中学生の公開講座を実施します。

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
先日,「教科『情報』87大学が入試で使う意向 共通テスト初出題の25年度」という記事を見かけました。
「情報」が大学入試に登場するようです。
実は,大学院では電気・情報系専攻だった私。
最近,このブログ上で「Scratchでコードを書いた」という記事をあげていましたが,今回は,学生の頃を思い出して久しぶりにC言語にチャレンジしてみました。
簡単にできるフィボナッチ数列を書き出してみました。

フィボナッチ数列とは,以下のような数列です。
0,1,1,2,3,5,8,13,21,35,53…
前の2項の数字の和からできる数列です。
例えば,5番目に出てくる3は「3=2+1」,11番目に出てくる53は「13+21」です。
n番目(n≧0)のフィボナッチ数列の項をF_{n}で表すと,「F_{n+2}=F_{n+1}+F_{n}」と表されます。

簡単な規則でできているフィボナッチ数列ですが,いろんな場面で登場し,面白い性質もあります。
例えば,F_{n+1}/F_{n}の比の値。
nを大きくしていくと,いわゆる黄金数 (1+√5)/2=1.61803398…に近づいていきます。
先ほどの計算では,F17/F16でほぼ近い値になりました。
こういう計算が一瞬でできるのが,コンピュータのすごいところですね。

ところで,KECでは,9月28日(火)~10月4日(月)の1週間,授業が休講になります。
※「働き方改革」のため。
季節外れの黄金週間ですが,高槻本校では,この機会に,中1・中2・中3の無料公開講座(数学+理科)を実施します。

ご興味がございましたら,ぜひ,高槻本校までお問い合わせください。
ちなみに,今回のブログの画像は,縦・横の比を黄金比(1:約1.618…)に近づけています。

プリントあれこれ

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
先日,ワクチンの1回目を接種しに行きました。
接種の翌日には副反応で左腕が上がりにくくなりましたが,3日目には特に問題なく過ごせました。
授業を休講せずに済んで良かったです。

さて,授業に際しては,プリントを用意することが良くあります。
先日のブログで取り上げたように,小学生は秋に漢検を受験します。
ということで,「漢検対策プリントα」を作成して配布しました。

また,授業以外にもいろいろプリントを作成します。
例えば,掲示物。
大阪府公立高校(旧第1学区+α)の偏差値をランキングにして掲示しています。

ランキングといえば,先日,ブログにも上げた「大阪府公立高校を受験した人がどれくらい英検を持っていたか」の一覧表。
これをまとめて塾生に配布しました。
こんな感じ(pdf版)です⇒大阪府公立高校入試(第1学区)英検取得状況2021
塾生たちは,熱心に見ていました。

そして,台風が多いこの季節。
KECでは,暴風警報で休講になります。
在校生連絡用ブログにもあげましたが,こういう決まりです。

台風14号が近づいていますが,ぜひ,気象情報にご注意ください。

警報が出たときの対応について

KECが休校になるのは、以下の場合です。ご確認ください。

授業開始3時間前」の段階で,教室のある地域に「暴風警報」が出ている場合,休講になります。
自習室等もご利用できません。

気象情報をご確認ください。

■ 自宅学習の合間に・・・
過去の先輩達の合格体験談を学習の参考にしてください。
https://www.prep.kec.ne.jp/blog/16066

書き順

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
感染症がなかなか収まらない今日この頃。
最近「デルタ株」とよく聞きますが,デルタといえばギリシャ文字。
アルファ,ベータ,ガンマ,デルタ・・・と続きます。

小学生の算数の授業で,ギリシャ文字を紹介しました。
中学校ではπ(パイ),高校ではλ(ラムダ)やθ(シータ),ρ(ロー)などを使うようになるよ・・・
というと,塾生には新鮮だったようです。
さらに,ギリシャ文字で意表をつかれるのがその書き順。
γは右から書くし,δは下の丸から書きます。

γは,英語のrとは似て非なる文字です。
ネットで調べると,γは左から書く説の方が多そうなのですが,右から書くとrとの違いがはっきりします。
ギリシャ文字同士でも,φ(ファイ)とψ(プサイ)のように似ている文字もあるし,はっきりわかるように書くことが大事ですね。
※φは縦線を後に書きますが,ψは縦線を先に書きます。

