猛烈!2次対策講座

こんにちは。茨木本校2230です。
高3高卒,国公立大志望の皆さんは,
2次試験に向けての最終調整期ですね。

KECでは例年通り,
■■国公立2次対策講座■■
を開講中です。

2230担当の数学各科は,最大4人の密着指導。
つい熱くなって,先日も2時間延長,,,
とまあ,楽しくやってます。
英国理の各科も同様,
・持てる力をいかに発揮するか
・答案をどう完成させるか
・あなたの思いを込め切れるか
と切磋琢磨しています。

前期試験までは1週間あまり。
元気に参りましょう。

次は国公立2次へ

こんにちは。茨木本校2230です。
国公立大志望の皆さんは,
センターリサーチ結果を鑑みて
出願先を決められましたでしょうか。

A判定だから楽勝とか,D判定だから無理とか,
そう簡単なものではありません。
判断おすすめポイントは
①ボーダー得点からの差
②2次試験の配点
③2次問題を解いた手応え
です。

憧れのS大,ボーダーからは−24,
2次は英数理の600点。
「−24」は600点の4%,たったの。
で,過去問やったら目標点の1割減。
2230なら「チャレンジしてみない?」です。
センター明けでまだ本調子でないこと,
今までのKECレッスンでの手応え,
あと1ヶ月で期待できる伸びしろ,
もう全部見込んで「プッシュ!」ですね。

Q大とR大で迷う,,,なんて相談も。
そんなときは「どっちも解いてみよか」です。
英語はP,数学は2230が採点します。
実力がより発揮しやすい方を選びましょう。

KECはアナタの前向きな決断を尊重します。
「国公立2次対策講座」は1/30から。
たった数人のクラスでも出血大サービス開講。
我らのファイナルメッセージを受け取ってください。
 

2次対策皮算用

こんばんは。茨木本校2230です。
KECでは国公立大志望者向けに
2次対策講座の真最中です。
 

センター試験と2次試験での得点率を比べると,
 センター試験≧2次試験
となるのが一般的です。

センターリサーチ結果を基に,昨年の合格最低点を
上回るために必要な2次試験得点を算出しましょう。
例えば,K大M学科志望のXさんの場合,
昨年の合格採点は510.0点,
センター試験換算得点が310.0点あるので,
2次試験ではあと200.0点。
2次配点が425点なので,ざっと5割でいいのです。
去年と今年で全く同じ,ではないでしょうから,
皮算用のとおりとはいかないまでも,
そう外れてもいないはずです。
このように目標得点(率)がわかれば,
へんに不安にならず,健全に対処できますね。

冬季平昌五輪も開幕し,日本勢には
いつにも増して期待が大きいようです。
KECの受験生諸君にも期待していますよ。