個別指導第1ターム終了。

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

本日は7月31日(土)。7月が終わりですね。本当に早いです。

昨日で個別指導は夏期講習第1タームが終了しました。

なので、今日は空き日になるのですが、中学3年生の個別指導生は自習に来ております。

実は、『暗記マラソン』という、ひたすら暗記してテストする

という講座があるからなのです。

下の写真はその風景です。この時で5時間近く頑張っていますね。

 

 

黙々と頑張って覚え、何とかテストに合格しようとする姿勢がとても良いですね!

確かに「今日もおいで」とは言いましたが、あくまで自習的に来ています。

だからこそ、今日来てくれている生徒の頑張りがとても嬉しいです。

でも、甘く採点することはないですけどね。

 

8月2日(月)から個別指導は第2タームが始まります。

新たな気持ちで頑張りましょう!

 

 

KEC近畿教育学院・予備校

TEL077-537-5861

【父親・母親セミナー開催いたします】高校・大学入試改革とは

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

大津市の中学校では期末テストも終わり、いよいよ入試結果を左右する夏を迎えます。

入試といえば、2021年度入試より大学入試が大きく変わりました。

大学入試センター試験が廃止され、新たに「大学入学共通テスト」が導入されました。

保護者の方々には、新大学入試制度を知っていただいた上で、

今後のお子様の学力アップに向けて備えていただきたいと思い、

この度「父親・母親セミナー 高校・大学入試改革とは」を開催いたしますので、

奮ってご参加ください!

 

日時:7月10日(土)10:30~12:00

場所:KEC近畿教育学院・予備校 石山本校

参加費:無料

 

 

 

 

 

 

 

下記のお電話番号からお申し込みいただけます。

 

KEC近畿教育学院・予備校

石山本校

TEL077-537-5861

【グリムスクール】なぜなぜ?どうして?

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

これまで何度か【グリムスクール】について、ブログを書きました。

今回は『なぜなぜ?どうして?』という作戦についてお話します。

(作戦とは何か?については、過去の記事をお読みください)

 

これは、

「人物の行動や気持ちなどの理由についての問題が書かれたカードを、

本で調べながら、本の言葉を使って答えていく」

作戦です。

 

 

昨日と本日で、上級コースで行いました。

さすが上級コースです。一筋縄ではいかない問題が多くあります。

それでも、何年も通ってくれている生徒はどんどん解いていきます。

途中、抜けている言葉があったとしてもすぐに修正してくれます。

理由を答える問題は、中学校に進学してからもっと大切になってくる力です。

それを今のうちに経験できるのは大きなことだと思います。

”~から”、”~ので”、”~ため”といった理由を聞かれた時の締め方や、

句点の必要性も学んでいきます。

 

初めての方は、夏期講習にて教材費のみで受講いただけます。

日程は

初級:

7月26日、27日、28日の15:40~16:40の3日間、

8月4日、5日、6日の11:10~12:10の3日間

 

中級:

7月26日、27日、28日の17:10~18:10の3日間、

8月4日、5日、6日の12:40~13:40の3日間

 

を予定しております。

この機会にぜひ【グリムスクール】を体験してみてください!

 

 

石山本校

TEL077-537-5861

【グリムスクール】問題文を読む大切さ

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

昨日、【ちょっと気になったこと】としてグリムスクールのでの出来事をお話しましたが、

本日も考えさせることがあったので、書こうと思います。

 

昨日もお伝えしたように、

グリムスクールには72種類の”作戦”が用意されており、

毎回の授業でその中から3つ実施します。

 

 

 

 

 

 

 

今日の作戦のひとつに、『様子はどうどす?という作戦がありました。

人物や場面の様子についての問題にについて、

「どんな~でしたか?」「どんな様子でしたか?」という問いの答えが穴埋めになっており、

課題本で調べながら、本の言葉を書き抜くというものです。

そこで気になったのが、いきなり答えの穴埋めから注目していることです。

問題文にある言葉や場面については、それが載っているページが示されています。

そのため、問題文を読まずにそのページを見にいってしまって、

穴埋め前後の言葉のみを手掛かりに答えを見つけ出そうとします。

そのため、助詞を変えられただけで答えを見つけられなくなります。

なるべく簡単に見つけたい気持ちはわかります。

でも、この作戦を通じて、問題文をしっかり読む大切さを学んでほしいです。

それは、きっと国語だけでなく他の科目にも好影響を及ぼすはずです。

そして、小学校だけでなく、中学校に入学してからも活かされると思います。

 

この夏、グリムスクールの体験講座を受けてみませんか。

問題文をしっかり読み、理解して、解く楽しさをこの夏に体験してみましょう!

