成績爆上げ⤴ の夏

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校 高校受験科(中学部)責任者の松田です。

KECの夏期集中講座

本日は、KECの夏期集中講座、
通称パワフルサマー!のご紹介です。

KEC塾予備校 中3夏期スケジュール

KEC塾予備校 中3夏期スケジュール

 

中学3年生の夏の学習時間

KECの中学3年生の夏期集中講座は
朝10時~夜9時30分
1日あたり、8時間以上学習します。

目的は夏休み明けに実施される各中学校の実力テスト。
KECの夏期集中講座は、中1中2の内容を中心に出題される実力テストに向けたカリキュラム。
対策もバッチリです。

成績爆上げ

2022年度入試をKECでがんばった中学3年生、
夏休みの学習の成果はコチラ!

北野高校合格  I.Hさん

71 ➡ 74 ポイントUP

春日丘高校合格 T.Yさん

62 ➡ 67 ポイントUP

槻の木高校合格 M.Mさん

55 ➡ 60 ポイントUP

高槻北高校合格 M.Yさん

47 ➡ 52 ポイントUP

夏期集中講座前後の
模擬試験の偏差値がぐんと伸びています

 

KECの夏期集中講座の特徴として、
どの学力層でも伸ばせるカリキュラムがあります。

 

さあ、キミもKECで成績爆上げ⤴ を実現しよう!


パワフルサマーで、第一志望校合格を実現!

《夏期集中講座についてはコチラから》 

 

****************
“宇宙一キミと向き合う塾予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院
https://www.prep.kec.ne.jp/
TEL:0120-99-1919
****************

本日(6/28)、夏期新聞チラシ折込日!

KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾

”大逆転の夏”を実現させましょう!

皆さん、こんにちは。

本日(6/28)は、新聞チラシ折込日でした!
”夏期集中講座”を中心に掲載しております。

ぜひご覧ください。

夏期集中講座の特設サイトを公開しています。
こちらも併せ、ご覧ください。
https://www.prep.kec.ne.jp/summer/

昨年は、67.8%がD判定&E判定からの大逆転合格を果たしています。
皆さんも、KECでがんばり、志望校合格を果たしてください!
「逆転合格の軌跡」を掲載中!
https://www.prep.kec.ne.jp/blog/35115

 

新聞を購読されていない方でも、見ていただけるように
下の写真をクリック(タップ)していただいてもご覧いただけます。

【京阪エリア版】

KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾 KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾

【阪急エリア版】

KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾

【近鉄&南大阪エリア版】

KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾

【滋賀エリア版】

KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾 KEC塾予備校-夏期リーフ第2弾

 

 

満点取れたよ!

みなさんこんにちは。小学生、中学生、高校生の塾予備校、高槻芝生校の小林です。
さて、今日はちょっとうれしいことがあったのでご報告です。

KECの小学校の国語の授業では漢字のテストを毎回しています。これは漢検のテキストを使ったものですが、級が標準的な級よりも一つ上になるように配っています。つまり小学6年生なら4級のテキストを持っているわけです。

当然習っていない漢字がたくさん出てきます。一つ一つ覚えていくのはやっぱり大変でしょう。

先日テストで合格点を取れず悔しくて泣いている女の子がいました。居残りして取り組んで、それでも書けなくて悔しくて。
頑張りをほめはしたのですが、彼女は泣きながら帰っていきました。
そうして今回もテストです。

