君はこの時期をどう生きるか?

こんにちは!

KEC枚方本校の小西です。

もうすっかり秋ですね、中学1年生は二学期からの定期テストの難しさに嘆き、そして3年生は五ツ木模試の結果に将来を悩みだす……

このように人生の分岐点は春ではなく、秋に訪れるのかも知れないですね。

 

 

さぁ、タイトルにもあるようにこの時期をどう生きるか。

これがテーマです。

何の?

人生の。

 

 

まだまだ自分は子供だと、人生なんて重い話は自分には関係ない。そう考えている人も結構います。

しかし、人生は生まれた瞬間から始まり、進んでいるのです。

毎秒、時計の針が進むたびに。自分の心臓の鼓動が聞こえるたびに。

 

 

もう一度、

君はこの時期をどう生きるか?

 

 

このまま自分に向かう流れに流されるのか。それともその流れに抗い、進んでいくのか。好きに決めれば良いでしょう。それも人生です。

しかし、KECはその流れに流されるもんかと

一生懸命に泥臭く抵抗する人を応援します。

自分にはできないと考える人間にはなって欲しくはなりません。

 

精神論と一蹴されそうですが、この言葉を。

不可能とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。
不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。
不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
不可能とは、誰かに決めつけられることではない。
不可能とは通過点だ。
不可能とは可能性だ。
不可能なんてありえない。

モハメド・アリ

 

KECではそんな泥臭く、あきらめの悪い人は大歓迎です。

2週間の無料体験

もやっております。

人生を切り開く時期にしましょう!

「入試担当者による説明会」

大学受験生の皆さん、いよいよ公募推薦入試が迫ってきましたね!

準備は怠りありませんか? 受ける大学が第一志望校であろうと「押さえ」であろうと、最善を尽くして試験当日を迎えましょう。涼しくなってきたので、体調に留意しつつ、日々、自分のやるべきことをコツコツと積み重ねていきましょう。

話題変わって。

KECでは毎年、いくつかの大学の「入試担者による説明会」を実施しています。9月には近畿大学、京都産業大学、龍谷大学のご担当者にお話を伺いました。

そして来たる11月3日・文化の日には、同志社大学関西大学立命館大学の3校のご担当者をお招きして、2020年度入試の特徴や注意点についてお話しいただきます(ひょっとすると「ここだけの話だけど…」なんて耳寄りのお得な情報も?)。

各校60分の説明の後、それぞれ30分間の質疑応答時間も設けています。KEC生のみならず、KECに通っていない受験生諸君にも参加していただけます。

「孫子」に「彼を知り己を知れば 百戦殆ふからず」とあるように(むろん大学は「敵」ではありませんが、合格のために通過せねばならない「関門」としての)入試について、十分な情報を手に入れておくことは重要です。「何が何でも関関同立だっ!」と考えている生徒諸君! この機会を大いに活用してくださいね。

(にゃんこ派fjk記す)

枚方本校生の合格体験談≡近畿大学経済学部≡

私がKECに入学したのは高3の春頃でした。KECに入学する決め手になったのは、少人数制の授業です。人数が少ないので、先生達は一人一人丁寧に教えてくれます。また、先生と生徒のコミュニケーションもより親密なものになるので、気軽に分からない問題や、勉強に関する質問をすることができます。

KECに入学した当初は全く英語が出来なかったので、授業について行けるか不安でしたが、とても丁寧で、一つ一つを細かく、分かりやすく教えてくれるので、少しずつ英語を理解することが出来るようになりました。

また、授業の後も分からなかったところを先生たちは親身に教えてくれたので、苦手なところも無くなっていきました。毎週の小テストで勉強習慣も身につけることができるようになり、「テストで良い点をとろう」という勉強のモチベーションも上がりました。

この少人数制授業による丁寧な授業のおかげで、苦手だった英語が一番得意な教科になりました。

自習室もとても静かで、周りの人達も集中して勉強しているので、自分のやる気もあげることができました。自宅で勉強するのと違って自習室で勉強をすることで、分からないところをすぐに先生に質問することができて、とても勉強が捗りました。

KECで学ぶことで、色々な先生や仲間達に出会うことができました。みんなと共に学ぶことが出来るKECに入学して本当に良かったです。

 