書き順といえば,小学生は漢字の学習でよくやります。
国語担当(妻)に聞いて,なるほどと感心したことがあります。
例えば,被服の「被」の部首,「ころもへん」の書き順です。

カタカナの「ネ」に似ているころもへん。
そのため,最後の2画はネを書いてから点をつけたくなりますが,それは間違いとのこと。
ころもへんのもとの「衣」と同じ順番で書くのだそうです。

漢字といえば,KECの小学部の塾生は10月の漢字検定を受験します。
そのため,例年,9月から漢検の対策プリントも用意しています。
今年の対策プリントのタイトルは,「対策プリントα」~「対策プリントδ」に決めました。

第2回 全統記述模試 時間割のお知らせ

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の後藤です。

 

今日は9月5日(日)に実施する、第2回全統記述模試の時間割のお知らせです。

上の画像をクリック(タップ)すると拡大します。

 

数学を受験する人は文系・理系問わず、9:30から試験が開始しますので、9:10以降に教室に来てください。

数学を受験されない人は英語からの受験となりますので、11:40から試験が始まります。11:30までには必ず校舎に来ておいて下さい。

 

この夏、みなさんの努力の成果が模試の結果であらわれることを期待しています!

 

KEC近畿教育学院・予備校

石山本校

TEL077-537-5861

 

英検と漢検について【高槻本校】

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
いよいよ7月も最終日。
夏期集中講座真っ最中の今日この頃ですが,今回は,秋の検定のご案内です。
高槻本校では,8月1日(日)13:00より,英検漢検の一般受験者の受付を開始します。
※塾生の受付は既に始まっています。

※8月27日追記
高槻本校では,一般生の枠はすべて満席になりました。
多数のお申し込みを頂き,ありがとうございました。
※在校生の枠は,どの級もまだあります。
※漢検は在校生・一般生ともに枠があります。

次回,2021年第3回英検の1次試験は,2022年1月23日(日)実施です。
11月より募集を開始する予定です。

【2021年度第2回英検】
■日程
申込締切  9月3日(金)
1次試験 10月10日(日)

※KEC高槻本校が会場です。
2次試験(2~3級) 11月14日(日)
※協会指定の外部会場です。(1次試験の後に発表されます。)

■申込方法
高槻本校に一般生用申込用紙がありますので,そちらに必要事項をご記入の上,お申し込みください。
申込用紙はこんな感じです。

尚,一般生の枠は40名程度です。
枠の上限に達した時は,申込締切日より前に募集を打ち切ることがあります。

【2021年度第2回漢検】
■日程
申込締切 9月10日(金)
検定日 10月17日(日)

※KEC高槻本校が会場です。

■申込方法
英検と同様に,高槻本校に一般生用申込用紙がありますので,そちらに必要事項をご記入の上,お申し込みください。

尚,高槻本校の開校時間については,こちらをご覧ください

大逆転の夏・夏期集中講座
2ターム(8/4~)からの受講も可能です!

扇風機の力で

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校のお祭り担当の???です。
最近,エタノールのスプレーも持ち歩くようになりました。
暇を見つけては除菌に励んでいます。
この勢いで,「なにかエタノールを使った実験を・・・」と考えたのですが,このご時世,消毒液を無駄にしたくないところ。
その辺は,わりと空気を読めるマスクマンです。

さて,空気といえば,今回も空気を利用した実験です。
夏期講習も終盤に入りましたが,まだまだ講座が残っています。
川渕先生が担当している物理のテキスト。
これを,以前購入した手持ち扇風機の力で持ち上げてみましょう。


 
扇風機の風を当てるだけではテキストを持ち上げることはできませんが,ビニール袋を使うとそれが可能です。
圧力と面積の積が力です。
力が作用する面積を大きくすれば,小さな圧力でも大きな力を出せます。
そのため,扇風機の弱い風圧でもテキストを持ち上げることが出来ました。
クレーンなどの油圧機器で同じ原理が使われています。

高槻本校の夏期講習は,まだまだ講座が残っています。
この実験,残っている講座のテキストを何種類か使う予定でした。
しかし,リハーサルであまり上がらなかったので物理だけを持ち上げています。

