それぞれのセンター後’18

こんにちは。茨木本校2230です。
センター試験受験者の皆さん,お疲れ様でした。
ぐっと冷え込んだ両日,いつもどおりにいけましたか。
 

今後は,
自己採点集計▶リサーチ作業▶出願相談▶2次試験対策
と進みますね。
半月後に迫る私大入試も大切です。

理系生は数Ⅲを再起動です。
お互いにご無沙汰の数Ⅲ,今週から復活します。
次に向けて共に踏ん張りましょう。

今回の結果がどうあれ,事実を冷静に受け止めつつ,
次に向けて淡々と準備するのです。

フィギュアの宮原知子さん,五輪への準備を聞かれて
「いつもどおり,やるべき練習をやりやい。」

皆さんも同じです。
今日まで培ってきた辛抱強さと真面目さで
いつもどおりやっていこうではありませんか。
KEC全スタッフが応援しています。
 

「算数 塾」×「新中1スタートダッシュ講座」

いつも公式ブログをご覧戴きありがとうございます!
2/8(木)より中学準備講座「新中1スタートダッシュ講座」が開講します。
今回は、「新中1スタートダッシュ講座」特別連載(全10回) 第7回目です。
皆様からのお問合せ、お待ちしております!
第一回「本日より先行予約開始!新中1スタートダッシュ講座
第二回「高校受験」×「新中1スタートダッシュ講座」
第三回「小学生」×「新中1スタートダッシュ講座」
第四回「中学生」×「新中1スタートダッシュ講座」
第五回part2「高校受験」×「新中1スタートダッシュ講座」
第六回「中学準備」×「新中1スタートダッシュ講座」

「算数 塾」×「新中1スタートダッシュ講座」

算数が不得意みたいです

算数を不得意に感じている生徒の大半は、小学5年生で学習する「単位量あたりの大きさ」や「割合」から躓いています。これらの単元は、将来の理系離れに大きく影響しますので、今のうちにしっかり復習をされることをおススメします。
また、計算力が低いと算数が不得意と感じてしまいますので、「小数・分数の計算」「計算の順序」「計算のくふう」ができているかを確認されると良いと思います。

何か出来るようになるコツはありますか?

まずは、間違い直しをきっちりとすることが得策です。間違った問題をノートに再度解き直すことで、「学習内容の理解度」の確認を行えます。また、計算間違いなど、自身のミスにも気づきますので、テストの際に「見直し」ができるようになります。
KECではこのような間違い直しの習慣を、小学生のうちから癖づけるよう指導を行っています。

塾では算数をどうやって学んでいきますか?

学校の内容より少し難度の高い、応用レベルの内容を扱い、考える習慣を育てています。そのため、まず大きな変化としては、学校で学習する内容が極端に簡単に感じだします。またKECではノートの使い方にこだわっていますので、子どもたちは、途中式がかけるようになったり、図形を正確にかけるようになったりします。宿題はノートに行い、答え合わせや間違い直しまで自身で行うので、学習するのに最も大切な、「修正能力」も鍛えられます。

算数が出来るようになった成功事例

KECの授業では、算数の学習における「基礎力」を身につけていきます。この「基礎力」とは、「問題文をきっちり読む」「途中式をかく」「図形をかく」「答え合わせ・間違い直しをする」などです。
また、「割合」などは「線分図」をかき、感覚に落としこんでいく指導を行っています。その結果、多くの中学生が算数の影響で数学や理科が苦手になる中、KECできちっと算数を学んだ生徒は、数学や理科の勉強に特に苦手意識を持たず取り組むことができています。

KEC近畿教育学院では
説明会も随時、開催しております。お気軽にお問合せください!
*****************************
新中1スタートダッシュ講座 2/8(木)開講
↓↓↓詳しくは、こちらをクリック↓↓↓