前回のことがあるので小林は不安だったのですが。。。
なんと満点!
素直に感動しました。

こころのどこかで「点数を取れなくても仕方がない」と小林は思ってしまっていたのです。
ドキっとさせられました。

教師が最初からあきらめていたらダメですよね。
もちろん小林も熱誠指導をしているつもりではいます。
けど、こころのどこかでそうでなかった部分があったんですね。

一人の小学生に深く教えられた出来事でした。

数学の勉強法

こんには。 KEC近畿教育学院・高槻芝生校の吉井です。
これまで、このブログで国語の勉強法と英語の勉強法についてお伝えしてきました。
本日は数学の勉強法について考えたいと思います。
数学の最大の教科目的は思考力の育成にあると思います。従って思考力が育つような勉強方法が必要です。
小学校時代には速さや割合などの文章問題を解く時に、まず公式を覚えてから問題を解いたのではないでしょうか。
また、中学生では問題を解く前に例題を見て、その解法を理解してから練習問題を解いている人が多いと思います。
もちろん公式や例題の解法は問題を解く際に大変役に立つのですが、単に公式に当てはめて問題を解く、あるいは例題の通りに問題を解いているのではあまり思考力は働かせていないことになります。
ではどのように学習すれば思考力が働くのでしょうか?
小学生の算数問題ではまず、公式を知らない状態で問題を解いてみることです。
中学生の数学では例題の解法を見ないで例題を解いてみることです。
初めての問題でも今までの知識を駆使すれば問題を解くことが出来ます。「今までの知識を駆使して初めて問題を考える」… ここに思考力を働かせる鍵があります。
考えを巡らせて問題が解ければ「やったー」となり、大きな喜びが得られ、自信がつきます。
また問題が解けなくても、さんざん考えた後で解答を見ると、「なるほど」と納得ができてその解法が深く理解できます。
この訓練を積み重ねることが思考力の育成となり、数学力をつけることになります。
また数学力をつけるには、スポーツの技術習得と同じように出来るだけ多くの問題練習をすることも大切です。
さあ、今日からあなたもじっくりと数学の問題を解きましょう。

テスト対策の効果的な学習方法は?

みなさんこんには。KEC高槻芝生校の吉井です。
さて、KEC高槻芝生校近辺の中学校も学校の定期テストが近づいてきました。
KEC高槻芝生校でも現在、定期テスト対策勉強会を実施しています。
普段の学習はどうしても英語・数学が中心になりますので、英語・数学はすでに勉強が出来ている人も多いのではないでしょうか。
KEC高槻芝生校では普段の学習量が少ないと思われる理科・社会を中心にテスト対策勉強会を実施しています。
理科・社会は覚えることが多くなりますので、勉強したことを繰り返すことが大切です。
一度覚えるという作業をするともうすっかり覚えた気になりますが、人間の脳はコンピューターのようにはいきません。残念ながら、直ぐに忘れてしまいます。しかし、2度、3度と繰り返すと完全に頭の中に定着します。
また、覚えたことをどれくらい覚えているかをチェックすることも忘れないで下さい。
このチェックをすると結構忘れていることに気付きます・
暗記科目は 覚える → チェック → 覚え直し
この作業を小単元毎に1クールとしてこれを繰り返すことが大切です。

本日6/7は、KECの新聞チラシ折込日

”大逆転の夏”を実現させよう!

皆さん、こんにちは。

本日(6/7)は、新聞チラシ折込日です!
(近鉄沿線・南海沿線・滋賀版は6/28が折込予定日です。 )
”夏期集中講座”を中心に掲載しております。

ぜひご覧ください。

夏期集中講座の特設サイトを公開しています。
こちらも併せ、ご覧ください。
https://www.prep.kec.ne.jp/summer/

 

新聞を購読されていない方でも、見ていただけるように
下の写真をクリック(タップ)していただいてもご覧いただけます。

【京阪エリア版】

KEC塾予備校-夏期講習 KEC塾予備校-夏期講習

【阪急エリア版】

KEC塾予備校-夏期講習 KEC塾予備校-夏期講習

【近鉄&南大阪エリア版】<6/28折込チラシ>

KEC塾予備校-夏期講習 KEC塾予備校-夏期講習

【滋賀エリア版】<6/28折込チラシ>

KEC塾予備校-夏期講習 KEC塾予備校-夏期講習

 

******お問合せ先******
“宇宙一キミと向き合う塾予備校”
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院
TEL:0120-99-1919
*****************

先生、全部あってた!

