高卒生/大学受験 合格体験談

  • 国公立①
  • 国公立②
  • 難関私大①
  • 難関私大②

[京都府立大/文学部]
KECで人生で頑張っていく姿勢を身につけることができた

KECの大学受験 合格体験談|京都府立大/文学部

KECの先生方が生徒一人一人をよく見て下さっていた

KECで1年間を過ごして良かったと感じることは、志望校毎に選ぶことが出来、少人数制のクラスなので質問や記述の添削がしやすかったり、競い合える仲間が出来たこと、朝から晩まで約12時間自習室を利用できること、そして先生方が生徒一人一人をよく見て下さっていたということです。

地道に基礎力を築きあげ応用力を身につけ合格できた

1年間の浪人生活を通して、模試ではほとんどE判定でしたが、しっかりと授業の予習、復習をして先生方の言ったことを頭にたたき込むこと、週一回行われるチェックテストで暗記物の確認があり、それをしっかりとこなすこと、を続けて地道に基礎力を築きあげ、センターや二次試験の対策をすることによって応用力を身につけ合格できました。

受験生になる、みなさんへ

これから受験生になる、みなさんには、日々の授業を大切にすること、しっかりと基礎力を築きあげること、そして自分の志望校をしっかと研究し、たどりつくためには何が必要なのか、を日々考えながら勉強することをオススメします。最後に、一年間サポートして下さった先生方のおかげで無事合格でき、これからの人生でも頑張っていくための姿勢を身につけることができたと思います。本当にありがとうございました。

2017年 春 合格横内 久隆さん(摂津高校 卒)

[福井大学/工学部(物質・生命科学科)]
KECの先生方はあなたに全力で応えてくれます

KECの大学受験 合格体験談|福井大学/工学部(物質・生命科学科)

苦手な英語も成長することができた

KECでの授業は少人数で先生と生徒の距離が近いため、どんな些細なことでも相談し易く、的確な回答をもらうことができました。全国統一模試の結果を元に、自分の伸ばすべき所を指摘して、対策を組んでもらうことができたので、一年間伸び悩むこともなく、苦手な英語も成長することができました。英語のリスニング講座や、センターの結果を踏まえての2次対策講座など、他の予備校ではあまり見られない細かい所もしっかりと指導してくれる講座のおかげで、何の心配もなく試験に挑むことができました。

受験には「慣れ」が必要

私は、受験には「慣れ」が必要であると考えています。常に試験を意識し、試験の雰囲気に「慣れ」ること、過去問や問題集で志望校の問題に「慣れ」ること。「慣れ」により、試験本番でも緊張することなく、試験に挑むことができるのだと思います。KECでは毎週土曜日や授業の始めに行われるテストにより試験の雰囲気をイメージし易く、それぞれのレベルに合わせたテキストでの授業により試験に出る問題に自然と慣れていくことができました。そのおかげで、試験本番でもかなりリラックスした状態で挑むことができ、第一志望校合格に繋がりました。

受験勉強は必ずゴールがある

受験勉強は、長く苦しいですが、必ずゴールがあります。そのゴールを自分の第一志望校にできるように、自分の持てる力を全力でぶつけてみてください。KECの先生方はそんなあなたに全力で応えてくれます。後悔の無いように頑張って下さい。

2017年 春 合格糸魚川 大祐さん

[山口大学/工学部]
一年もがいた先に待っていたのは

KECの大学受験 合格体験談|山口大学/工学部

条件にあったKEC

「大手の予備校には全教科とらないと入れないんだ」そのことを知ったとき、宅浪もしくは個別の塾へ入塾することを考えました。人と話すことが好きな私にとって、これは究極の選択でした。どうしようか悩み、いろいろ調べた末に見つけた予備校がKECでした。立地良し、一科目から選べる授業、少人数体制など、非常に魅力的でした。だから、そこに入塾することを決めました。

予備校での素晴らしい縁

その後、予備校での浪人生活が始まり、心強い仲間たちと出会いました。それに、親身になってくれる先生たちとも出会いました。時には一人で抱えきれないプレッシャーを、友達や先生に打ち明けることで、平静を保ち続けることができました。今、予備校での人との関わりを振り返ると、素晴らしい縁を感じ、この場で出会った人たちに感謝しています。この先、成人したあともまた集まりたいです。