*****************************

試験当日,することしないこと

こんにちは。茨木本校2230です。
センター試験,前日です。
もう,なるようにしかなりません。

少なくとも精神面でこけないために,
先輩受験生からのアドバイスです。

■英字などのプリントシャツはNG
 自分や周りにカンニング疑惑が。
 「ちょっとキミ,それ脱いで」なんてことになって,
 代わりにコートを羽織らざるを得なかった先輩も。
 

■休憩時間での答え合わせはNG
 間違いが気になって次の試験に集中できなくなるかも。

■つまらない冗談はNG
 冗談で言った「オレ,カンニングするわ」が試験監督に聞こえたか,
 試験中ずっと試験監督の視線を感じずに入られなかった先輩も。
 ギャグを言うなら鉄板ネタ限定とし,スベらないようご注意を。

■薄手の重ね着で体温調節
 試験会場は指定席のため,座る場所は選べません。
 寒かったり暑かったり,は衣服で調整を。
 もちろん,無地限定です。

■早めの到着でトイレを済ませる
 不慣れな受験生が多いためか,電車やバスは遅れます。
 ダイヤ検索では,もう1本前ので行きましょう。
 会場についたら,手洗い場を確認しましょう。
 用を足しておくことと,緊急ピットインに備えます。
 

■お守りは使い込んだノート
 何度も見直してボロボロなものが最良。
 休憩時間にパラパラやると落ち着けます。
 また,そのノートを見た周りの人は
 「アイツむっちゃ勉強してきてるやん」って焦るのです。
 お世話になった先生のサインを貰っておけばご利益UPかも。
 

■現役生は制服
 浪人生にとって制服組はプレッシャーかも。
 「いつもどおり」を演出するアイテムとしても制服は有効です。

これを読んで「ふふふ」「なんやそれ」と
リラックスしてくれれば本望です。
では,明日。いつもどおりに。

試験直前,することしないこと

こんにちは。茨木本校2230です。
いよいよ迫ってきました,センター試験。
今週は今夜辺りから冷え込んでくるとのこと,
来る週末は例年どおり荒れるかもしれません。

さて,センター試験3日前となり,
初めての高3受験生はドキドキであり,
先輩受験生は余裕と思しきながらも実は焦っていたり。
 

自分がこれまでやってきたことがどう成果に現れるのかは
不安ではありますが,
これまでやってきたことに自信を持って胸を張って臨んで欲しいです。

さてここで,試験前アドバイス。
「年が明けたし新しい問題集を」とか,
「苦手科目の伸びしろが大きいから詰め込み中」は,
今は決してやらないでください。
どんどん不安になるばかりです。
むしろ,
今自分の時間で取り組んで欲しいこと,それは
あらゆる「見直し」「やり直し」です。
真新しいことには手を出さないことです。
かつて扱ったネタ,当時はできなかった問題,
それが今はできるようになっている,マシになっている。
「たしかに俺,進歩したよな」と実感できます。
これが自信になります。明るくなれます。

直前期は気分を前向きに。
KECで学んだことに自信を持って臨みましょう。

本日(1/9)、新聞折込しています!

KEC 春チラシ 第1弾

皆さん、こんにちは。

いよいよ今週末、大学入試センター試験です。
今年は、1月13日とかなり早い日程になっています。
今週、かなり冷え込むようですので、受験生の皆さんは、
体調管理にしっかりと努めていただきたく思います。

話は全く変わりますが、
2018年の新規生の募集が始まっています。

今日(1/9)は、新聞にKEC近畿予備校・KEC近畿教育学院の折り込みチラシが入っています。

KEC 春チラシ 第1弾

本日の朝刊をご確認いただければと思います。

http://www.prep.kec.ne.jp

にも各講座、詳しく掲載しておりますので、
KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院の公式サイトもぜひご覧ください。

本日のチラシには、

【全学年】受験本科通年コース 2月生募集
【現高3】国公立2次対策講座
【現高2】センター実感中継講座
【現高2】Reスタート講座
【現小6】新中1スタートダッシュ講座
【現小6】新入試制度がわかる塾説明会(保護者対象)