こんには。KEC高槻芝生校の吉井です。
本日は私が感動を覚えた中学1年生の男子生徒についてお話ししたいと思います。

その生徒は小学5年生からKEC高槻芝生校に通ってくれています。
小学生時代は学力的にはやや厳しい生徒で、基礎問題を解くのがやっとという学力でした。
この生徒が今年中学1年生になって今は中学の学習に取り組んでいます。

先日、数学の正負の数の四則混合計算練習をしました。
この計算問題(30問)はかなり難しい問題で、成績の良い生徒でも2~3問は間違う問題でしたので、全問を正解する生徒は2~3人でしたが、彼がその中の一人でした。途中の計算式も完璧でした。

彼が「先生、全部あってた!」と言いながらこの答案用紙を見せに来たときは感動でした。
小学校時代、あんなに学力が厳しかったのに、こんな難しい計算を全問正解できるようになったかと思うと感慨深いものがありました。

私は彼が小学校の時から算数を指導していました。彼は入塾以来、基礎問題から彼には難しすぎる応用的な問題まで、根気強く問題に取り組みました。やや難しい応用問題は説明をして、正解できるまで何度も解かせました。

その努力が徐々に実り、小学6年生の中頃にはほぼ平均的な学力に達し、6年生の終わりごろにはかなり難しい応用問題も自力で解けるようになってきていました。

今年、中学に入って引き続き数学を担当していますが、確実に平均以上の学力になってきています。

子どもの体格が1~2か月では急に成長しないように、学力もすぐに伸ばすことは出来ないことが多いです。(生徒によっては短期で伸びる場合もありますが…)

しかし、地道に努力を続けていけば、やがてしっかりとした学力が身に着くようになります。
そのためにはやはり適切な指導システム、適切な教材が必要なのだろうと思います。それも早ければ早いほどいいのです。

例えば、中学2年生の終わり頃に学力的に難しいお子様をお預かりして、ややレベルの高い高校へ入学させるということは至難の業といえます。
何事も基礎が大切です。その基礎力をしっかりと鍛え上げるには、少しでも早く学習に取り組むことが大切であると実感します。

英語の勉強法

みなさん、こんには。
KEC高槻芝生校の吉井です。 今日は英語の勉強法についてお話をさせて頂きます。
英語は日本語と同じ言語に関する科目ですので、前回の国語の勉強法に共通する所も多々あります。
私たちが日本語を話せるのは1歳ごろから日本語を口に出して話そうとしてきたからです。
英語も口に出して話す(発音する)ことがまず大切です。
KEC高槻芝生校では中学の全学年で教科書の音読練習を実施しています。
この音読練習は英語を見て音読するのではなく、日本語を見て英語を言う訓練です。
みなさんも声に出して英語を発音する訓練をして下さい。
英語の文法については、多くの人は問題集を使って英語の勉強をしているのではないかと思います。
KEC高槻芝生校では問題集はメイン教材ではなく補足的な教材として使用します。
なぜならば問題集は( )を埋めたり、下線部を答えるなど部分的に答える問題が多いからです。
英語は部分的に答えてもあまり学力にはなりません。 全文を書いたり読んだりすることが大切です。 真の英語力をつけたい人は覚えた文法を使った英作(日本語を英語にする)練習を徹底的にして下さい。 英作には英語の語順、文法、単語のスペルなど英語のすべての要素が入っています。英作が出来れば英語の学力はついています。
最後に長文読解は英文の構造(主語、動詞、目的語、修飾語などの区別)を取ることと、返り読みをせずに前から読んで直訳をする練習をして下さい。
英語を得意科目にしておくと高校入試だけではなく大学入試にも大きな力となります。
さあ、英語を得意科目にしましょう。

先生、やります!