2019年春合格 田村巧さん(牧野高校卒)

枚方本校生の合格体験談≡同志社大学文学部≡

私は、中学生からKECに通っていて、二度の受験をサポートしてもらいました。中学生の時に、数学ができなくて入塾しました。先生はとても話しやすくて、丁寧でわかりやすく、成績も伸びていったので、高校でもお世話になることにしました。

高校3年生の春は、部活動との両立が大変でしたが、休んだ授業はDVDで見ることができるので授業に置いて行かれることはありませんでした。

6月頃に部活を引退し、本格的に受験勉強を始めました。夏休み中に単語系や文法などの基礎を固め、毎朝英文を音読していました。最初は、模試の結果も悪く第一志望の大学には程遠い学力でした。しかし、継続することで、秋頃には、英語の偏差値は15上がりました。

私は国語の現代文が苦手でしたが、しっかり先生の言っていることを信じて復習をすることによって、センターの直前に解き方がわかってきました。

KECは集団の塾なので、周りの友達と刺激し合い励まし合える所や、先生方に相談すると熱心に自分の進路を考えてくれる所は本当にいい所だと思います。

それと、授業の中で少し上のランクの入試問題を解いたりして自信をつけさせてくれるので、私は最後まで油断せずに勉強を続けることができました。他校の子と仲良くなれたり、休憩中に話したりして、楽しい思い出もできました。

最後に、私は本当に最初から頭が良かった訳ではありません。しかし、コツコツ勉強することは嫌いではなかったので、最後に結果を出すことができました。本当に、志望校を下げず、諦めないでいれば、成績は上がります。頑張ってください。

 

2019年春合格 麻田菜摘さん(牧野高校卒)

枚方本校生の合格体験≡京都大学薬学部≡

私が受験生活の中で大切にしていたことは無理をしないことでした。特に睡眠は十分に取るようにしていました。睡眠時間を十分に取っていたため、他の受験生と比べると、勉強時間は短かったかもしれませんが、勉強中に眠たいと思うことなく、しっかり集中できたことが総合的には良かったのではないかと思います。

そして、もう一つ大切にしていたこととが一度決めた目標は絶対に変えないということです。これは、本当に難しかったです。例えば、模試でひどい点数を出したときには目標を下げた方がいいのではないかと思うこともありました。また、私は志望と少し違う学科だったのですぐに断りましたが、他の大学のAO入試を受けないかと言われたら、少し迷ってしまう人も多いと思います。本当にそれで良いのか、第一志望はどこなのか、しっかりと考えてください。私は第一志望の受験の前に何回も受験せず、第一志望の勉強に集中できたことが合格につながったと思っています。

中学生の頃から通っているKECで、とても有り難かったのは進路指導です。適切で、具体的な選択肢を提示していただき、第一志望以外にもいろいろなアドバイスをしていただきました。

最後に、これから受験勉強するみなさんにぜひしてもらいたいことがあります。それは自分の第一志望の学校に合格した姿をイメージすることです。受験勉強がしんどいなと思っても、合格した自分の姿をイメージして頑張ってください。

 

2019年春合格 伊藤春香さん(四條畷高校卒)

3日間の勉強合宿!

KEC塾予備校_中学3年生_勉強合宿

こんにちは。KEC枚方本校の向野瀬です(:

秋の大イベントとされる3日間の勉強合宿に行ってきました!
初めてこの合宿に参加させて頂いたのですが高校受験科の中学3年生の皆さんと一緒に集中した3日間を過ごす事が出来たと思います。

初めは緊張した雰囲気でしたが、次第に打ち解けて前向きに勉強できる雰囲気になり、笑顔が増えていったのが良かったです!クラスの友達と参加すれば良い思い出になるし勉強もできるしオススメしたいなぁと感じました。

今回は初めてで参加することで精いっぱいだったのですが、次回からは合宿にきてくれた生徒の皆さんにもっといい時間を過ごせてもらえるよう努力していきたいです

個別指導メビウス 取材記事

皆さん、こんにちは。
今日は、KEC近畿教育学院・KEC近畿予備校の姉妹校である
KEC個別指導メビウスに関して情報をアップします。
(KEC個別指導メビウスは、
枚方市駅・長尾駅(枚方市)・寝屋川市駅・香里園駅・JR高槻駅・JR石山駅
近くにて開校しています。)
※交野市駅近くにても、集団クラス併設型で開講中