などについて記載しています。

【現高2】Reスタート講座 と 【現小6】新中1スタートダッシュ講座 に関しては特設サイトを設けております。そちらでより詳しい内容をご確認いただけます。

【現高2】Reスタート講座(下の画像をクリック)

KEC近畿予備校 Reスタート講座(リスタート講座)

【現小6】新中1スタートダッシュ講座(下の画像をクリック)

KEC近畿教育学院 新中1スタートダッシュ講座

 

1月31日(水)までのお申込みの方は、受験本科入学金(15,000円)が免除となります。

勉強、受験にフライング違反はありません!
一歩でも早く、KEC近畿予備校・KEC近畿教育学院でスタートを切っていただければと思います。

 

受験本科は明日から

こんにちは。茨木本校2230です。
当校での冬期講座は本日最終日。
明日から受験本科コースに戻ります。
 
人員手配を危惧しましたが,ご安心を。
========
=毎朝10時開校=
========
で皆さんをお待ちしております。

冬期講座アンケート,高2生のお答え。
「復習になってよかった」(Oさん)
「テスト形式で解く経験は本番の参考に」(Sさん)
―――自然と受験準備態勢に入って来てますね。

新年度への抱負。
「継続的に勉強」(Fくん)
「具体的な目標を何個か作り,達成へ」(Tさん)
―――おお,期待していますよ。

「夢への努力は今しかない」
これは正月番組での宝塚女優さんの言葉。
受験生も,準備学年生も。
新たな年に,気持ち新たに。
輝いてまいりましょう。

「中学準備」×「新中1スタートダッシュ講座」

いつも公式ブログをご覧戴きありがとうございます!
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

2/8(木)より中学準備講座「新中1スタートダッシュ講座」が開講します。
今回は、「新中1スタートダッシュ講座」特別連載(全10回) 第6回目です。
皆様からのお問合せ、お待ちしております!
第一回「本日より先行予約開始!新中1スタートダッシュ講座
第二回「高校受験」×「新中1スタートダッシュ講座」
第三回「小学生」×「新中1スタートダッシュ講座」
第四回「中学生」×「新中1スタートダッシュ講座」
第五回part2「高校受験」×「新中1スタートダッシュ講座」

「中学準備」×「新中1スタートダッシュ講座」

中学生までに準備しておくことは?(勉強面)

学習習慣を身につけておくと、多忙な中学生活の中で「勉強が分からないから、やらない」⇒「さらに分からなくなる」という悪循環に陥ることがありません。この悪循環に陥り、テストなどの結果に現れてから大慌てをされる方が少なくはありません。大切なことは学習習慣をいかに、早期に身につけることができるかです。
また、科目でいうと、特に数学は積み上げ型の科目であるため、小学校で学習した内容が理解不十分であった場合、中学1年生の数学に大きく影響を与えます。数学が「苦手」「嫌い」の一要因になりかねませんので、算数の復習を行い、積み上げ学習のための土台をしっかりと固めておいた方が良いと思います。

中学生になって変わること

最近は、週5、6日は習い事!と忙しく過ごしている小学生も少なくはないようですが、中学生になると、以下のことで、小学生の時よりも忙しくなります。

  • 難度の高くなる学習内容
  • 授業時間の増加
  • 定期テスト
  • クラブ活動
  • 習い事・通塾

中学生になると、これらを確実にこなしていく必要があります。また、通知表とは別に、内申点がつくので、学校の授業態度や提出物、活動が進路に直結してしまう可能性が高くなります。

中学生までに準備をしておいて良かった事例

学力の基盤は何といっても「国語力」です。特に「語彙力」は「理解力」に大きく影響を与えます。そのため、まずは読書を行うことをおススメします。読書を行うと「集中力」も同時に鍛えることができます。
また、中学校生活が始まったばかりの時はクラブ活動など、大きく変わった環境に対応することで精一杯になり、ついつい勉強が後回しになってしまいます。KECの新中1スタートダッシュ講座では、中学校入学後の4・5月に学習する「英語」「数学」の内容を先取り学習します。そのため、勉強面に余裕ができるので、中学校入学後の環境の変化にも対応しやすくなります。

