改めて確認

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
ブログ4日連続更新の2日目です。

今さらですが,ゴールデンウィーク休暇中,比叡山に行きました。
比叡山といえば,教科書にも載っている延暦寺。
その中でも有名な根本中堂を観に行ったら,なんと,現在,修復工事中。
「まあ,工事中というのも,ある意味,珍しいから写真に撮っておこう!」と,気を取り直して撮影です。

延暦寺には,根本中堂の他にもいろんなスポットがあります。
特に,塾・予備校講師として外せないのが文殊楼。
建物の中には,ことわざ「三人寄れば文殊の知恵」で有名な文殊菩薩がまつられています。
合格祈願でも人気のスポットだそうで,たくさんの絵馬が掛けられていました。
生徒が賢くなることを常に願っている私も,妻と一緒に参拝しました。

参拝に際しては,真言(マントラ)を唱えます。
般若心経の「ぎゃあてい ぎゃあてい はらぎゃあてい」的なものです。
文殊菩薩の傍らに書いてあった真言を必死に覚えて,無事,参拝を終了しました。
そして,今,ブログで参拝のようすを再現するため,真言を思い出そうとしたら・・・
なんと,まったく思い出せません!
1か月前は確かにまじめにお願いしたのですが,もう,忘れてしまいました。
「その時覚えたつもりになっても,復習しないと忘れてしまう」ということを改めて確認させてくれたのは,きっと,文殊菩薩の功徳に違いありません。

【お知らせ】
KECで行う年3回の実力テストの「能力診断テスト」。
高槻本校は,6月9日(土),10日(日)実施します。
今後の学習の指針を立てるのに最適なテストです。
小4から高3まで,一般の方も受験可能です。
詳しくは,KEC高槻本校までお問い合わせください(℡072-681-2233)。

本科授業再開【高槻本校】

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

大型連休も最終日を迎えました。
連休最後の日曜日ですが,島本一中の生徒はテスト前なのでテスト勉強に来ていました。
「せっかくのゴールデンウィークなのに,テスト前って・・・」と愚痴る生徒を横目に,私たち事務局側の人間も大忙しです。
夏に向けて,ポスターを貼り替えたり,エアコンの掃除をしたり,いろいろ準備をするのですが,特に,この時期,定番の作業があります。
それは,合格掲示の張替。
今春,合格した生徒の氏名を,こんな感じで掲示していきます。


左に張り・・・


右に張る・・・

夏に向けて模様替えをした高槻本校。
いよいよ,5月7日(月)から本科授業再開です。

春の嵐

こんにちは。茨木本校2230です。
春期集中講座,開幕しました。
新学年を迎え,不安な顔ありワクワク顔あり。
勉強の取り組み方をお伝えしますので,
少しずつ自分でもできるように練習しましょう。

春は大きな募集時期です。
「新学年から受講を始めたいのですが,,,」
といったお問い合わせ多数,特に高卒は今が旬。
2230も,授業・プレゼミ・アポで予定が埋まっています。
 
前年の受講生の成果を紹介したり,
スタッフの充実ぶりを自慢したり。
もうしばらくは春の嵐は止みそうにありません。

準備中

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

高槻本校の自習室,現在,移転作業をしています。
今日(3月1日)に机が搬入されました。
そして,今は新しい椅子の組み立てに励んでいます。


※写真右手に見える段ボールの山が,新しい椅子たちです。

新しい自習室の完成まで,あとわずかです。

春期集中講座(新小4~高3)
受講生募集中!
https://www.prep.kec.ne.jp/spring/

変化

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

いよいよ大学受験も大詰めを迎え,国公立2次や私立の後期入試を残すのみとなりました。
今年は,特に産近甲龍の文系の入試が大変で,一例をあげると,龍谷大学の一般入試A日程の合格最低点が,学科によっては80%に達するとのこと。
昨年よりも,合格最低点が5%前後上昇しているようです。
そのせいか,高槻本校でも,龍谷全落ちで関大や立命に受かる生徒が出ています。

難化については「現役志向が強く,1人でたくさんの大学を受験するので競争率が上がる」とか「大学の定員厳格化で,大学側が合格者を絞っている」といった,様々な要因があるとのこと。
学生の気質や入試制度の変化に伴って,今まで通りにはいかないことが起きてきます。
ミルク先生と「時代の変化に合わせて,受験の戦略を考え直さないと・・・」と語り合うこともしばしばです。

時代の変化に合わせて変えるのは,受験の戦略だけではありません。
実は,KEC高槻本校,自習室をリニューアル予定です。
生徒の皆さんが学習しやすいよう,移転の上,自習室のレイアウトを変更します。
国公立前期試験が終わる2月末から,移転作業に入ります。
しばらくは生徒の皆さんにご迷惑をおかけしますが,変化する高槻本校に,ご期待ください。

寒いですね

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

ここ数日,本当に寒いですね!
高槻本校の周りでも,今日は雪がちらついていました。
日陰には,うっすら雪がたまっていたようで・・・

なんと,生徒が雪だるまを作ってしまいました!