みなさんこんにちは。小学生、中学生、高校生の塾予備校、高槻芝生校の小林です。
さて、今日は小学6年生の算数のエピソードを紹介したいと思います。

突然ですがみなさん分数の計算ってどうですか。
分数の計算と言っても単に足し算引き算ではなく、
四則演算が入り混じり通分約分を駆使する計算です。

今日の授業で、ひとりの女の子がなかなか理解できず、悔しさのあまり泣き出すということがありました。
その子を別室へと案内し小林がつきっきりで見ていたのですが(授業は別の先生が進めています)。

ひとしきり泣いてもらってから、小林は「〇〇さんのタイミングで勉強を始めよう」と促しました。
そうしてしばらく泣いてから

先生、やります。

その時のをぜひとも親御さんに見てもらいたかった。
決意を奥に秘めた素敵な目をしていました。

その後分からなかったところをきちんと理解し、確実に勉強を進めることが出来ました!
思わずうれしくて親御さんにも
お父さん、聞いてください。今日こんな素敵なことがあったんですよ
とお電話差し上げてしまいました。

勉強って難しいものです。
1回聞いただけで分かるものでもない。
大事なのはあきらめないこと。

今日の子の場合、できなくて泣くというだけでも、それは勉強に向かい合っているということで、とても素敵なことです。
さらに泣くだけでなく、自分のタイミングで「やる」と口に出せたことはもっと素敵なことです。
そして、出来なかったことが出来るようになった。もっともっと素敵なことです。

KECの授業は感動に満ち溢れています。
どうぞ皆さんもお気軽に体験を受けて頂けたらと思います。

国語の勉強方法

みなさんこんにちは。小学生、中学生、高校生の塾予備校、高槻芝生校の国語科の小林です。
さて、これから数回にわたって各教科の勉強法についてお話ししたいと思います。まず今日は国語の勉強法について。

他の科目と違い国語の勉強はどう手をつけていいかイメージがわかない。
こんな人もいるのではないでしょうか。

まず大前提として国語の解答は必ず本文中に根拠があります。この根拠をあぶりだしていくことが国語の勉強となります。

●学校の授業対策

学校の授業ではどこが大切なのか先生が示してくださいます。そこで次のような学習方法をお勧めします。

学校のノート(プリント)をしっかりと取る(当たり前ですね)
②①で説明されているところについて、教科書の本文に傍線部と記号だけを付けておく
③テスト前に教科書の目を通す。
④その際傍線部について(ⅰ)どういうことか(ⅱ)なぜかの2点をノート(プリント)で確認する。

要は教科書を問題集に、ノートを解答解説冊子にしてしまうということです。重要なことですが基本的に傍線部を付けている問題は(ⅰ)どういうことか(ⅱ)なぜかの二つの観点からしか出題しません。ですからこれらをノートで抑えることで定期考査の読解問題対策とすることができます。そしてもちろん漢字など知識問題は書いて覚える。これでばっちりです!

●受験対策

(1)受験まであまり日にちがないorあまり国語ばかりを勉強していられない場合
問題集を解きます。その時に「本文の何行目にコレが書いてあって、何行目にコレが書いてあって、それらを合わせると選択しはウが正解だ」のように必ず本文に回答の根拠を求めて解きます。なんとなくで解きません。その後解説をしっかりと見て自分の根拠のおさえ方が正しかったのかどうかを確認してください。○×をつけるだけでは「やった気」になるだけで力は尽きません。

(2)受験までに時間があるor国語にある程度の時間をさける場合
(1)の方法で問題集を解くだけでなく、本文の要約を作って先生にみてもらいましょう。要約を作るのは非常に面倒くさいものですが、これを続けると非常に底堅い力を身につけることが出来ます。また、入試の記述対策にも直結します。遠回りなようでじつは一番力の付く方法です。

もちろん一番いいのはKECの授業を受けてもらうことです。KEC生でない方はまずはお気軽に体験授業受けてみて下さい。