KEC近畿教育学院では
説明会も随時、開催しております。お気軽にお問合せください!
*****************************
新中1スタートダッシュ講座 2/8(木)開講
12月より先行予約スタート!
↓↓↓詳しくは、こちらをクリック↓↓↓

*****************************

冬期講座後半戦

こんにちは。茨木本校2230です。
本日1/4より,冬期講座後半戦です。
 

直前期に相応しい効果的な学習ってありますよね。
「なぜ誤りなのかをとことん解説してもらえた」(高3Iさん)
「作業の工夫を再確認できた」(高卒Aさん)
これらは,孤独な過去問演習では体験できないことです。

持てる力を無理なく無駄なく発揮してもらえるように,
KECの指導は続きます。

あけましたおめでたい’18

新年あけましておめでとうございます。
茨木本校2230です。
 
昨年は,将棋界での藤井くんや羽生さんの躍進,
スポーツ界での浅田真央やF.マッサの引退と,
いろいろあった2017年でした。
さて,2018年は?

調べてみますと,,,
月末に皆既月食。
夏の高校野球は100回目。
明石海峡大橋開通20周年。
瀬戸大橋開通&青函トンネル開業30周年。
関門トンネル開業60周年。
第1次世界大戦終結&ハンガリー独立100周年。
1918年米騒動から100年,明治維新150周年。

受験生にとっては,
=============
=夢へ前進,合格記念の年=
=============
としたいものですね。
 
センター試験まで2週間を切りました。
ミスを封じて,持てる力を出せますように。
喜びの報告を待っていますよ。
それまで「おめでとう」はオアズケです。

第10回 KEC大晦日元旦受験合宿 始まりました!

KEC大晦日元旦受験合宿2017-2018の様子

皆さん、こんにちは。KECの木村です。

今年も、12月31日になり、恒例行事となった
「KEC大晦日元旦受験合宿」がスタートしました。

KEC大晦日元旦受験合宿2017-2018の様子

今年も、150名近くの生徒たちが参加してくれています。

タイトルにもあるように、
大晦日元旦受験合宿をするようになってから10年が経ち、
今年が第10回目。

第1回の大晦日元旦受験合宿は、
高校3年生のこんな一言から始まりました。
「大晦日と元日、おとんと、おかんが帰省するから、
ホテルに泊まるねん!」

最初は、「は?」と思いましたが、
よくよく聞くと、
「KECが12月31日と1月1日、閉まる。
家では、色んな誘惑に負けてしまう。
家におかんがいないので、
食事の準備をしなければならない。
だから、ホテルに泊まる。」
ということでした。

他の生徒に話を聞くと、
ホテルに泊まるとまではいかなくても、
同じように家族が帰省して、
家に誰もいない状況になったり、
逆に、家族が大晦日・お正月モードで賑やか過ぎる…
など、同じような問題を抱えている生徒たちがいました。

それらの問題を解決するだけなら、
教室をオープンすれば、良いだけなのですが、
1つの教室だけオープンすると不平等になる…
かと言って、大晦日と元日に全校をオープンすると、
多くのスタッフが年末年始の休みを返上しなければならない…
と、いろいろ考えていたときに、
「そうだ!合宿をしよう!!!」
と始めたのが第1回目でした。

また、
「折角、来てくれるのだから、来て良かったと思える合宿にしよう!」
ということで、
大晦日をセンター試験1日目、
元日をセンター試験2日目に見立て、
大学入試センター試験と同時間・同時刻で、
センター試験の模擬テストをすることにしました。

第1回目は、急遽の募集でしたが、
様々な教室から50名程が参加してくれました。

運営を手伝ってくれている大学生・院生アシスタントは、
皆、生徒として合宿に参加したメンバーです。

第10回目の参加者たちも、
大学生・院生アシスタントの彼らのように、
大晦日・元日も気を緩めずに頑張って、
志望校合格を勝ち取って欲しいです。

受験生の皆、受験まであともう少し、頑張れ!
心の底から応援しています!