秋の目標

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
涼しくなりましたね。
KECのクールビズも終わりました。

さて,夏期講習の時に実施した達成目標の掲示
秋も実施することになりました。
KEC高槻本校の中学生の皆さんに,秋の目標を書いてもらっています。

読書の秋,スポーツの秋,食欲の秋・・・
なにかと行事が多い秋ですが,みんな気を引き締めて頑張っています。
私はクールビズが終わったので,ネクタイを締めて頑張っています。

小中学生対象
秋の2週間無料体験キャンペーン実施中!

通常通り開校

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
台風で休講になった分の振替の調整で大わらわです。

さて,そんな高槻本校ですが,一部,変わりました。
どこが変わったでしょうか?
クイズです。

これが以前の高槻本校の4階の教室。
 ↓

 
 
そして,新しくなった高槻本校の4階の教室。
 ↓

ヒントは上の方・・・

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

正解は,「照明がLEDになった」です。
台風が来る前々日に,すべての照明がLEDに切り替わりました。
新しい照明のもと,今日から通常通り開校しています。

暴風警報

こんにちは。KEC高槻本校の数学理科担当の川渕です。
10月12日(土)10時現在,高槻市にも暴風警報が発表されています。
KECのルールで,授業の3時間前暴風警報が発表されている場合,その授業は休講になります。
また,暴風警報が発表されている時間内は,自習室も利用できません。
今後の気象情報にご注意ください。

センター試験(最後の!)まで100日!

皆さんこんにちは!
KEC茨木の神田です。今年も、いよいよ、カウントダウンの始まりです。

高3生、高卒生の皆さん、
最後の、センター試験まであと100日!

これまで頑張ってこれた人。後たった、100日です!
これからの100日、手を抜いてしまえば、今までの努力はすべては水の泡。
これまでの頑張りを結実させるべく、なお一層の精進を!

そして、これまで、頑張りきれていない人。
まだ、100日もある!
定期テスト前に、1週間で仕上げたことを思えば、3ヶ月余りもあるのだから、
まだまだできることは山ほどあるぞ!

「今日という日は、あなたの残りの人生の、最初の日」

毎年、この時期に、私が皆さんに贈っている言葉です。
私は、この言葉が好きです。

これまでの人生で、1つも後悔のない人など、めったにいない。
もっと、ああしておけばよかった、と思うことは、誰にだって山のようにある。
ならば。

「今日から」やり直そうよ!
「今日から」「たった今から」人生は変えられるのだ!

これまで頑張ってきた人も、
頑張りきれていなかった人も、

さあ、今日から、また新しい自分、
本当になりたい自分に向けての、
スタートだ!

高槻本校生の合格体験談≡龍谷大学政策学部≡

入塾をしたきっかけは、周りの友達がいろんな塾に入りだして私も塾を探しているときにKECを友達にすすめられて授業料もほかの塾より安いので入塾しました。

私が塾に入った頃、すでに仲のいい友達が何人かいたのですぐに慣れました。先生方もみんな親しみやすくて質問もしやすくとてもいい環境です。

授業は英文解釈、英文法、古典、日本史をとっていました。英語の授業は自分のレベルに合ったクラスを選べます。英文解釈で英文の読み方をいちから学べます。KECの英語の先生の授業は覚え方や例えなどわかりやすいように工夫していて、そして楽しい授業でした。古典では助動詞、助詞などを学校で習う程度覚えて授業を受けるととてもわかりやすく、また基礎などもいろいろな覚え方がありわかりやすかったです。日本史は先生が日本史を知り尽くしているのでいろんな話が聞けて、そのおかげでとても頭に残りやすく、先生がちらっと言ったようなことがたくさん受験に出てくるので気を抜かずまじめに受けるととても良い授業です。

どの先生もまだ分かっていない生徒をとても気にかけてくれるのがすごくよかったです。私が受験が終わった今思うのは、先生のこれは絶対やっとけって言っていた事をちゃんとすればやっぱり大丈夫なんだろうなと思います。

「寝る・風呂・飯以外は勉強」を完ペキにするのは難しいけど、これをやる人とやらない人の差はすごいです。あと受験のアドバイスでいうと、受験生の間は本当に勉強をする友達についていくといいです。自分たちのような生徒の面倒見てくれるのはKECの先生だけだと思います。英語の勉強はKECの先生に聞けば何でもわかりました。お世話になりました。

 

2019年春合格 高村宏二郎さん(高槻北高校卒)

高槻本校生の合格体験談≡立命館大学経営学部≡

KECを選んだきっかけは、同じサッカー部の友達と一緒に塾を探していて、色々な所に体験に行ったり、先輩の話を聞いたりして、1番自分に合っているなと思って決めました。

自分は春で勉強を理由に部活を引退する人もいる中、学校の先生や塾の先生、親と話をして、最後まで部活を続けることに決めました。最初は周りに最後まで残ったら行きたい大学には行けないと言われていたけど、KECのサポートのおかげで、部活をしながらでも他の人の点数を離されることもそんなになかったし、最後には第1志望にも合格することができました。