“ひらつー”こと”枚方つーしん”さんに、KEC個別指導メビウスを取材していただきました^_^
メビウスのこと、根掘り葉掘り、取材し記事を書いてくださっています。

ぜひご覧ください^_^

↓↓ひらつーさんの取材記事はこちらから↓↓
http://www.hira2.jp/ad/kec-20190830.html

15の夏

どうも!KEC枚方本校の524です。

夏期講習真っ只中で毎日忙しく過ごしています。

そんな中、がむしゃらにやりながらも

「どれだけやっても不安だ」

「自分が他の子たちよりできているように思えない……」

というややネガティブな言葉も時折中3生の口から聞こえます。

常にポジティブであれなんて言いません!大いに悩んで結構です!

なぜならポジティブな言動は決して強いるものではないのだから。

 

これに何の意味があるのか、自分とは何なのか……

悩んでください。

かつての名曲「15の夜」でも同じように15才の葛藤が歌われていますが、まさに君たちに贈る歌といっても過言ではありません。

歌詞の彼も、ちっぽけな自身が何者か分からず闇の中を駆け抜けます。

それと同じように、出口がないように見える苦しくて長いトンネルを精一杯駆け抜けてください。

きっと、光は射します。

今はつらくても、苦しくてもやるべきことに打ち込んでください。

 

自信をつける夏にするとともに、悩んで迷ってもがいた末に答えを見つける……

そんな自由になれた気がする「15の夏」を迎えてください

※バイクは盗まないようにしましょう(笑)

千羽鶴を折ってきました

枚方本校の佐々木です。

 

みなさんは授業だと思いますが、私は今日は休日でした。

というわけで、娘と二人で京阪宇治駅前でやっている京都アニメーションさん追悼の千羽鶴を折るイベントに行ってきました。

 

宇治市在住であること、犠牲者にお若い方が多いと聞き勝手に心が痛むことに加え、

20年くらい前は京アニさんに年賀状印刷をお願いしていたこと、

娘が高1の頃、軽音部で「けいおん!」のDon’t say lazyをコピーしていたこと、

「響け!ユーフォニアム」では我が家から徒歩1分くらいの公園が出てきて家族で盛り上がったこと、

などから、なんとなく馴染みがあります。

 

行くと、折り紙おじさんのような人がいて、苦労しない鶴の折り方を教わりました。

まず、説明を聞き、

実践するとわからなくなるので質問し、

再度トライすると、1回目よりはずいぶん習得できた感じです。

 

鶴を折りながら、逆の立場で塾と一緒やん、と思ってしまいました。

初めて聞いて実践する側は、教える側とは異なり、意外とわかっていないと改めて気付いたので、

明日からの授業で心がけていきます。

 

私の授業では、定義や普通知っているやろっていう数学の常識から説明することも多いので、みなさん自身で何故そうなるかを復習してくれると、応用力もあがってきます。

その分、細かい計算は答えを渡して解説を省略することが多いので、自分で確認してくださいね。

 

それでは、また明日。

忘れられない、夏になる

こんにちは!すっかり夏ですね!
KEC枚方本校の小西です。

今日は二点。

1.WAKUWAKU学びフェスタ夏祭りが大盛況!

去る7月14日に行われましたWAKUWAKU学びフェスタ夏祭りが大盛況のうちに幕を閉じました。
準備や宣伝期間もあまりなく、当日はどうなってしまうのだろうと少し不安でしたが、始まってしまえばなんのその、たくさんの方に参加していただきました!

↓これが輪投げのステージ

楽しそうですね♪

↓小学英会話も盛り上がりました!

↓マイクラに夢中!

と、このように来てくださった方々に少しでも楽しんで頂きたいと動いた成果がありました!

2.夏期集中講座が始まります!

KEC恒例の夏期集中講座が今年も7月25日㈭より始まります!
今年も多くの方からお申込みいただき大変感謝申しあげます!
KECで一緒に大逆転の夏を実現させましょう!