受験を通して成長しました

正直、私は大学生になれることが夢のようで、他の受験生より考え事をしている時間が長かったと思います。しかし、自分なりに毎日もがいて一年間過ごせたことに対しては、よく頑張りました。 KECの先生方、友人、お世話になった方々、本当にありがとうございました。また機会があれば、よろしくお願いします。

2017年 春 合格佐々木 菜未さん(追手門学院高校 卒)

[奈良教育大/教育学部]
お互い高め合っていける場所、それがKEC

KECの大学受験 合格体験談|奈良教育大/教育学部

浪人生活は辛いと聞くが、私は楽しかった

正直、浪人生活勉強は現役のときよりも何倍も大変で倍以上の時間は勉強して、本当にしんどかった。でも、KECでできた仲間たちがいたから頑張れた。よく、浪人生活は辛いとか聞くけれど、私は楽しかった。これはKECに来れたからだと思う。これがKECのいいところ。たくさんの仲間と一緒に勉強して、高め合っていける場所、それがKEC。もちろん、先生方も熱い人たちが集まっている。私は本当にKECに来て良かったと思っています。

これから受験生になる皆さんへアドバイス

  • なるべく早く勉強を始めてください。
  • 復習はしっかりしてください。地味だけど、これが大切なことです。
  • 睡眠時間は減らさないで下さい。夜遅くまで勉強すれば良いわけではありません。
  • そして最後のアドバイスです。
    一度、自分の決めた道は絶対に諦めないで下さい。自分ならできると信じてください。それが合格への第一歩です。

ちゃんと合格しました!

ところで、私が合格した話はしていませんでしたね。私は「奈良教育大学」にちゃんと合格しました!

2017年 春 合格中谷 将太さん(大阪学院大学高校 卒)

[同志社大学/経済学部]
KECのおかげで苦手な英語が想像以上に伸びていった

KECの大学受験 合格体験談|同志社大学/経済学部

基礎力を付け難しい問題も解ける力を

少人数制で授業が行われ授業外でも質問がしやすい環境、自習室の整備がきちんとされている環境に魅力を感じ、KECに入塾しました。KECの英語の授業は英文法の授業と、英文解釈の授業に分かれており、週末もチェックテストで英単語やイディオムの抜けが確認できます。1つ1つの授業やテストの予習復習をしっかりやり、その中で出た疑問を先生に聞くという形で勉強を進めていくことで、基礎力を付け難しい問題も解ける力が身に付きました

仲間に励まされたことが救いでした

KECは少人数制であるにつけ、授業中の先生が生徒に質問を投げかけたり、生徒が先生に質問できる環境も授業に取り組みやすく学ぶことが頭に入りやすかったです。受験前の時期になると、思うように点数が取れなくなったりして精神的に不安定でした。そんな時にKECの先生方や切磋琢磨してきた仲間に励まされたことは精神的に辛かった私にとって大きな救いでした。

受験を通して精神的にも成長できた

今は心から受験で第一志望に合格できて良かったと思っています。受験を通して精神的にも成長できたと思うからです。
受験は決して楽なものではありません。生半可な気持ちだとすぐ痛い目にあいます。でも、それ以上に得られるものがあります。
そんな貴重な経験をKECで過ごしませんか。

2017年 春 合格横谷 友里恵さん(小林聖心女子学院高校 卒)

[同志社大学/政策学部]
KECでの同志社英語の講座が役にたった

KECの大学受験 合格体験談|同志社大学/政策学部

KECの先生の言葉が後押しになった

入学当初は、同志社大学に憧れはありましたが、自信がなく、目指していませんでした。しかし、KECの先生が同志社大学も十分に目指せる、と言ってくれたことが後押しとなり、現役時代、受験することも考えていなかった同志社大学を目指すことを決断しました。志望校の出題傾向に合わせた勉強をすることは、大切なことだと思います。

新聞は現代文や英語の長文の読解に役立つ

志望する大学は、長文に重きが置かれていたので、毎日長文を読んでいました。色々な話題にふれておく、という面で役立ちました。同様に、現代文の先生が勧めてくれた新聞も有効でした。実際に、入試本番の英語の長文で、読んだことのある話題が出題され、大幅な時間短縮につながりました。新聞は現代文や英語の長文の読解に役立つだけでなく、政治経済の用語の復習や時事問題対策にも役立ちました。何よりも良かったのは、KECでの同志社英語の講座です。出題傾向やペース配分など色々と詳しく教えてもらったことで、入試本番でも落ち着いて受験することができ、高得点を取ることができました。

