先生の本だな③

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

ウェブ授業の最終回、他校舎の生徒たちからの「ありがとう」のコメントがたくさんチャットに流れて、思わず泣いてしまいました。
ユーザー名を変えられるのですが、一人の生徒さんは「小林先生ありがとう」ってわざわざ名前を変更して「先生、名前見て!」って
40のおっさんを泣かしてどうする(感動)。

ウェブ授業でもKECの生徒たちの温かさに触れられて、たくさん助けてもらいました。この場を借りてみんなにお礼を言いたいと思います。本当にありがとう。

一方、対面授業が再開し、生徒たちの元気な顔を見られてほっとしております。
ライブ授業はやっぱりいいですね。もちろん今までと同じではありません。換気と消毒を徹底して授業をしています。
アフターコロナではなくウィズコロナ。この意識が大切と考えています。

ところでみなさん、ウイルスって何だと思いますか。
ウイルスって生きている?

なにを小林は当たり前なことをと思われるでしょうか。
ウイルスは微生物に決まっているだろう。
きっとそう思われる方が多いと思います。

けれども、じつはそう簡単ではないのです。
今日ご紹介する本はこちら。

生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)
著者は動的平行論者の福岡伸一氏
ウイルスはもちろん自己増殖をします。
「自己増殖をするシステムを備えたもの」
それが生物の定義でした。

しかしウイルスは呼吸や代謝がない。
生物特有の特徴を兼ね備えていないシステム(「系」といったほうが小林はピンときますが)なのです。

このウイルスは今までの生物観を覆すものです。

未曽有のコロナ禍です。
「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」とは孫氏の言葉。
ウイルスというものを知り、正しく恐れるということも必要かと思います。

追記
同じ講談社現代新書から『ウイルスは生きている』(中屋敷均)という本も出ています。
こちらは2016年と比較的新しい図書で、小林がまだ読んでいないものです。
読まれた方がおられましたら、ぜひとも感想を教えてください。

友人・後輩紹介キャンペーン

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

今日は大きく写真で取り上げているように友人・後輩紹介キャンペーンのご案内です。

学校の休校期間が続き、不安に思われている人も多いと思います。
けれども、学びを止めることはできませんよね。

そこでKECでは、現在友人・後輩紹介キャンペーンを実施しています。
1人をご紹介いただいたら翌々月のお月謝が10%オフ、10人ご紹介いただいたらなんと無料1か月無料となります。
11人紹介したら……?それはどうぞお問い合わせください。

KECのウェブ授業は双方向です。
撮り溜めたコンテンツを配信しているのではありません。
授業中の質問を拾いながら、生徒さんの顔を見ながら、けれどもウェブ授業を成立させています。

「こんなに学校が休みで不安だ」
「勉強で困ったことが出てきている」
進路の相談がしたい」

いろんな悩みや不安があると思います。
そんな不安を持つ方へ、ぜひともKECをご紹介いただけたらと思います。

先生の本だな

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて、今日のウェブ授業の配信を終え、今このブログを打っています。
KECのウェブ授業は撮りだめたものを流しているのではありません。
生徒さんがリアルタイムで参加する双方向のウェブ授業です。

小林が担当する国語なのですが、授業中によく質問をくださります
みんな反応も良くて小林はつくづく生徒に助けられるなと思います。
でもライブ授業がしたいですね、やっぱり。みんなと同じ教室で学べる費を楽しみにしています!

前回、「書をもって」のブログを上げましたが、同じように過去に読んだ本の中から1冊を紹介します。
今日のお勧め図書
百人一首今昔散歩

突然ですが、みなさん。平安時代の街並みはどのようなものだったと思いますか。
あるいは、その時代の自然環境は?