実は,この実験。
元ネタに利用した本では「ビニール袋に息を吹き込んで人を持ち上げてみよう」と紹介されていました。
「さすがにこのご時世,息を吹き込むのはちょっと・・・」ということで,今回,扇風機に変えて実験してみました。
その辺は空気を読んだのですが,いずれ「息を吹き込んで人を持ち上げる実験ができる日が来てほしい」と消毒に励んでいます。

・・・このマスクは口から呼吸ができないのですが。

☆???の微妙な実験動画シリーズ☆
1 折れる割りばし
2 踊る十円玉
3 縮む腕
4 浮き上がる紙
5 凍らせた麦茶
6 つながる輪
7 ほうきの重心

サイン・コサインって・・・

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
高槻本校は,8月14日(土)~17日(火)の4日間,お休みを頂いています。
8月18日(水)から,夏期講習の第3タームを開講します。

夏期講習の前半期間,小学生の塾生から,こんなことを言われました。
「先生,サイン・コサインって,いつ使うん?」
サイン・コサインを習うのは高校の数IA。
小学生がそれを知っているのは優秀ですが,しかし,この発言には,「サイン・コサインを習って何の役に立つの・・・」といったニュアンスも含まれる気がします。

サイン・コサインは,もちろん,とても重要な関数です。
一例を挙げると,大学の専攻によっては数学で「フーリエ級数」を習います。
ざっくりいうと,いろんな関数を三角関数の和で表す技です。
例えば,こんな関数も近似できます。

上記の形のグラフは,細かい議論は抜きにして,
sin x + (sin3x)/3 + (sin5x)/5 + ・・・ + {sin(2n-1)x}/(2n-1) + ・・・
という無限級数の和を利用することで近似できます。
実際に,sin x,sin x +(sin3x)/3,sin x + (sin3x)/3 + (sin5x)/5,と少しずつ項を増やしてグラフを描くと,だんだん目的の関数に近付くようすがわかります。
ということで,恒例のScratchで表現してみました。
n=1,n=2,n=3,n=4,n=10,n=50の場合を順に描いています。
 


 
 
手計算でこんなことをするのは大変ですが,さすがコンピュータ。
難なくこなします。
Scratchは子ども向けのプログラミング言語ですが,三角関数はあらかじめ用意されています。

ところで,例の塾生の発言。
「サイン・コサインって,いつ使うん?」ですが,実は,続きがあります。
「・・・って,陣〇のネタで言ってた。」
質問ではなく,まさかの報告でした。
ただ,いずれ本当に「いつ使うん?」と思う日が来るかもしれません。
そこで,お休み中にグラフを作成してみました。
こんな感じで(?),第3ターム開講に向けての準備は万端です。

/*Scratchでコードを書いてみたシリーズ*/
1 楕円の焦点
2 放物線の焦点
3 ドップラー効果
4 光の屈折
5 転がる円の軌跡
6 動点P
7 曲技飛行
8 さいころの目が一致

休校のお知らせ【高槻本校】

こんにちは。KECの塾・予備校部門,高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
私は生まれが高槻市で,小学校に入学する直前まで住んでいました。
その頃に通っていたのが,JR高槻駅の近くの磐手(いわて)保育所。
関西大学の高槻ミューズキャンパスも近くにあり,私が通っていた数十年前とはずいぶん雰囲気が変わっています。
先日,たまたま塾生の1人が同じ磐手保育所出身だと判明しました。
その日以降,その塾生のことを「後輩!」と呼んでいます。

さて,KEC高槻本校は,8月14日(土)~17日(火)の4日間,お休みを頂きます。
この期間は,自習室の利用や,英検・漢検の受付もできません。
8月18日(水)は,朝10時から開校します。
開校予定の詳細については,こちらをご覧ください。
※阪急エリアの各校の状況はこんな感じです。

お休みといっても,なかなかお出かけできないこのご時世。
自宅学習に励む人も多いかと思いますが,勉強の合間に,ぜひ,過去の先輩の合格体験談を参考にしてください。
きっと刺激になると思います。
ちなみに,私は後輩の塾生と磐手保育所の思い出話を・・・
といっても昔すぎて何も覚えていない(!)ので,ふつうの受験情報をお伝えしています。