物事を深く考え、視野が広がりました

浪人して1年間勉強することを通して、物事を深く考えるようになり、視野が広がりました。記憶に残る1年になりました。

2017年 春 合格多田 篤司さん(市立東高校 卒)

[近畿大学/理工学部]
自分のやってきたこと信じ挑んだ入試

KECの大学受験 合格体験談|近畿大学/理工学部

勉強嫌いからKECで苦手分野を克服

KECに入学後、現役の時から勉強が嫌いだったのでKECの授業や雰囲気になじめるかが少し不安でした。大手の予備校とは違う少人数での授業で集中しやすいし、基本事項から細かい所もしっかり教えてくださるので、自分の苦手分野や抜けていた所を徐々に克服できました。クラスの雰囲気も良く、刺激をくれるし、より勉強のやる気が出ました。勉強嫌いだった僕も自然と勉強習慣が身につき、だんだん勉強に苦を感じなくなりました。

苦手の英語も解けるようになった

英語がとても苦手で、長文を読んでいても分からない単語ばかりで、文法も分からずサッパリ読めないことが多かったです。少しずつ単語を覚え、基本的な文法事項から入試で頻出の文法まで丁寧に教えてもらい、長文の読み方、訳し方のコツを教えてもらっているうちに、段々と長文も理解できるようになり、英文を読むスピードも速くなり、ちゃんと問題を理解して解けるようになっていきました。受験前、不安や焦りが大きくなることもありましたが、KECで学んだこと、自分のやってきたことを信じて入試本番に挑み、念願の第一志望校に合格できました。

KECは一人一人をしっかり支えてくれる場所

志望校を諦められず浪人を決意したけれど、自分の目標を達成できて本当によかったです。KECの先生方が志望校合格のために全力でサポートしていただいたおかげだと思います。KECは勉強面でも精神面でも、一人一人しっかり支えてくれる場所です。自分が本当に行きたい大学、自分の夢のために自分のできることをやってほしいと思います。最後まで諦めず、志望校合格のために頑張ってください。

2017年 春 合格小田 直季さん(山田高校 卒)

[龍谷大学/経済学部]
失敗から成功へ

KECの大学受験 合格体験談|龍谷大学/経済学部

大学受験に失敗

私は今まで、塾や予備校など、学校以外の場所で勉強したことはありませんでした。しかし、大学受験に失敗してしまい、浪人となってもう1年勉強しようと決めた時に、さすがに自宅勉強だけではいけないと思い、予備校に通うことにしました。

同じ志を持つもの同士で励まし合いながら

多数の予備校がある中、どうしてKEC近畿予備校を選んだのか。2点あります。それはまず、浪人生だけのクラスがあることです。もし高校3年生と合同のクラスだったのなら、いろいろと気まずさを感じてしまっていたかもしれません。自分と同じ失敗をしてしまった人達だけだと、そういった気まずさはなく、お互いに励ましあったり、頑張れると思ったからです。これは、志望校別にクラス分けされることにも言えます。
もう1つは少人数制です。多人数のクラスだと、授業に集中しないことができてしまいますが、少人数なので授業中はいつも、先生の目が自分に向いていて、とても緊張感を持って授業に集中することができるからです。

失敗は成功のもと

最後に、もし高校生の時に大学受験に失敗してしまって浪人になってしまっても、それが良いとは言えませんが、悪くはないと断言できます。勉強や日々の私生活への姿勢が変わります。一度失敗してしまってもその失敗が大きければ大きいほど、次は失敗しないと思い続けられることで、次の失敗から遠ざかることができるようになると思います。運良く成功できたから言えることなのかもしれませんが、「失敗は成功のもと」です。

2017年 春 合格寺村 海斗さん(長尾高校 卒)

大学受験 合格体験談 高卒生
大学受験 合格体験談 高校生
高校受験 合格体験談 中学生
中学受験 合格体験談 小学生
お申込み・資料請求・お問合せ

お申込みの流れ

  • Webフォームまたはお電話にてご連絡ください。来校希望日がございましたら、お伝えください。(ご来校いただける日程を調整します。)
  • 校舎へご来校ください。
  • ヒアリング、学習面談など、授業前の確認をさせていただきます。申し込み用紙をご記入の上、KEC事務局までご提出ください。