスタイル。時間的にも60分で十分にこなせる。女子大の現代文に多く見られる語彙問題、口語文法、熟語の構成等の問題も出題される。また古文においても文学史、文法、漢字の読み等の対策も必須である。看護学部の受験生用に現代文型が用意されており、2題めが語彙や知識問題を中心とした問題構成になっている。同志社女子の国語は高得点が出やすく、他科目との得点調整で15点以上下がることもあるので注意が必要。8割以上の高得点が必須である。

 

**傾向**

・制限時間=60分

・配点は原則100点 現古配分は推定1:1

・大問3問 小問は各10問程度。

・形式 すべてマーク形式

・構成(1)現代文・評論

(2)古文

 

**問題レベルや難易度**

現代文、古文とも易~標準。

80%以上が必須。

 

**対策**

・ おすすめの問題集

古文

単語帳・文学史:学校で使っているものでOK

文法:(河合塾)古文文法ドリル

読解:(河合塾)中堅私大古文

現代文

漢字:学校で使っているものでOK

読解:(河合塾)入試現代文へのアクセス

語彙:(桐原)現代文単語⇒女子大現代文では必須

過去問

一般に向けた過去問演習は公募推薦終了後から標準的な学習で十分高得点が狙える。過去問・市販のテキストを利用して演習量を増やそう。公募推薦と一般の形式が同じなので両方使用できる。古文は関大等で出題されたものや、問題集に載っているものが出題されることが多い。


E判定&D判定からの”大逆転合格体験談”を掲載しています。
下の「大逆転合格!」のバナーをタップ(クリック)してください。

KEC塾予備校-大逆転合格


******お問合せ先******

“宇宙一キミと向き合う塾予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院
https://www.prep.kec.ne.jp/
TEL:0120-99-1919
*****************