町の景観が変わりだしたのは近代以降の話です。
いうなれば、江戸時代までは景観の変化が緩やかで、本書は江戸時代以降の土地の古地図や古絵はがき・古写真と現在の様子を比較しつつ解説したものです。

体はstay homeしなければなりませんが、こころはstay homeしなくても自由に旅立てます。
(こころだけですよ!体はstay homeですからね!)
本書を座右に置き、百人一首に読まれたゆかりの地の今昔旅をしてはいかがでしょうか。

学習応援オンライン講座[無料]

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて、今日はタイトルの通り、オンラインでの無料授業のご案内です。

昨今の状況を鑑み、KECではウェブ授業に切り替えて生徒さんたちと共に学びの時間を持っています。

しかし、「塾には行っていない。けど勉強で困っている
という人も多いと思います。
そこでKECでは学習応援オンライン講座を設けています。
KEC生じゃなくても大丈夫です。だれでも受講することができます。
勉強で困っている方はぜひ、お友達をお誘いあわせ、お申し込みください。

詳しくは上記リンクから飛んでいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

本の紹介はまた今度しますね。

書をもって家にこもろう

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

ゴールデンウィークがゴールデンという様相ではない昨今ですが、コロナの終息を願うばかりです。
そのための活動自粛、stay homeなのですが、そのstay homeをするお供を紹介したいと思います。

今回のタイトルですがピンとくる人はセンスがいい。
とある作品のオマージュです。
まぁ、要はお勧め図書のご案内です。

今日のおすすめはこちら(不定期で小林が読んできたものを紹介していけたらなぁと思っています)。

立志・苦学・出世 受験生の社会史』(竹内洋)

著者の竹内洋は小林の恩師です。
小林は直接薫陶を受けたのですが、博覧強記とはまさにこの人という圧倒的知の巨人です。

本の内容はタイトルの通り受験生の社会史。受験史というより受験生史です。
明治からの受験制度を圧倒的なまでの資料で紐解き、受験生の今昔をあぶりだします。

「今さら明治期の受験って」と思われるかもしれません。
ですが、温故知新といいます。

今年度は大きく受験制度も変わります。
まして昨今の社会的状況です。
歴史から学ぶことも多いのではないでしょうか。

小人閑居して不善を為す

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて、ウェブ授業に切り替えて1週間。みなさん少しは慣れてきましたか。
小林はやっぱり慣れないというか、みんなと同じ教室で授業をしたいなぁと思っちゃいます。

ただ、それはそれ。
ウェブ授業でもみんなの顔が見られてうれしい限りでした。
元気もらってもらってます。ありがとう(*_ _)

ところで、今回のタイトルは少し物々しいですね。孔子の言葉です(だから写真は孔子)。
「つまらない人間は暇だと悪いことをする」というくらいの意味ですが、英語ではよく次のように訳されます。
Doing nothing is doing ill.
何もしないことは悪をなしていることである。

小林は英語の方が好きですね。

学校がなくて退屈という声も聞かれます。もちろん、それもわかります。
けれども、KECにはウェブ授業があります。
それ以外にも、苦手をつぶす時間を得られたとも考えられます。

このご時世、ついつい後ろ向きに考えがちです。
小林だってそうです。誰だってそうです。
セルフコンパッションってご存じですか。
一度調べてみてください。

「しんどいな」と思う自分もきちんと受け入れて(そこは否定してはダメ)、
けれども、今だからこそできること。
探してみてもいいんじゃないかな。

ウェブ授業やってます!

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて、大変な時期が続いておりますが皆さんお変わりありませんか。

小林はおかげさまで何とかかんとかお仕事できています。

さて、KECでは現在ウェブ授業をしております。
小林も担当の授業を順次しているのですが、今日は中学2年生さんと一緒に国語を学びました!

KEC各校舎の生徒さんが小林の授業に参加するのですが……。

いやぁ、みんなあったかい!
ウェブ授業ですが双方向で生徒さんの顔を見ながら授業ができました!

なんかねぇ、ほっとしました。
みんなの元気な顔を見られて。
みんな笑顔でね、授業を受けてくれているのがうれしくてうれしくて。

こんな時だからいろいろと不安だと思います。
それは先生たち大人も同じです。

だからこそね、今日はうれしかった。
みんなの元気な顔を見られて小林も元気をもらえました!

小林にできることは微々たるものです。
けど、みんなにできることは無限大です。
小林はみんなの人生の学びの、一つの種となりたいと思います。

みんなありがとう!!