KECでは普通の授業だけではなく、秋・冬に過去問を解く授業があって、そこでまわりの友人の点数とかを聞いて、悔しがったり、うれしい思いをしたりしながら、切磋琢磨しながら、だんだん合格点まで上がっていきました。

部活を引退する時期が遅いと他の人より不利になるかもしれないけれど、その分達成感も大きいと思うのであせらずにがんばって下さい。

 

2019年春合格 福山龍真さん(高槻北高校卒)

高槻本校生の合格体験談≡京都教育大学教育学部≡

私は、中学3年生の6月に友達に誘われてKECの体験授業を受けました。体験授業を1週間くらい受け、私が感じたことは、とても雰囲気がよいということでした。生徒と先生の距離が近く、先生への質問がしやすい雰囲気でした。そして私はここなら頑張れると思い入塾しました。

今振り返ってみるとKECの良かったところはたくさんあります。

まずはやはり先生に質問しやすい雰囲気です。わからないところをそのままにするということがなくなりました。あと、受験が近づくにつれて、どのように勉強していったらよいのかわからず、不安になっていた自分に、先生は今すべきこと、勉強の仕方のヒントを教えてくれました。これは本当に心強かったです。このおかげで、早い時期に自分なりの勉強方法を確立させることができたと思います。

そして、映像ではなく、対人での授業であるからこそ、良かったと思う点が2つあります。1つ目は先生が授業の途中に授業以外のおもしろい話をしてくださる点です。これがあるおかげで最後まで授業に集中することができます。2つ目は自分と周りを比べることができる点です。10人くらいの人と一緒に授業を受けるので、自分が今どれくらいできているのかが分かりやすいです。

私はKECを選んで良かったと思っています。大学受験を終えた今、私が感じていることは、継続することの大切さです。大学受験を通してその大切さをすごく実感しました。最後まで継続できた科目は良い結果が出たし、継続できなかった科目は良い結果が出ませんでした。全く結果が出なくて苦しい時期があると思いますが、諦めず、焦らず、コツコツ積み上げることを止めなければ良い結果が出るはずです。信じて頑張ってください。

 

2019年春合格 中田涼輔さん(槻ノ木高校卒)

1.1倍

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
KECでは,10月2日(水)~6日(日)の期間,通常授業をお休みしています。
働き方改革のため,職員が交代で有給休暇を取る期間になっています。
保護者の方に「有休を取らないと国から怒られるので,休まないといけないんです・・・」というと,結構ウケるので良かったです。

そして,10月からは消費税が10%・・・
これはあまり嬉しくないのですが,仕方ありません。
嬉しくはないですが,個人的には,実は,税率10%の計算は嫌いではありません。
むしろ,ちょっと楽しいくらいです。

というのも,10%を計算するには,数を1桁小さくするだけで済みます。
かけ算をしなくて済むので楽ちんです。
例えば,23,000円の10%は2,300円。
消費税を上乗せした金額は,23,000円+2,300円=25,300円と簡単に求まります。

消費税が3%だった頃,工学部の情報系の授業で「計算機では,掛け算は足し算よりも計算のコストがかかるので避けた方が・・・」という話を聞いた覚えがあります。
「へー。人間と一緒やん」と思った私は,確かに掛け算をめんどくさく思いがちです。
その点,桁をずらすだけで済む掛け算は,楽で嬉しいです。

2進法の世界では0.5倍や2倍,4倍などが簡単ですが,日常生活では0.1倍や10倍,100倍などが楽に計算できます。
そこで,1.1倍の計算の楽しさを授業で生徒に伝えてみたのですが・・・
この楽しさを伝えるには,説明の仕方改革が必要なようです。

10月7日(月)より本科授業再開
2週間無料体験予約受付中!

秋分の日

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
9月23日は,中3の合宿の最終日で,さらに,秋分の日。
秋分といえば,昼と夜の長さが同じ・・・

と思いきや,実は,そうではないそうです。
昼の方が長いとのこと。
時間にして,だいたい14分くらいの差があるそうです。
これにはいろいろ理由があるそうですが,主に,次の2つが大きな要因です。

(1) 日の出と日の入りの定義
日の出も日の入も「太陽の上辺が地平線と一致する瞬間」として定義されているそうです。
絵にしたらこんな感じです。

そのため,1日の太陽の動きを見ると,太陽1個分,昼の方が長くなってしまいます。
透明半球を利用してかいたらこんな感じです。

(2) 地球の大気による光の屈折
中1の理科で習う光の屈折。
その際,よく紹介される実験で,「容器の中に物を入れ,後から水を入れると,見えなかった物が浮かび上がって見えるようになる」というのがあります。

この実験での水の役割を,大気がしています。
そのため,地平線近くでは実際よりも太陽が浮かび上がって見えるそうです。
(図中の棒人間の方が浮き上がっていますが・・・)
本来見えないはずの太陽が浮き上がって見える分,昼の長さが長くなるそうです。

ということで,季節は秋。
勉強の秋です。
志望校目指して,秋の夜長は勉強を頑張りましょう!

※本当に夜の方が長くなるのは,9月27日以降です。

小中学生対象
2週間無料体験キャンペーン実施中!