 

 

KEC近畿教育学院・予備校

石山本校

TEL077-537-5861

【グリムスクール】ちょっと気になったこと

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

少し前にもグリムスクールについては【グリムスクール上級コース】で書きましたが、

本日少し気になったことがあったので、そのことを書こうと思います。

 

グリムスクールには、本がニガテな子でも、楽しみながら成長できる!

72種類の”作戦”が用意されています。毎回の授業でその中から3つ実施します。

 

 

 

 

 

 

 

内訳は「軽く」、「深く」、「楽しく」です。

そして、今日の授業の「深く」の作戦は、

『こそあど、どこだ?』という「これ」「それ」「あれ」「どれ」などが、

どの言葉や内容を指し示しているのか、課題本から調べて書き抜く作戦でした。

その作戦の中で「現場のようすを撮影する」が答えの問題があったのですが、

複数の生徒が「現場のようす撮影する」と書いたことにより、

1文字足りないので間違っているのかと随分と悩んでおりました。

(ちょうど”ようす”と”撮影”の間で改行があったので間違いに気づきにくかったようです)

本の言葉をそのまま書き抜く問題なので、その通りに書けば正解なのですが、

普段読むときに『を』を抜かすことが多い場合、書く時も抜かしてしまうのだと思います。

グリムスクールでは、こういう間違いにも気づいてアドバイスすることもできますし、

お子様も自分自身で気づいて直すきっかけにもなります。

普段、何となく読んでいるだけでは分からないことも、じっくり読むことによって、

見えてくるものもあるはずです。

 

この夏、グリムスクールの体験講座を受けてみませんか。

1冊の本をじっくり読む楽しさをこの夏に体験してみましょう!

 

 

KEC近畿教育学院・予備校

石山本校

TEL077-537-5861

グリムスクール上級コース

みなさん、こんにちは!

KEC近畿教育学院・予備校 石山本校の小原です。

 

グリムスクールでは、毎月一冊の本を丁寧に読み込んでいきます。

たくさんの良質な読書な読書体験を積み重ねながら、

読書を楽しむ力を育て、すべての科目の土台となる国語力を高めていくわけです。

 

グリムスクールは、初級コース・中級コース・上級コースと分かれており、

初級コース”読書を好きになる”こと、

中級コース”読書を広げる”こと、

上級コース”読書を深める”ことを目標にしております。

 

今日は上級コース6月授業の1回目なので、新しい本を読み進めていきました。

池上彰さんの『ニュースの現場で考える』という本です。

池上さんの初の自伝的エッセイで、新聞記者に憧れた少年時代からNHKに入社。

その後、事件・事故の現場を歩きながらニュースキャスターとして活躍するまでが綴られています。

 

上級コースが初級・中級コースと違うのは、もちろんページ数の違いもありますが、

このようなノンフィクションの本を読んでいくことです。

上級コースでは、さまざまなテーマの本を読み、考える経験を積み重ねます。

上級コースの対象は小学5~6年生ですが、4年生から上級コースに通われた方も居られました。

 

もちろん、石山本校では上級コースだけでなく、初級コース・中級コースも開講しており、

小学2~6年生まで通われております。

 

そして、夏休みに無料の体験クラスを開講いたします!

ご興味を持たれた方は是非お問い合わせください。

学年によって、大体のコースは決まっておりますが、

読書状況などによりご案内するコースが変わってきます。

そのため、いちどご来訪いただき、

グリムスクールの詳しいご説明や実際に読む本を手に取っていただければと思います。

 

KEC近畿教育学院・予備校

石山本校

TEL077-537-5861

しれっと!

KEC_塾_予備校_布施本校_東大阪市_大阪市_タイトル【夏期_小学生_計算特訓】

皆さん、こんにちは。

KECの塾・予備校で、布施本校(東大阪市)の山田です。
8月は、皆さん(?)ご存知の通り、誕生日なのでいい月です!

しれっと改めて投稿していきますね…

 

さて、コレ!

KEC_塾_予備校_布施本校_東大阪市_大阪市_小学生 計算特訓KEC_塾_予備校_布施本校_東大阪市_大阪市_小学生 計算特訓

KEC_塾_予備校_布施本校_東大阪市_大阪市_小学生 計算特訓

お、1位ですね。すごい!

これ何かというと、iPadを利用した計算特訓です!