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて、連日除菌のブログばかりを上げるのもなので、今日はテイストを変えた発信です。

今日、アシスタント生の卒業の集いを行いました(もちろん除菌には細心の注意を払って)。

今日は日ごろの感謝を込めてアシスタント生にむけてブログを上げたいと思います。
優れて個人的なブログ内容になるため、以下は色文字など使わず、小林の本音を伝えたいと思います。

●卒業するアシスタントたちへ

今まで本当にありがとう。君たちの存在は塾生だけでなく、我々スタッフにとっても心強く、頼りになる同志です(でしたとは言いません)。

小林が直接みんなとかかわるようになってからは5年かな。
けれどもみんなはもっとながく大和田本校にいて、小学生の時からKECに入塾し、高校受験、大学受験、大学院受験と乗り越えて、10年以上も我々とかかわってくれました。

みんなに助けられたことは数知れません。
アシスタント生とは不思議なもので、ついこの間まで教え子だったのが、いつの間にか頼れる存在になってくれています。
そうして思わず知らず、教師としての顔だけでない素の顔をみんなに見せてしまいます。
小林の人間くささもきっといっぱい見てきてくれて、それでもいっぱい支えてくれましたね。
本当にどうもありがとう。

みんなはこれからそれぞれの進路に旅立ちます。
不安もたくさんあると思います。
会社や職場に対する不満だって、これからいっぱいもつことでしょう。
社会の汚さ、大人の汚さにも触れるかもしれない。

けど、大丈夫。
みんななら乗り越えられると小林は思います。
みんななら大丈夫と自信をもってそう言えます。

社会人になると、きれいごとだけでは済まされなくなります。
だからこそね、先生たちはきれいごとを大事にしたいと思います。

社会人になって、疲れてしまったとき、君たちがふと帰ってこられる場所でありたい。

「ここにくればあの時と同じ。不器用だけれども生徒に保護者に実直な、そんな先生たちが変わらずにいる。ここは確かに自分のいた場所で、そして戻ってきてもいいところなんだ」

そういう場でありたいし、そういう大人でいたいと思います。

40を超えたおっさんが何をロマンティズムに浸っているんだといわれそうですが、みんなの前では腹の奥底全部さらけ出して、胸襟を開いて話ができる存在でいたい。先生たちはそう思っています。

湿っぽくお別れする気もないです。そもそもこれでお別れと思っていません。
だから、まずはいってらっしゃい!目一杯頑張ってきなさい!

そしてちょっと顔を出してみようかなと思ったら、いつだって顔を出してください。
これからもよろしく。

熱誠除菌!!

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

写真は除菌シートでドアノブを除菌してくれている様子です。

大和田本校では2階と3階には空間除菌のウイルスオフ(4カ月用)を置き、除菌シートと除菌スプレー、次亜塩素酸で適宜消毒をしています。3月11日のブログでも写真を公開しましたね。

コロナウイルスについては正しく怖がることが必要と言われますが(小林もそう思います)、みんなの安心材料が少しでも増えるならと熱誠指導に加え熱誠除菌に励んでいます。

学校がお休みの期間は大和田本校は12時から開けています。
お昼にすることがなければどうぞ自習に来てください。
この学校が休みの期間に暗記物を済ませられると、受験ではぐんと有利ですよ。

みんな頑張れ!

みなさんこんにちは。門真市・守口市の教育発信塾予備校、大和田本校の小林です。

さて今日は公立高校の受験日!それぞれが人生の大一番をかけた勝負に挑んでいます。

きっと緊張もするだろうし不安もあると思います。

けど、大丈夫!今まで学んできたことを一つ一つ答案に再現してくれているはず!
小林はC問題だろうが何だろうが、鮮やかに超えられるものをみんなに伝えてきました。

全員合格でみんなが笑顔になれますようにこんなご時世だからこそ祈ります。

いよいよ今日から本科授業も再開します(ウェブ授業も引き続き受講してもらってもOK)!
けど、塾に来るのが不安という人もいるかなと思い、上の写真をアップしています。

大和田本校本気のウイルス対策です。

特段お見せすることでもないかなとも思いながらも、このブログをご覧の方の安心材料になればなと思った次第です。

早く日常が帰ってくるといいね。