勘が・・・

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。
冬期集中講座や中3日曜受験対策の準備に終われているうちに,ブログの更新が滞っていました。
気が付けば,今日は12月22日。
センター試験まで,あと22日です。
私の高3の授業でも,センター試験対策を取り上げることになります。

理系の場合,センター対策も必要ですが,数IIIへの対策も忘れてはいけません。
センターの数学はIAIIBまでなので,数IIIの対策はできません。
計算量が多いし,覚えることも結構ある数III。
毎日,ある程度“浸って”いないと勘が鈍ってしまいます。
そこで,私の授業でも「数III,覚えていますか?」プリントを用意して,センターだけに偏らないように対策しています。
やってみると,初歩的な計算間違いをやらかす生徒もいて,意外と授業が盛り上がり(?)ました。

勘が必要なのは,数IIIに限った話ではありません。
どの教科でも,毎日,コツコツ勉強しないと勘が鈍ります。
勉強だけでなく,仕事でも同じです。
今回,久しぶりにブログを書いたのですが,いつもより,余計に時間がかかっています。

冬期集中講座(高3~小4)
受講生募集中!

自然と話題に

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

11月の能力診断テストが終わって,保護者面談の期間も,終盤に差し掛かってきました。
面談の際,自然と話題に出てくるのが「大学入試改革」。
今日(12/5)の朝刊に,新共通テストのプレテストが載っていました。
物理の問題でブランコが出てきたり,数学の問題で薬の血中濃度を漸化式で表したり,今までのセンター試験とは趣が違うようです。
「答が複数あるのは難しい・・・」と,プレテストを受けた高3生が言っていました。

先日,KECでも説明会を行ったところですが,大学入試改革に関心を持つ保護者の方は増えています。
そもそも,なぜ改革するのか,現状の日本の教育では国際競争に勝てない・・・
ということのようです。
「能力の高い人材を育てていけない・・・」
というのは大学も思っているようで,例えば,最近の大学の傾向として,こんな話を聞きました。

私が大学生の頃は,今よりもぬるい(?)時代でした。
出席するだけでとりあえず単位が取れる,という講義が結構あったものです。
テストに「出席点」が加算されることがありました。

ところが,今は,そうでもないとのこと。
「数年前,大学から『出席点を与えてはならない』というお達しがあった」という話を,大学で非常勤講師をする身内から聞きました。
大学でも「きちんと勉強した学生にしか単位を与えてはならない」という方針になっているようです。

学生にきちんと勉強をさせるからには,講師の方もいろいろ準備が必要で「休講したら必ず振替」「非常勤であっても生徒の質問に対応する時間を設け告知せよ」など,指示があるそうです。
「ここ数年で,大学からいろいろ言われるようになって・・・」とは,身内の話。
大学入試制度改革は2020年からですが,すでに,変化は起き始めています。
いよいよ,大変革の時代を迎えます!
そんな話題が家で自然と出てくる,大学の非常勤講師兼KECの講師である妻を持つ川渕なのでした。

冬期集中講座(小学生・中学生・高校生)
受講生募集中!

並べてみると

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

更新をご無沙汰しているうちに,11月12日になりました。
今日は,五ツ木の模擬テスト会の日ですが・・・
大阪,京都の「私立高校入試90日前」,また,「大阪府公立一般入試まで120日前」の日でもあります。
ということで,今日は,朝から中3の進路面談が続いています。

昔の高槻では,地元集中(みんなで地元の公立高校に行こう)運動が盛んでしたが,現在は,そんな雰囲気はないようです。
学力が高い生徒は,上位の高校を目指します。
やはり,進学実績が違うからでしょうか。

高槻やその近隣の公立高校の進学実績です。
並べてみると,同じ公立高校でも,これくらい差があります。
昔は,これを許せない人がいて地元集中が行われていましたが,今では,差があるのが当たり前になっています。
確かに,学力に応じた学校に通う方が,生徒にとっても有益です。
高校によって,学習の進度が全然違います。
できる生徒は,どんどん先に進んだ方が良いに違いありません。
特に,私は高校の数学も担当しているので,一部の進学校の進度がますます早くなっていることを実感しています。

こういう話を小中学生にできるのがKECの小中高一貫教育の強みです。
私も,さまざまな学年の授業を担当しています。
小中学生に高校生から聞いた情報を伝えることも良くあります。

いろんな学年を担当するのは,大変なのですが,変化があって楽しいです。
ポリシーとしては,極力,どの学年も平等に力を注いでいます。
ということで,先週,授業で使用した小テストを並べてみると・・・
まったく同じフォーマットで作成していることが判明したのでした。

小4,小5,小6,中1,中2対象
“楽しい”2週間無料体験,実施中!

選挙

こんにちは。KEC高槻本校の数学・理科担当の川渕です。

いよいよ迫ってきた衆議院選挙。
高槻本校は駅近にあるため,各候補の支援者をよく見かけます。
選挙権が18歳からになったせいか,高3生たちも,よくビラを貰ってきています。
前回の参議院選から年齢が引き下げられましたが,高校生の会話の中に選挙の話題が出てくることに,いまだ,よく馴染めないでいる今日この頃です。

特に,私は,高槻本校に赴任して6年目。
赴任した時に入学してきた中1生が,今年,選挙権に行きます。
「あんなに幼かった生徒たちが,もう,選挙に行くのか・・・」と,感慨深いものがあります。

そんなこんなで,生徒が貰ってきたビラを目にする機会が増えています。
10月22日は選挙の日ですが,全統マーク模試実施日でもあります。
マーク模試は朝から夜まで時間を取られるので,管理者の私は,当日,選挙に行くことができません。
そこで,期日前投票をしようと思うのですが,高槻・島本の候補者ばかりに詳しくなって,自分の地元の候補者のことを,いまだ,よく知らないでいる今日この頃です。