算数の授業内では、単元の導入や一個の問題をじっくりやることに多くの時間を使っています。

かといって計算ドリルを渡して、「はい、やってきてね!」も味気ないですよね。

なので、KECでは算数の授業以外に、別の時間(算、国のあと)でiPadを利用して計算特訓を行っています。

iPadを使って、オンラインで自分のランクと同程度のメンバーと得点を競い合います。

そして、
最後に校舎の順位が出るんですね。

これが盛り上がります!

 

冒頭の写真は、夏期講座中に実施されたカップ戦2日目の、布施本校の塾生の結果発表画面です。

3日間の合計で競うのですが、2日目終了時点では、かなりいい感じ!

明日頑張ったら“もらえるかな”」と塾生の皆もおおいに盛り上がっていました。

何がもらえるかはお楽しみですが!
*昨年の小学6年生は、全体で2位だったので、第2位用のトロフィーが来ました!

ちなみに3日目もかなりの好成績を残してくれていました!
また結果もお伝えしますね。

KEC近畿教育学院/近畿予備校
布施本校 06-6728-5588

復習、やってるね~

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_復習!

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校 楠葉(くずは)本校の松田です。

 

「お。自習室で残ってるやん。定期テストの勉強?」

「ちがいます。塾の授業の復習です。定期テストはまだ先なので….。」

そんな会話を高3としました。

 

面談で、とにかく今年の高3は時間がない。学習効果を上げていかないといけない。

まさに寸暇を惜しんで、勉強をやるしかない!

そのために、今日学習したことは、今日に復習して、今日中に習得する。と提案しました。

(写真の「エビングハウスの忘却曲線」の話もしました)

 

勉強してるやん!!

面談での話、さっそくやってくれているなんて、めちゃ素直やん^^

土日祝日は、午前10時からOPENして勉強をサポートします!がんばろうぜ、受験生!

 
《KEC夏期集中講座についてはコチラから》
KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_2020夏期集中講座

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_2020夏期集中講座

やるしかない

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_大逆転の夏

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校 楠葉(くずは)本校の松田です。

写真、見てください!1週間でこんなにも夏の目標が集まりました。まだ全員分ではないので、余裕ではみ出してしまうな~^^

 

さて、本日より「作戦会議」と銘打った面談を開始しています。

学年によって話す内容は異なりますが、学校の休校の影響が大きい高校3年生には、「学習効率・効果を高める」をメインにお話をしています。

 

具体的には….

1⃣入試の時に必要な得点率をもとに模試の目標を設定

2⃣立てた目標をもとに、①夏までに取り組むこと、②夏に取り組むことを具体的に明記

3⃣学習の軌道修正がすぐにできるよう、学習計画の際はすぐにうまくいっているかどうかが測れる指標を置く

こんな感じです。

 

面談で、この夏の取り組みについて話をしていると、塾生の目標が何だか自分の目標のように思えて、私も燃えてきました。

で、言った言葉が、「朝から塾を開けて勉強できるように全力サポートするから、一緒に頑張ろう!」

 

体育会系出身なもので、暑苦しかったらゴメンね。

でも目標を達成してほしい気持ちは本気ですヨ^^

 

 
《KECの夏期集中講座で大逆転》

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_夏期講座

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_夏期講座

ポイントは…

KEC_塾_予備校_楠葉本校_くずは_コツコツと

みなさん、こんにちは。KEC塾予備校 楠葉(くずは)本校の松田です。

この机の写真、そうです!私の使っている机の写真です。これ、何のために撮ったかといいますと、KECでやっているある面白い取り組みのためです。

 

それは何か….?

 

KECの全部門の先生が、なんと!毎週金曜日までに自分の使っている机の写真をWeb上にアップします。

 

もちろん、これは机が片付いていることで、モノを探す時間が短くなり、業務効率を上げるということが目的の取り組みなのですが、アップしている写真を見るとなんだかコンテストのようです^^

私は恥ずかしながら、片付けが苦手なのですが、不思議とこの取り組みをすると机を片付けますね(^_^;)

 

当たり前なんですけれど、片付けって「ためないこと」がポイントです。

 

その観点でいうと、昨年から高1の授業でやっている、ある取り組みと同じです。それは、塾生の学校の問題集の進捗状況のチェックです。

どういうことかというと、定期テスト直前まで数学の課題をため込まず、他の勉強をすることができるようにするため、今週に習った内容をすぐに学校の問題集で演習するということを推奨しています。

これに取り組むことによって、普段から数学の演習を行えるので、数学についても学習内容がよりしっかりと定着できる。というわけなんです。

 

まあ、ある意味、机の片付けと一緒かな(;’∀’)